現在、都心部だけでなく、地方都市でも外出自粛要請が出され、日本全体で飲食業界の衰退が懸念されています。この記事では、多くの飲食店が始めているテイクアウトの現状や、利用者が増えているテイクアウトアプリを紹介します。

テイクアウトで危機を乗り切る

各都道府県は飲食店に対して営業時間の短縮などを要請していて、外出の自粛要請も出されているため飲食店の売上は通常の半分、多いところでは9割減というお店もあると言われています。そんななか、売上を維持するための対策として、さまざまな飲食店がテイクアウトを導入開始。以前からテイクアウトは徐々に多くのお店で導入されていましたが、新型コロナウイルスの影響でより一層広まりをみせています。

参考:[『コロナショック』で急増する飲食店のテイクアウトや通販への懸念]
(https://news.yahoo.co.jp/byline/ymjrky/20200423-00174835/):blank

利用者が増えているテイクアウトアプリ

Retty

retty.png
出典:Retty

Rettyは「BESTなお店が見つかるサービスを」というコンセプトのもと、女子会やデート、外せない外食などさまざまなシーンで利用する飲食店の情報を掲載しています。ユーザーは、実際にそのお店に行った人が口コミを掲載することができるので、その情報を参考にお店選びが可能です。

そんなRettyは2020年4月9日から、飲食店検索結果や店舗ページでのテイクアウト・デリバリー情報の掲載を開始しました。「テイクアウト可」「デリバリー可」と分かりやすくラベルが表示されており、普段利用しているお店や家の近所で新たにテイクアウトを開始したお店を簡単に探せる仕様になっています。

参考:Retty
グルメサイト「Retty」、テイクアウト・デリバリー導入店舗の情報掲載

食べログ

tabelog.png
出典:食べログ テイクアウト

食べログは「失敗しないお店選び」をコンセプトにした、月間約1億1,846万人以上が利用する日本最大級のグルメサイトです。ネットでお店探しをする際に起こりがちな「想像とは違うお店だった」というような失敗をなくすために、ユーザー口コミと共に全国のレストラン情報を掲載しています。

掲載レストラン数は90万件以上を超え、Rettyと同様に実際にお店に行ったユーザーのリアルな口コミを多数掲載しており、お店選びの参考に最適です。そんな食べログがテイクアウトアプリをリリースしました。

特徴1:アプリで注文可能

アプリをインストールして、近くのお店や気になるお店のメニューからテイクアウト注文を簡単にできます。Rettyとは異なり、アプリ内で注文できることが大きな特徴です。

特徴2:事前にお支払い

アプリで注文する際に事前に決済が完了するので、財布を持たずにお店で受け取れます。

特徴3:お店で待たずに受け取れる

アプリで注文した後は、待ち時間なく商品を受け取れます。無駄な時間が発生せず、スムーズに受け取りできることは大きなメリットと言えるでしょう。

参考:食べログの特長と便利な使い方
食べログ テイクアウト

PICKS

picks.png
出典:PICKS

PICKSは、現在地から近くのお店でテイクアウトできるお店を簡単に見つけることができるアプリです。テイクアウト専門店はもちろんですが、いつも並んでいて入りづらい有名店などさまざまなお店が登録されています。また、スマートフォンアプリまたはWebサイトから簡単に注文できます。

さらに他のアプリにない機能として、ポイント機能があります。Picksに新規会員登録すると500ptが付与されて、初回注文時に利用可能です。友人を招待するとさらに500ptが付与されます。 もちろん定期的にポイント付与キャンペーンを実施していて、ポイントは次回の注文時に1p=1円として利用できるので、継続してPICKSを利用することでお得に食事が可能に。まだ都心部でしか利用できないので、今後の規模拡大に注目です。

参考:PICKS

menu

menu.png
出典:menu

menuはデリバリーもテイクアウトもアプリ一つで注文可能なサービスです。都内加盟店舗は2,000店を超え、事前決済なので支払いの手間なく受け取りもスムーズに行えます。ジャンルや価格帯でお店を検索できるので、シーンに応じたお店選びも可能。デリバリーで指定した時間に料理が届くので、巣ごもり消費者の利用が増えています。

参考:menu(メニュー)デリバリー&テイクアウトアプリ