『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて連載された、吾峠 呼世晴(ごとうげ こよはる)による漫画『鬼滅の刃(きめつのやいば)』が、異例の大ヒットを遂げています。

2016年から連載された本作の累計発行部数は、2019年11月時点で2500万部を突破。2019年12月4日発売の第18巻は初版100万部を超える勢いで、これは2013年の「黒子のバスケ」と「暗殺教室」以来の快挙。また『オリコン年間コミックランキング 2019「作品別」』では、期間内の売上が1,205.8万部を記録し第1位となりました。

参考:【年間本ランキング】アニメ人気で売り切れ続出『鬼滅の刃』が初の年間1位

では、この『鬼滅の刃』は、いつ、どのようにして、このような大ヒットとなったのでしょう?

今回はGoogleの検索ボリュームをもとに、ヒットの要因を探ります。

ONE PIECE(ワンピース)との比較

まず、同じく『週刊少年ジャンプ』の看板作品であり、12月発売の95巻をもって全世界累計発行部数が4億6000万部を突破すると言われる『ONE PIECE(ワンピース)』と比較し、『鬼滅の刃』がどれだけヒットしているのかを探ってみます。

『ONE PIECE』のコミックスの2019年年間累計売り上げは、推定1270万部*で、同年の国内コミックスで1位を記録。『鬼滅の刃』は、コミックスの同年年間累計売り上げが推定1080万部で、『ONE PIECE』に続く2位を記録したことは、近年のコミックス業界では異例の快挙と言えます。

※2018年11月19日~2019年11月17日に集計、集英社調べ

参考:鬼滅の刃:今、最も勢いのあるマンガ 人気の理由 世界感、命のやりとりをリアルに描く

image1.png

▲『鬼滅の刃(青線)』と『ワンピース(赤線)』の検索ボリュームの変化

Google Trendsに見る検索ボリュームからも、『鬼滅の刃』の急激な人気上昇が見て取れます。直近の1ヶ月ではONE PIECEを凌ぐ検索ボリュームがあることがわかります。

なお、『ワンピース』に関する検索数は通年を通して大きいですが、この検索の中には、ワンピースのIPを使ったゲームやCM放送に関連するものが多いです。今後、IPヒットにともないゲームやグッズ、その他コラボによって『鬼滅の刃』の検索ボリュームがさらに上昇・維持する可能性は大いにあります。

時系列で探る『鬼滅の刃』大ヒットの理由

ここで、検索ボリュームの推移と『鬼滅の刃』の2019年の動きをみていきましょう。

無題のプレゼンテーション (10).png

アニメ放送をきっかけに検索数が上昇

漫画連載が開始されたのが2016年2月15日。この時点では大きな検索数上昇はみられません。

検索ボリュームが急増したのが2019年4月。ここでの人気爆発の要因となったのが、2019年4月から放送されたテレビアニメです。制作したのは、「空の境界」や「Fate」シリーズなどを手掛ける映像制作会社ユーフォーテーブル有限会社(ufotable)。

演出や作画に定評のあるufotableが手掛けた『鬼滅の刃』は、特に戦闘シーンの躍動感や世界観の演出への評価が非常に高く、“神作画”と話題に。美しい映像描写も一役買い、少年漫画ジャンルではあるものの女性ファンが多いのも特徴です。

また、テレビアニメの主題歌『紅蓮華』を歌うLiSAの存在も大きく、人気アニメのタイアップ曲の多いLiSAのファンが本作品の人気を後押ししたとも考えられます。

主題歌の『紅蓮華』は、2019年10月に「Newtype×マチ★アソビ アニメアワード2018 - 2019 主題歌賞」を受賞し、また中国最大のソーシャルメディア「WEIBO(微博)」で活躍する著名な日本人を表彰する『WEIBO Account Festival in Japan 2019』では、アニソンロックシンガー賞にLiSAが選出されていて、今後日本国外のファンも増えそうです。なお、LiSAは2019年の『第70回NHK紅白歌合戦』にも出場し、さらに『鬼滅の刃』への注目も集まると考えられます。