外部リンクとは?SEOにおける重要性と対策・獲得の方法を解説!

SEOを語る上で絶対に外すことのできない外部リンクですが、時代とともにその効果や考え方は変化しています。

今回は外部リンクとはどのような役割を持っているのか、今でも重要なのか、外部リンクを獲得する方法などを紹介していきます。

外部リンクとは?

Webサイトにおけるリンク内部リンク外部リンクの2種類に分けられ、それぞれ名前の通りサイト内に自分のサイトのリンクをはりめぐらせる内部リンクと、他のサイトから自身のWebサイトへのリンクを獲得する外部リンクという意味になります。

内部リンクの最適化は自身のサイト内で完結することができるので正しい知識があればサイトオーナーがひとりで行えるのですが、外部リンクは自身のサイトを参照元や参考文献として認めてもらう必要があるので、獲得の難易度は高いとされています。

外部リンクの歴史

外部リンクは獲得の難易度が高いからこそ、数年前まで検索エンジン外部リンクWebサイトの評価において重要視していました。

しかし、外部リンクの獲得が多いWebサイトが上位表示されていることが世に知れ渡ると、リンクの自動生成や大量のブロガーに企業サイトのリンクを貼らせるなど、外部リンクを最重要視するアルゴリズムの脆弱性を狙ったビジネスが横行したことにより、SEO対策=外部リンクの作成と言われるようになりました。

そこでGoogleは2014年から2016年にかけてペンギンアップデートと呼ばれるアルゴリズムのアップデートを行い、低品質や自動生成された疑いのあるリンクサイトやリンクページを一斉削除したことにより、外部リンクを最重要視してきた今までのアルゴリズムの内容が変更されました。

ペンギンアップデートによって外部リンクでビジネスを行っていた数多くの企業が倒産したとも言われています。

ペンギンアップデートが行われる以前のスパム扱いされるSEO対策をブラックハットSEO、アップデート以降にWebサイトの本質を追い求めることで上位表示を狙うSEO対策をホワイトハットSEOと呼びます。

外部リンクは今でも重要?

しかしペンギンアップデート後も外部リンクは一定のSEO効果をもっています。

まずはGoogleウェブマスター向けに公開している品質に関するガイドラインからリンクプログラムの解説文をご覧ください。

検索結果においてサイトのランキングに悪影響を与える可能性のあるリンクプログラムには、次のようなものがあります。

・PageRank を転送するリンクの売買。
・過剰なリンク交換、または相互リンクのみを目的としてパートナーページを作成すること。
引用元:リンクプログラム

上記のようなリンク検索結果に悪影響を受けるとされているので、逆に言うとこれに該当しない外部リンク、つまり高品質なWebサイトからの外部リンク検索結果に良い影響を与えるということになります。

外部リンクをどこまで重要視しているのかについて明言されている訳ではないですが、一部では低品質な外部リンクがペナルティを受けることにより高品質な外部リンクはこれからも大きなSEO効果を持つのではないかという意見もあります。

現在のGoogleは良質なコンテンツを最も重要としているためこの意見の正確性は不明ですが、今でも外部リンクは一定の重要度を持っている事には変わりありません。