デザイナーなど写真や画像データを使用した業務を行う方にとって、Photoshopは欠かせないツールのひとつです。
Photoshopにはさまざまな機能が搭載されていますが、特に写真データを扱うことが多いなら「Adobe Camera Raw」を使ってみてはいかがでしょうか。

今回は、Photoshopを使ってRAW現像できるプラグイン「Adobe Camera Raw」(以下、Camera Raw)について紹介します。
「自動補正」機能なども搭載されているので、RAW現像に慣れていない方でも使うことができます。インストールしてみることをおすすめします。

なお、記事内で使用方法を紹介するために使用した画像は、アドビ システムズ 株式会社が提供している無料のサンプルファイルです。

Adobe Camera Rawとは

1.png
Adobe Camera Rawとは、Adobe社が提供している画像編集ツール「Photoshop」に追加して利用するプラグインです。
使用に際しては、あらかじめPhotoshopをインストールする必要があります。なお、1つのアカウントに対して1回限り、7日間の無料体験をすることができます。

Camera Rawでは、Rawデータと呼ばれるRaw画像だけでなく、JPG画像も編集できます。
プラグインをインストールすると、PhotoshopでRawデータの処理をする際に自動的に起動し現像処理を行うことができます。
もちろん、Photoshopで編集中の画像にも、Camera Rawを使用して補正可能です。

Camera Rawがサポートしているカメラやレンズの種類は、以下に記載されています。

参考:
Adobe Camera Raw

RAWデータとは

RAWデータとは、デジタルカメラ内のイメージセンサーに写る光をそのまま記録したデータです。あくまで光を記録したものなので、そのままの状態では「写真データ」として開くことはできません。

ただ、通常の画像フォーマットよりも1つのデータあたりの情報量が多いため、写真の歪みや色味、明るさなど細部にわたって調整することができるため、高品質な画像を作るためにRAWデータからの現像作業を行うのが一般的です。画像データとして開くためにはJPEGフォーマットなどに「現像」する必要があります。Camera Rawでは、RAWデータの現像が簡単にできるのが特徴です。

参考:
RAWとJPEGはどう使いわける?Web担当者なら押さえたい特徴を解説|ferret [フェレット]

インストール方法

2.png
Camera Raw プラグインのインストーラ
Camera Rawのインストールを行う際は、すべてのAdobe関連アプリケーションを閉じているかどうか確認してください。
ソフトを起動している状態でインストールを行うと、不具合の原因となります。

Camera Rawのインストールページでインストーラーのリンクをクリックすると自動でダウンロードが開始されますので、ダウンロードが完了したらインストーラを開いてください。

なお、Windows版とMac版でファイルが異なりますので注意してください。
その後は画面の指示に従って「Install」をクリックし、インストール完了後画面で「Finish」をクリックすれば作業終了です。

Camera Rawの使用方法5つ

1.ファイルの展開

step1.ファイルを開く

3.png
画面左上の「ファイル」をクリックして、表示されるプルダウンメニューから「開く」を選択します。

step2.RAWデータを選択

4.png
パソコン上のファイルが表示されますので、開きたいRAWデータを選択します。

step3.編集

5.png
Camera Rawがインストールされていると、Photoshopの作業画面とは別ウィンドウで編集画面が表示されます。
画像が開けない場合はCamera Rawのインストールが完了していない可能性がありますので、もう一度インストールの手順を確認してください。

2.レンズのプロファイル補正

Camera Rawを起動した際にまずはじめに利用することが多い機能が、レンズのプロファイル補正です。
カメラのレンズによって異なりますが、Raw画像は多少の歪みが生じていることがあります。
この機能では、レンズの歪みや光量不足を補うことが可能です。

6.png
画面右側のパネルから「レンズ補正」のアイコン(画像青枠部分)をクリックします。
「プロファイル」のタブから「プロファイル補正の使用」のチェックボックスをオンにしてください。
手動で調整をしたい場合はタブを「手動」に切り替えると、ゆがみやフリンジ軽減を手動調節できます。

3.色調の自動補正

PhotoshopやCamera Rawを使ったことがない方や初心者の方に最もオススメしたい機能が、画像の自動補正です。
ボタンひとつをクリックするだけで自動で色調補正できるため、調節の参考になります。
もちろん自動補正をベースに自分でさらに調整を加えられ、リセットも簡単です。

7.png
画面右側のパネルから「基本補正」のアイコン(画像青枠部分)をクリックします。
表示されたパネル内の「自動補正(画像赤枠部分)」をクリックすると、数秒後に補正が行われます。
少し時間がかかる場合もありますので、補正がかかるまで他の操作を行わないでください。

自動補正を行ったあとでも、すぐ下のマーカーをドラッグすることで露光量やコントラスト等、各項目を調整できます。
補正をリセットしたい場合は「初期設定」をクリックして戻してください。

4.画面上部のアイコン

8.png
画面上部に表示されているアイコンは、左上から順に以下の作業ができます。

1.ズームツール

画像をズームする際に使用するツールです。
クリックした箇所を中心にズームを行います。

2.手のひらツール

画像を掴んで移動するツールです。
ドラッグして写真を動かすことができます。

3.ホワイトバランスツール

ホワイトバランスを整えるツールです。
アイコンをクリックして調整したい箇所をクリックすると、調整できます。

4.カラーサンプラーツール

写真内のカラーをサンプリングする機能です。
アイコンをタップして、サンプリングする箇所をクリックするとサンプリングされます。サンプリングされた色の情報は右側のウィンドウで表示されます。

5.ターゲット調整ツール

ハイライトや露光量などの調節を行うツールです。
アイコンをタップし、画像を上下にドラッグすると調節できます。

6.切り抜きツール

画像の切り抜きを行うツールです。
アイコンをクリックして切り抜きの開始地点と終了地点をそれぞれクリックすると、切り抜き作業が可能です。

7.角度補正ツール

角度を調節するツールです。
アイコンをダブルクリックすると自動で角度調節を行います。

8.変形ツール

画像を一部変形させることができるツールです。
アイコンをクリックして、開始地点と終了地点を選択します。その後、右側で変形の詳細を調節することで変形できます。

9.スポット修正

一部をぼかしたり透明度を下げたりして調整を行うツールです。
アイコンをクリックして修正したい箇所を選択すると、修正されます。その後、右側ウィンドウで細部を調節することも可能です。

10.赤目補正

人の目が赤くなってしまった写真を修正できる機能です。
アイコンをクリックして修正したい箇所をクリックすると、修正されます。

11.補正ブラシ

大まかに部分的な補正を行うツールです。
アイコンをクリックし、補正したい箇所をクリックすると調節できます。右側のウィンドウで詳細な設定をすることも可能です。

12.段階フィルター

グラデーションの入ったフィルターを作成することができます。
アイコンをクリックして開始地点と終了地点をクリックすると、フィルターが作成されます。その後、右側のウィンドウが段階フィルター用の調整画面に切り替わるので調整してください。

13.円形フィルター

円状のフィルターを作成することができます。
アイコンをクリックすると、円形フィルター用の調整ウィンドウに切り替わります。
フィルターを削除する場合はフィルターを右クリックしてください。その後「削除する」の選択肢をクリックすると削除できます。

14.環境設定ダイアログを開く

Camera Rawの設定画面を開きます。
設定画面では、保存先の選択やキャッシュの管理などの設定を行うことができます。

15.画像を回転

画像を左右に90度ずつ回転させるツールです。
Altキーを押しながらボタンをクリックすると、画像を上下左右に反転させることができます。

5. 画像を保存・開く・完了

9.png
「画像を保存(画像赤枠部分)」をクリックすると、画像の形式を指定して端末やクラウドに保存することができます。
一時的に画像を保存しておきたい場合や、コピーして保存しておきたい場合に利用します。

「画像を開く(画像青枠部分)」をクリックすると、画像の変更を保持した上でCamera Rawが閉じ、そのままPhotoshop上に画像ファイルが展開されます。
Altキーを押したまま「画像を開く」をクリックすると、画像のメタダータが更新されずに開きます。
Shiftキーを押したままクリックすると、スマートオブジェクトとして開きます。

「完了(画像緑枠部分)」をクリックすると、変更を適用した状態で画像を開かずに、ダイアログが表示されます。

まとめ:RAWデータの現像や画像のレタッチに活用してみよう

Camera Rawを使用すると、簡単にRAWデータの現像や画像のレタッチができます。

メニューパネルも比較的シンプルで分かりやすく、何度でも操作のやり直しができることも魅力と言えるでしょう。調節後の画像もすぐ確認できます。

Photoshop初心者の方でも使いやすいので、ぜひ試してみましょう。