人々の趣向や技術の進化により、これまでの手法が思うような成果を生まなくなることもあります。それがWeb マーケティングの難しさであり、おもしろさとも言えるでしょう。

今回は、2019年に4月~6月に開催されるWeb マーケティング系イベントをまとめました。マーケターだけではなく、Webメディアを作りたい人、すでに運営されている人にも有益な情報があつまっています。イベントは、知識だけではなく人脈も増やせる場所です。気になるイベントがあれば、すぐにカレンダー登録しておきましょう。

※イベント情報は記事執筆時点のものです。内容の変更やイベントの中止もありますので、最新情報は各イベントの詳細ページよりご確認ください。

注目のマーケティングイベント(4月〜6月)

1.マーケティングオートメーション活用によるABM事例セミナー

アドビシステムズ株式会社のプログラムマネージャーである湯原氏などが登壇するイベントです。「ABM」や「マーケティングオートメーション(MA)」について良くわからない人にも、事例を踏まえつつセミナーを開催してくれるので安心です。

またABMやMAについての相談会なども実施予定となっています。事例から学べ、実践的な内容となっているので、マーケティング担当者はぜひ足を運んでみましょう。。

【日時】2019年4月3日(水)10:30〜12:30(受付開始10:00)
【場所】NewsPicks Roppongi
【費用】無料 ※名刺2枚要持参

▼詳細はこちら▼
マーケティングオートメーション活用によるABM事例セミナー

2.コンテンツ東京2019

日本最大級のコンテンツビジネス総合展です。当イベントでは、デジタルコンテンツの技術やサービスが集まる「コンテンツ配信・管理ソリューション展」やコンテンツマーケティングに特化した商談展「コンテンツマーケティングEXPO」をはじめ、「先端デジタルテクノロジー展」「広告デザイン・グランディングEXPO」「ライセンシングジャパン」「クリエイターEXPO」「映像・CG制作展」など、さまざまなな展示が楽しめます。セミナーには、放送作家の鈴木おさむ氏をはじめ、ピクシーダストテクノロジーズ(株)の落合陽一氏、(株)NewsPicks佐々木紀彦氏や大企業の担当者も登壇します。セミナーは定員になり次第締切なので、早目に申し込みましょう。

同時開催として東京ビッグサイト青海展示棟で「AI・人工知能EXPO」も行われるので、足を運んでみてはいかがでしょうか。2つの会場を巡回するバスも出ています。

【日時】2019年4月3日(水)~5日(金)10:00〜18:00
【場所】東京ビッグサイト(西展示棟)
【費用】招待券申込みの方は無料 ※お持ちでない場合は入場料5000円が必要となります。

▼詳細はこちら▼
コンテンツ東京2019

3.Japan IT Week春(後期)

Web&デジタルマーケティングEXPOをはじめ、ソフトウエア&アプリ展、ビッグデータ活用展、モバイル活用展など全11の専門展で構成される大規模なIT展示会。1,180社が出展予定です。

【日時】5月8日(水)~10日(金)
【場所】東京ビッグサイト
【費用】招待券申込みの方は無料 ※持っていない場合は入場料5000円が必要となります。

▼詳細はこちら▼
Japan IT Week春(後期)

4.Web担当者forumミーティング2019春

Web担当者に役立つ情報を届けるセミナーイベントです。森永製菓株式会社の広報部の松野氏や株式会社イーライフの石井氏などによるコミュニティサイトの運営の秘訣などの講演があります。

またBytedance株式会社の鈴木氏による「『TikTok』って何がすごいの? マーケターが知っておきたい基本とビジネス活用(仮)」の講演なども予定されています。Web担当者やマーケッターに有益な情報が得られるイベントとなっています。

【日時】2019年4月11日(木)9:30~18:00(受付開始9:00)
【場所】赤坂インターシティコンファレンス(溜息山王)
【費用】事前登録制(参加無料)

▼詳細はこちら▼
Web担当者forumミーティング2019春

5.アナリティクスサミット2019「データ分析のその一歩先へ」

マーケティングにおいて、データをどのように活かしていくかはとても重要です。当セミナーでは、そのあたりをわかりやすく解説してくれます。例えば、第一部の株式会社メルカリ松田氏による「メルカリの分析組織と、分析の民主化について」では、メルカリが分析の民主化をどのように進めてきたかなどを解説します。

【日時】2019年4月9日(火)10:00~17:15
【場所】赤坂インターシティコンファレンス(溜池山王)
【費用】一般会員9800円
※a2i.jpの会員(年会費16200円)になると、法人会員の場合無料、有料個人会員の場合2000円となります。

▼詳細はこちら▼
アナリティクスサミット2019「データ分析のその一歩先へ」

6.デジタルイノベーション2019

全国ツアーイベントを行っている「名古屋デジタルイノベーション2019」。2月にザ・プリンスパークタワー東京で開催されたイベントでは、入場者数1万5,031名でした。
内容は「デジタルものづくり春」「セールス&マーケティング」「IOT Solution」など、様々な分野の最先端の情報が得られます。5月には関西、6月には九州で開催予定です。

【日時】名古屋:2019年5月22日(水)・23日(木) 
    関西:2019年5月30日(木)・31日(金)
    九州:2019年6月18日(火)・19日(水)
【場所】名古屋:吹上ホール 関西:グランフロント大阪
【費用】無料

▼詳細はこちら▼
名古屋デジタルイノベーション2019

7.インターネット・マーケティングフォーラム東京

宣伝会議主催のフォーラムです。2018年の来場者は4,594名が来場しました。2019年のテーマは「想像と創造から生まれる 顧客基点のバリューチェーン」とし、今年のインターネットマーケティングのトレンドを網羅した内容となっています。来場者の多くはマーケティング従事者のため、同業者交流も期待できます。

【日時】2019年6月4日(火)~5日(水)
【場所】ANAインターコンチネンタルホテル東京

▼詳細はこちら▼
インターネット・マーケティングフォーラム東京

8.販促・マーケティング総合展 夏

ノベルティグッズやWeb販促サービスなどが集まる「販促EXPO」や、デジタルマーケティングやSNSマーケティングなどの関連企業が出展される「Web販促EXPO」をはじめ、「看板・ディスプレイEXPO」「店舗運営EXPO」「営業支援EXPO」「広告宣伝EXPO」などの6つの専門展で構成されます。システム導入を検討している企業や、マーケティング担当者はぜひチェックしておくと良いでしょう。

【日時】2019年6月19日(水)~6月21日(金)10:00~18:00(最終日17:00)
【場所】東京ビッグサイト
【費用】招待券申込みの方は無料 ※お持ちでない場合は入場料5000円が必要となります。

▼詳細はこちら▼
販促・マーケティング総合展

まとめ

マーケティング関連のイベントやマーケッターが訪れるとためになるイベントを紹介しました。

「販促・マーケティング総合展 夏」のように、いくつかの専門的なイベントが行われる総合展もあるので、しっかりチェックしておくといいでしょう。