Google アナリティクスでデータを出す時、毎回同じようなレポートばかり見ている……。

そんな不満があるときは、自分専用のダッシュボードが作れる「マイレポート」機能の活用を考えてみましょう。

この記事では、Google アナリティクスを使ったレポーティング業務を効率化するマイレポート機能の使い方を詳しく紹介します。

また、記事の最後ではマイレポート機能を初めて使う人のために、「ダッシュボードのテンプレート」をご用意しました。

このテンプレートを活用して、分析にかける時間を作るヒントにしてください。

マイレポート機能とは?

マイレポートとは、Google アナリティクス内のさまざまなレポートを自分用にカスタマイズして保存できる機能です。

uehiar.JPG

上記のように、自分でディメンションと指標の組み合わせやフィルタなどを設定し、自由にデータを出すことができます。

リンク共有機能を使えば、社内で事前にURLを共有しておいて定例会のレポート作業を効率化したり、チーム内での情報共有用に使ったりと、業務効率化につながります。

自社の魅力を「広く・深く」伝えるならferretの広告

ブランド認知広告を出稿した
効果を見てみる

Google データスタジオとの違いは?

Googleが提供するツールでダッシュボードを作成するためのツールとして、「データスタジオ」があります。
データスタジオで作れるレポートについては下記の記事に詳しくありますが、グラフや表の見せ方など、とてもリッチなビジュアルのレポートを手軽に作成できます。

もはやTableau超え!Googleアナリティクスのビジュアル分析11選

しかし、Google アナリティクスとは別のツールなので表示するのが面倒になり、見なくなってしまうケースも少なくありません。

また、データスタジオは作成できるレポートの自由度が高いのが特徴です。それ故、いざレポートを作ってしまうと「あれもこれも」と数字やグラフを盛り込みすぎてしまうことも考えられるでしょう。

マイレポート機能はあらかじめ決まった形式でレポートを表示させられる、自由度の高さは データスタジオより低いものの、無駄な時間を使わずダッシュボードを作成できるのがメリットです。

マイレポートを作ってみよう

ウィジェットを追加する

Google アナリティクスの左メニューから「マイレポート一覧」を選択し、「作成」をクリックします。

え.JPG

「デフォルトのマイレポート」では、あらかじめGoogleが設定してくれているテンプレートがありますが、今回は自社にあったレポートを作成するため「空白のキャンバス」を選択します。

お.JPG

レポート全体の名前を設定して、「マイレポートを作成」をクリックします。

マイレポートは「ウィジェット」と呼ばれる小さなレポートの集まりです。

えく.JPG

マイレポートを作成するとウィジェットの作成画面が表示されます。ウィジェットの名前を付けた後、数字の見せ方と、表示する指標とディメンションを選択します。
j.JPG

「保存」ボタンをクリックすると、新しいウィジェットがマイレポートに追加されました。
h.JPG

見たいレポートを表示する

マイレポートには、通常のレポート同様にセグメントを適用することができます。
2.JPG

また、カレンダーを変更することでレポートの集計期間を変更することも、特定の期間を比較することもできます。
1.JPG

レポートを共有する

マイレポートは通常、作成したアカウントに紐づくため自分のアカウントでしか見れません。
社内などで他の人に共有する方法は、大きく分けて3種類あります。

1. マイレポートをそのまま共有する

マイレポートの共有方法には「テンプレートのリンクを共有」「ソリューションギャラリーで共有」の2種類があります。

「テンプレートのリンクを共有」は、URLを発行して、特定の人にレポートの形式を共有する方法です。共有された相手は、自分が持っているGoogle アナリティクスのアカウントのデータをそのテンプレートに反映することで確認できます。

ただし、共有されるのはあくまでも「レポート」ではなく「テンプレート」です。

共有された相手が表示できるのは、その人が権限を持っているビューのみなので注意が必要です。ビューの権限を持っていない人に、データ自体を共有したい場合は次の2つの方法のどちらかで、PDF形式のファイルを共有すると良いでしょう。

2. メールで共有する

め.JPG
メールでPDF形式のレポートを添付して送信することができます。

1回限りだけでなく、日別・月別など、配信の頻度を選択することができるので「定例の会議はないが定期的にレポートを確認してほしい」などといった場合にはメールの配信設定をしておくと良いでしょう。

3. エクスポートして共有する

キャプチャbg.JPG
PDF形式でエクスポートできます。会議での配布資料などに使う場合はこの方式でエクスポートして印刷すると手軽です。

マイレポートのテンプレート見本

いざ「マイレポート機能を使ってみよう」と思っても、どういったレポートを作ればいいのか考えてしまう方もいるかもしれません。

そこで、マイレポートを使ったダッシュボードのテンプレート見本を無料配布します。

[start--member_only-data]

ダッシュボードのテンプレート見本

[end--member_only-data]

上記のリンクをクリックして、自身のGoogle アナリティクスにログインすると以下のような画面が出てきます。レポートを反映したいビューを選択してください。

iajkl.JPG

選択したビューの数値が反映されたレポートが表示されます。

さらに自社に合ったレポートにカスタマイズするなど、マイレポート機能活用の参考にしてみてください。

まとめ

Google アナリティクスを使って数字を見ることは大切ですが、中でも「レポートを出す時間を削減し、仮説を立てる時間を確保すること」が重要です。

なかなか施策の検討に時間が使えない……とお困りの方は、マイレポートを活用して自社のレポートを定型化してしまいましょう。