Instagramは新型コロナウイルスによる影響を受け売上等が低下している飲食店を支援する取り組みとして「食事の注文」という機能を4月下旬に新たに追加しました。

この機能は飲食店のサポートをするだけでなく、デリバリーを利用したいと思っているユーザー、地元のお店を応援したいユーザーのサポートにもなります。

本記事では「食事の注文」機能の使い方と活用法を解説します。

参考:Instagram、飲食店から料理を注文できる機能を日本でも導入開始|Facebook Newsroom

「食事の注文」機能とは

新たに追加された「食事の注文」機能とは、ストーリーズやプロフィールから飲食店へデリバリーの注文ができる機能です。4月中旬にはアメリカとカナダへ先行導入されていましたが、4月27日より日本でも利用できるようになりました。

飲食店は「パートナー」と呼ばれる注文サイトへのリンクを設定し、ストーリーズにリンク付きのスタンプを貼ったり、プロフィールにアクションボタンを設置したりできます。

ユーザーはそのスタンプやアクションボタンから注文サイトへ移動し、デリバリーやテイクアウトを注文できるのです。

ただし「食事の注文」機能で設定できるパートナーリンクは現在Uber Eatsのみとなっています。Uber Eats加盟店であれば積極的に利用していきましょう。

※2020年5月19日時点で「食事の注文」機能で設定できるパートナーリンクは現在以下のサービスのみとなっています。

  • Picks
  • TableCheck
  • Uber Eats
  • 出前館
  • ヒトサラ

【飲食店向け】食事の注文機能の使い方

通常、Instagramのストーリーズにリンクを貼るならフォロワー1万人以上が条件となっていますが、

  • ビジネスアカウントである
  • 対象パートナーいずれかの加盟店である

この2つの条件を満たした飲食店であれば、フォロワーが1万人以下でも「食事の注文」機能を無料で利用できます。

食事の注文機能を設定する

まずはパートナーの設定をして、「食事の注文」スタンプとアクションボタンを利用できるようにしましょう。

f.png

Instagramを開くとプロフィールページの上部に「新型コロナウイルス (COVID-19)関連ビジネスリソースを見る」というリンクがあるのでタップします。リンクが見当たらなければ、ストーリーズを開いてスタンプトレーにある「食事の注文」からでも設定が可能です。

e.png

続いて「料理の注文サービスを提供」へ進みます。

m.png

続いてパートナーリンクの設定です。現在はUber Eatsのリンクのみ設定できるため、Uber Eatsサイトから自店舗のリンクをコピーして貼り付けましょう。貼り付けたら右上の「完了」をタップします。

g.png

プロフィールにアクティブボタンを設定するときは「プロフィールでアクティブ」へと進み、設定をONにすれば完了です。

i.png

アクションボタンはこのように表示され、ユーザーは「食事を注文」から注文サイトへ移動でき、いつでも注文を受け付けられるようになります。

ストーリーズに「食事を注文」スタンプを追加

次に設定したパートナーリンクをストーリーズにスタンプとして追加しましょう。

j.png

使い方は通常のストーリーズ投稿と同じ。ストーリーズを開いて画像等を選んだら、スタンプトレーを開きます。

c.png

「食事の注文」スタンプをタップ。

a.png

投稿に「〇〇から食事を注文」というスタンプが追加されるので、そのまま投稿しましょう。ストーリーズを見たユーザーはこのスタンプから注文サイトへ移動できます。

食事の注文機能の設定解除方法(休業の場合)

止むを得ず休業する場合には、設定していた「食事の注文」を解除することも忘れずに。

k.png

解除するには、パートナーリンクの編集画面で「パートナーリンクを削除」をタップするだけ。

パートナーリンクを削除することでプロフィールにあるアクションボタンが削除され、「食事の注文」スタンプが使えなくなる他、すでに投稿済みの「食事の注文」スタンプも無効化されます。

再開する場合には同じ方法で再設定も可能です。