ソフトバンク

スクリーンショット 2019-12-26 15.21.34.png

ソフトバンクが1981年に創業した当初は、パソコン用のパッケージソフトの流通販売事業を行なっていました。ソフトウェアが集まる「銀行」というのが社名の由来です。ソフトバンクの活躍により、日本国内のPC普及が進みました。

インターネットが普及するとソフトウェアの需要が落ち着き、次に目をつけたのがブロードバンド事業です。アメリカで誕生したADSLの技術を取り入れ、インターネットプロバイダサービスを開始したのです。

スマートフォンが普及すればスマホ用のサービスを提供。ソフトバンクは時代にぴったり合ったサービスを次々と展開して成功した事例だと言えます。

参考:
沿革|ソフトバンクグループ株式会社

DeNA

スクリーンショット 2019-12-26 15.21.46.png

現在ではゲーム会社として知られるDeNAですが、1999年の創業当時はEコマースの会社として、オークションサイト「ビッダーズ」が始まりでした。しかし同時期にヤフーオークションが登場し、だんだん引き離されることに。

そこで携帯電話(ガラケー)向けのオークションサイト「モバオク」を作ったものの、スマートフォンへの移行により徐々に衰退。

オークション事業では大勝利を望めませんでしたが、ゲーム事業に方向転換して「モバゲー」や「怪盗ロワイヤル」など、エンタメ系サービスを展開することで成功を収めることができたのです。

参考:
沿革|株式会社ディー・エヌ・エー|DeNA

ミクシィ

スクリーンショット 2019-12-26 15.22.01.png

SNSサービスとして一時期大ブレイクし、現在はスマホゲーム「モンスターストライク」で好調のミクシィ。1997年より求人情報サイト「Find Job!」の運営を始めたことがはじまりでした。

2003年に海外ではSNSが流行しているという話を聞き、2004年にSNSの「mixi」を提供を開始。まだSNSを知らなかった日本では。目新しいサービスとして注目が集まったのです。

toBからtoCに移行することで様々な活躍を見せ、時代がスマホに移行すると2013年にはスマホ向けに「モンスターストライク」をリリースして成功しています。

参考:
沿革|企業情報|株式会社ミクシィ

YouTube

スクリーンショット 2019-12-26 15.22.56.png

動画ブームの中心にいるYouTubeですが、このアイデアは創業者の友人のパーティの動画を配る方法としての動画共有サービスを思いついたことが発端です。

2005年に創業された当初は「Tune In Hook Up」という動画を使ったデート相手のマッチングサービスでした。しかし意外と利用者を集めることができず、デートとは関係ない動画を投稿する人が増え、マッチングサービスは終了に。

ただ動画共有サービスとしては機能していたため、動画共有にフォーカスした事業に転換し、19億人以上ものユーザー数を誇るサービスとなったのです。

参考:
YouTube について - YouTube