Instagramは、ただ写真や動画を投稿するだけではなく、購買などの行動を後押しするマーケティングツールのひとつとなっています。
多くのフォロワーを抱える「インスタグラマー」も登場しており、Instagramで人気になった一般のユーザーがオリジナルブランドを立ち上げることも珍しくなくなりました。

これほど大きな影響力のあるInstagramだからこそ、広告の透明性を保つためにもPRとそうでない投稿は明確に区別する必要があります。
そこで登場したのが「ブランドコンテンツタグ付け機能」です。

今回は、Instagramでマーケティングを行い、特にインスタグラマーに広告投稿を依頼することを検討している企業の方であれば必ず知っておきたい「ブランドコンテンツタグ付け機能」について紹介します。

ブランドコンテンツのタグ付け機能とは

ブランドコンテンツタグ付け機能とは、インスタグラマー(クリエイター)と提携企業の関係性を示すタグのことです。
このタグによりInstagramを見ているユーザーは、その投稿が広告なのかそうではないのかを区別しやすくなりました。

Instagramはブランドコンテンツを「クリエイターやパブリッシャーがビジネスパートナーの価値を広めるべく、その商品やブランドなどを直接的、間接的に取り上げたコンテンツ(ビジネスパートナーがクリエイターやパブリッシャーに対価を支払っている場合など)」と定義しています。

インスタグラマーが「この商品がおすすめ」「このお店に行った」などを投稿すると、彼らのファンも該当の商品を購入したりお店に訪れたりと、何らかの経済効果が生まれます。
これまでは特に制限がかったため、ユーザーはインスタグラマーが企業などから依頼され報酬を受け取って投稿しているのか、純粋におすすめとして投稿しているのかを区別できませんでした。

この機能が追加されたことで、今後金銭のやり取りが発生したPR投稿には、ブランドコンテンツタグを付ける必要があります。
なお、この機能は提携先の企業から認証を受けたクリエイターが利用可能です。

参考:
Instagramでのブランドコンテンツとは | Instagramヘルプセンター
ブランドコンテンツポリシー | facebook

ブランドコンテンツのタグ付け関連機能

ブランドコンテンツタグ付けの関連機能として以下の3つの機能も追加されています。

1.PR投稿のリーチとエンゲージメントの確認

PR投稿を依頼した企業は、自社のFacebookページで提携したインスタグラマーの通常投稿やストーリーズ投稿を確認できます。
それぞれのリーチとエンゲージメントの数値から投稿の効果を確認すれば、今後も依頼を続けるのか、投稿内容は適切であったかなどの改善に繋がります。

2.Facebookページインサイトへの通知

提携したインスタグラマーが広告投稿をすると、自社のFacebookページへ通知されます。
Facebookページから投稿に対するリアルタイムの反響を確認できますので、広告投稿を依頼する際は定期的にインサイトをチェックしましょう。

3.企業側からのタグ付け解除

タグ付けの解除はインスタグラマー側・企業側の双方でできる操作です。
例えば、ミスで無関係の投稿にタグ付けされてしまった場合に、どちら側でも解除の対応ができます。

なぜブランドコンテンツのタグ付けが実装されたのか

ブランドコンテンツタグ付け機能が搭載された理由は、広告の透明性を担保するためです。
広告において「それが広告であると認識すること」は重要です。
あえて広告だと気づかれにくい形で広告を配信することを「ステルスマーケティング(ステマ)」と呼び、ステマを行うとユーザーの信頼を大きく失います。

特に日本では、他国に比べてステルスマーケティングに対する規制が弱く、ガイドライン等の法規制が整備されていません。

参考:
ステマの定義と日米の法規制|ECのミカタ

近年ではInstagramにて数万人のフォロワーを抱えていた人気アカウントが、実はある企業の社員がプロモーションのために運営していたという事例も発生しました。
この事例では、プロモーションアカウントであることは伏せてあくまで一般ユーザーとしてある商品をおすすめとして紹介していました。そのため、このことを知らずにアカウントをフォローして商品を実際に購入、または購入を検討していたユーザーを中心に大バッシングを受けました。

広告とそうでない投稿の区別をつけることが難しくなると、ユーザーはインスタグラマーの投稿に不信感を持つようになります。すると、インスタグラマーの信用が低下していきます。
インスタグラマーの信用の低下は、同時に提携している企業の信用低下にもつながります。これは両者にとってデメリットです。

広告の透明性を高め、企業・インスタグラマーともに信用性のあるプロモーションを実施するためにも、ブランドコンテンツタグの利用は欠かせません。

ブランドコンテンツのタグ付けで得られる3つの効果

1.クリエイターと企業の関係性が明確になる

ブランドコンテンツタグを付けると、該当の投稿が広告として正式に依頼を受けたものであるということが明確になります。
企業もインスタグラマーも、ステマではないことを提示できるため、信頼を失わないためにも重要な要素です。

2.企業や製品を大きく打ち出すことができる

クリエイターとの関係性が不明確な従来の広告では、クリエイターとの関係性が不明確な従来の広告では、ステマと捉えられる可能性があるため、企業が堂々と製品や企業名を打ち出すことは難しいものでした。
しかし、関係性を明らかにしたことで、大々的にプロモーションすることができます。

3.インスタグラマーのブランディングにもつながる

PR案件を受けることは、企業だけではなくインスタグラマーにとっても大きなメリットとなります。
企業はインスタグラマーの影響力などを見込んでプロモーション案件を発注します。企業からPR案件を受けていると提示することは、インスタグラマーにとってはアカウントの影響力が認められたひとつの証になります。

ブランドコンテンツのタグ付け方法

ブランドコンテンツタグ付け方法は、通常投稿とストーリーの投稿で方法が異なります。

なお、タグ付けは、企業によって承認制に設定されている場合があります。
もしビジネスパートナーとして表示されているにもかかわらずタグ付けができない場合は、タグ付けの承認を得る必要があります。提携先の企業にタグリクエストを送信してください。

なお、以下でご紹介している画像はすべてInstagram for Businessより引用したものです。

通常投稿の場合

step1.

1.png
投稿する写真や動画の選択、加工を行い「次へ」をタップします。
するとキャプションを入力したりタグ付けを行ったりできる画面が表示されますので「詳細設定」をタップしてください。

step2.

2.png
「ビジネスパートナーをタグ付け」をタップして、提携する企業を検索します。
ビジネスプロフィールを持ったアカウントのみが表示されますので注意してください。
なお、ブランドコンテンツタグをつけた投稿はFacebookへクロスシェアができません。

ストーリーズ投稿の場合

step1.

3.png
ストーリーズ用の投稿を準備して、画面上部にあるリンクアイコンをタップします。

step2.

4.png
「ビジネスパートナーをタグ付け」をタップして、提携する企業を検索します。
こちらも通常投稿と同様に、ビジネスプロフィールを持ったアカウントのみが表示されますので注意してください。
提携するアカウントを選択したらタグ付け完了です。

まとめ

ブランドコンテストタグを使用して正しく広告投稿をすれば、投稿を見ているユーザーに不信感を与えずにインスタグラマーが抱える数多くのフォロワーへ自社の商材をアプローチできます。

また、Facebookページから広告投稿の影響を数字で確認できるようになります。インスタグラマーへの依頼が自社のプロモーション施策として適切であったか、今後も同じインスタグラマーへ依頼するのかなどを客観的に検討することも可能です。

1投稿で数万人へ向けて発信できるインスタグラマーを起用するのであれば、誠意を持って正しく情報を発信する必要があります。
今回紹介したブランドコンテンツタグ付け機能を利用して、Instagramでのプロモーションを検討してみてはいかがでしょうか。