2023年には、市場規模が5065億円になると予測されている動画広告は、まさに今、注目するべきプロモーション方法と言えるでしょう。拡大する市場規模を背景に、動画広告の効果測定のための様々なツールが登場しています。最近、活性化している市場ということもあり、どのような効果測定ツールがリリースされているのか、詳しく知らないWeb担当者の方も多いかもしれません。そこで今回は、動画広告の効果測定ツールをテーマにしました。

この記事をご覧いただければ、最新の動画広告の効果測定ツールについて把握できます。これから動画広告マーケティングに取り入れたいとお考えの方や、どのようなツールを使って効果検証をすればよいのかわからないという方は、ぜひ参考にしてください。

参考:サイバーエージェント、2019年国内動画広告の市場調査を実施|サイバーエージェント

おすすめしたい動画広告の効果測定ツール

動画広告の効果測定ツールは、それぞれに魅力的です。自社がどのような効果測定を望んでいるのかが明確であれば、迷うことも少ないでしょう。理想的なツールを選択するために、気になるものがあれば、オフィシャルサイトでより深い情報を確認してみてください。

ムビパス

image1.png

出典:ムビパス

ムビパスは、個人単位で動画の効果測定ができるところが特徴です。利用にあたっては、ユーザーに動画のURLやQRコードを送付し、動画視聴を可能にします。視聴の際にユーザーがメールアドレスを入力する仕組みであるため、個人別の閲覧データを取得できるのです。その取得データをもとに、ユーザーにアプローチができれば、ユーザーを特定しないアプローチと比べ、高い効果が期待できます。たとえば、新商品の動画広告を作成し、クライアントに送付して、どのクライアントが興味を持ち、購買の可能性が期待できるかを把握できるのです。反響を確認できるため、効率的な営業活動を実践できると言えます。

実施操作に関しては、管理画面から動画公開とURL発行をするだけの作業であるため、ITツールの利用が苦手な人でも困ることはないでしょう。なお、セキュリティにおいても暗号学的に安全な通信を実施するので安心して利用できます。提供開始時に社数限定で2ヶ月間無料のベータ版を受けつけるなど、まさに今注目するべきツールでしょう。

ノバセルアナリティクス

image4.png

出典:ノバセルアナリティクス

ノバセルアナリティクスは、クラウド型のTVCM効果測定ツールです。CMを放映しているときのWebサイトの訪問者数やコンバージョン数をCMクリエイティブや番組ごとに測定することができます。これまではっきりと測定できなかったテレビCMの効果を明確にできるため、企業はテレビCMの利用判断がしやすくなるでしょう。効果的な放映パターンを把握し、費用対効果が見込めないパターンを削除するなど、パフォーマンスのアップが可能です。

もともとはWebサービスを提供する企業向けのサービスでしたが、高まるスマートフォンアプリのニーズを受け、アプリのダウンロード計測にも対応しています。テレビCMの効果を可視化できる有力なツールです。

マゼラン

image5.png

出典:マゼラン

マゼランは、オンラインとオフラインの広告を統合して分析できるツールです。テレビCM、交通広告、動画広告、SNS広告などの様々な広告がどのくらい成果に貢献したのかを明確に把握することができます。オフライン広告の効果測定ができるので、これまで不明確だったテレビCMなどの効果も数値化が可能です。分析により売上アップに最適な予算配分を算出でき、効果的な広告投資が実践できるようになります。

操作面に関しても、広告分析に関する専門的な知識がない人でも安心です。さらに、専属コンサルタントやオンラインサポートがあるなど、安心して利用できる支援体制もあります。広告宣伝費トップ100社のうちの10%以上が導入している信頼性の高いツールです。

PlayAds

image6.png

出典:PlayAds

PlayAdsは、ユーザーの反応を定量的に可視化でき、動画ごとにどの程度の影響があったのかを比較することも可能です。動画を視聴するユーザーの反応を1秒単位で確認できるため、動画の改善点を明確に把握できます。ユーザーの心理を動かす場面がわかれば、根拠を持ったクリエイティブの制作が可能になるでしょう。

また、PlayAdsは、GMOプレイアドが提供する動画効果の最大化のために役立つクリエイティブ検証ツールです。GMOリサーチのパネルネットワーク「JAPAN Cloud Panel」と連携している動画検証ツールであり、1,845万の閲覧者からターゲティングをすることができます。対象を社員やロイヤルユーザーなど動画の視聴対象を限定して機密性を高めることも可能です。大手企業やベンチャー企業など、様々な規模の企業に利用されています。

ADPLAN

image3.png

出典:ADPLAN

ADPLANは、国内最大級の広告効果測定ツールであり、これまで累計1,500社が導入している実績があります。広告効果の計測や費用対効果の可視化ができるだけではなく、わかりやすいユーザーインターフェースなど、多くの優れた特徴を持っています。動画広告においては、ビュー計測、Webサイトユーザー行動に基づいたCVルールの設定や、提携モニターを利用したリサーチなど、ブランドのプロモーション効果の分析に活用できます。ビュースルーコンバージョンなどの波及効果の計測や、クロスデバイスのコンバージョン評価など、高性能な機能が魅力です。

オプトのアドプラン事業は、マーケティング効果測定プラットフォームとして有名なアドエビスを提供する株式会社イルグルムに譲渡されました。ADPLANは、2020年以降、アドエビスに移行していく予定になっています。

WebAntenna

image2.png

出典:WebAntenna

WebAntennaは、様々な広告の効果測定が可能なツールです。コンテンツマーケティング分析やカスタマージャーニー分析などの分析に優れているのも魅力です。YouTubeなどの動画の効果測定に関しては、時間単位で実施することができます。動画のどの部分でユーザーが離脱したのか把握できれば、確度の高い改善作業が可能になるのです。また、動画を視聴する前にユーザーがどのようなプロセスを踏んだのかを明確にし、有効な動きを把握できます。ユーザーの経路ごとに視聴状況を分析できることで、ユーザーに視聴を促す効果的な方法を確立できるでしょう。