Google AdSenseとは、Googleが提供しているクリック保証型のインターネット広告配信サービスです。「検索向けAdSense」や「フィード向けAdSense」などがありますが、代表的なものは「コンテンツ向けAdSense」です。日本では2003年12月に一般向けの募集が開始されました。

Google AdSenseの仕組みと種類

Google AdSense

コンテンツ向けAdSenseの場合、自分のホームページブログGoogle AdSenseの広告コードを貼り付けると、記事の内容にマッチした広告が自動的に配信されます。たとえば、自分がサッカー関連のホームページを運営しているのであれば、自動的にサッカーに関連したホームページが表示されるということです。

他には、ホームページ内に検索ボックスを設置し、それが利用されることで報酬を受け取ることができる検索向けAdSenseや、RSS フィードに広告を表示して報酬を得られるフィード向けAdSenseがあります。(ただし現在、フィード向けAdSenseのサービスは終了しています)

Google AdSenseをスタートするのに必要なものは?

Google AdSenseを開始するためには、
・独自ドメインのサイトや有料のブログ
・銀行口座
が必要になります。

Googleによるホームページの審査

18歳以上でホームページを所有していれば、簡単に使用申請することができます。18歳未満の場合は、保護者のGoogleアカウントを使って申し込むことができます。事前に保護者の許可を得るようにしましょう。

ただし、サービスを利用するためには、Googleの審査を通過する必要があります。アダルト関連のホームページや、暴力的なホームページ、極端にコンテンツの少ないホームページなどの場合は、審査に通らないことがあります。

会話例

「3日前からGoogle AdSense広告を実施して、昨日やっと初収益が出たよ」
Google AdSenseの審査に落ちてしまった」