プライベートでの連絡手段や、日常的なコミュニケーションツールとして定着しているSNS(メッセージアプリや動画サイトも含む)。

特に若い世代では当たり前のようになっていますが、30代・40代のSNSユーザー数はどうなっているのでしょうか? ガイアックスの「主要SNSユーザー数データ資料」から見ていきましょう。

参考:2020年3月更新! 12のソーシャルメディア最新動向データまとめ|ガイアックス

30代のSNSユーザー数ランキング

まずは30代から。主要SNSのユーザー数ランキングは以下になります。

1位 YouTube 75.4%(男性:53% 女性:47%)
2位 LINE 74.6%(男性:46% 女性54%)
3位 Twitter 48.6%(男性:51% 女性49%)
4位 Instagram 39.9%(男性:38% 女性:62%)
5位 Facebook 36.7%(男性:48% 女性52%)

1位のYouTubeは、おそらく動画視聴がメインの使い方だと思われます。手軽にさまざまな動画が見られるということで、利用している人が多いのでしょう。また、最近では芸能人がユーチューバーとして活躍したり、ミュージシャンがミュージックビデオを公開したりしていることも人気の一因でしょう。男女比率はほぼ同じ。

2位のLINEは、YouTubeとほとんど変わらないユーザー数となっています。友人や家族との連絡手段として使われることが多いからでしょう。若干女性のほうが利用者の割合が高いのは、より日常的に連絡を取り合う機会が多いからではと推測されます。

3位はTwitter。LINEに比べると利用者の割合はかなり低くなっています。Twitterは不特定多数の人とのコミュニケーションが多くなるため、それらを好まない/必要としない人にとってはそれほど重要度が高くないのでしょう。男女比はほぼ同じくらいとなっています。最近ではテレビなどよりも情報が早く手に入るということもあり、コミュニケーション目的ではなく情報収集目的で利用している人も増えています。

4位はInstagramです。写真をメインとしたSNSですが、女性の比率が62%と高いのが特徴的。たしかに、インスタグラマーとして活躍しているのは女性がメイン。自分の日常の出来事をきれいにかわいく発信したいという女性のニーズに合致しているSNSと言えるでしょう。

5位はFacebookです。基本的にハンドルネームではなく本名で参加するSNSのため、匿名性の高い他のSNSに比べるとユーザー数は少なめです。女性のほうがユーザー数が多いのは意外です。