追記(2018/04/03):2018年3月30日、Googleは同社のURL短縮サービス「Google URL Shorter」のサービス停止を発表しました。同年4月13日から匿名ユーザーの利用が停止され、翌年3月30日以降は完全に新規作成ができなくなる予定です。

ホームページで他ホームページURLを引用する時、URLが長すぎて見栄えがイマイチ…と感じたことはありませんか?
日本語が使われているURLなどは、コピーするとかなり長めのURLに変換されてしまいます。

パソコン表示だとそこまで気にならないかもしれませんが、表示範囲の狭いスマホの場合、URL表示が長いと無駄にスクロールしなくてはならないのでユーザーの負担を増やし、離脱してしまう要因にもなってしまいます。

今回は、URLを簡単に短縮できて、更にURLのクリック数までも計測できる無料ツール「goo.gl URL Shortener」をご紹介します。
興味のある方は確認してみてください。

「goo.gl URL Shortener」を使うには

「goo.gl URL Shortener」はGoogleChromeとFirefoxで利用できる拡張機能です。
お使いのブラウザに応じて以下のURLからインストールしてみましょう。

***
GoogleChrome版:https://chrome.google.com/webstore/detail/googl-url-shortener/iblijlcdoidgdpfknkckljiocdbnlagk

***
Firefox版:https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/shortly-url-shortener/

インストールが完了すると、ブラウザの右上、URL表示の右に下記のようなアイコンが表示されます。

自社の魅力を「広く・深く」伝えるならferretの広告

ブランド認知広告を出稿した
効果を見てみる

「goo.gl URL Shortener」の使い方

短縮URLを生成する方法

1.アイコンをクリックするだけで短縮URLが生成されます。
***

  1. URLの下に表示されている「Copy」をクリックすればURLをコピーできます。表示されたURLを選択してコピーすることも可能です。

URLのクリック数を計測する

1.生成したURLの下部に表示されるメニューの中の「Detail」をクリックすると、クリック計測画面に移ります。
***

2.クリック計測画面では以下を確認できます。

・月別のクリック数
・リファラー
・アクセス元のブラウザ
・アクセス元の国
・プラットフォーム(OS)

生成した短縮URLがクリックされた時のみカウントされる仕組みです。

***

QRコードも生成できる

1.メニュー内にある「QRcode」をクリックすると、QRコードを生成することもできます。
***

2.生成されたQRコードは下部に表示されるので、クリックするとQRコードのみが表示されている画面に遷移します。
***

3.こちらの画面で右クリックで画像保存が可能です。
***

まとめ

スマホが主流となる時代には、URLは短いほうがユーザーの使いやすさが向上します。
また、TwitterなどのSNSにURLを直接ペーストする際、長いURLだとその分書き込めるテキスト量が減ってしまうので、できるだけ短い方が良いでしょう。

ホームページ内で頻繁に他ホームページURLを引用する機会のある方は、ぜひこちらのツールを利用してみてください。

このニュースを読んだあなたにおすすめ