日常的にSNSを利用している人が増えてきた現代で、強い影響力を持っているのがInstagram。Instagramを使って情報収集をする人もいるほど、人々の生活に強く根付いているSNSとなっています。そこで企業はInstagramに広告を打ち出し始めました。多くの人が目にするチャンスがあるので、上手く活用すれば大きな効果を得られるでしょう。

タイムラインに流れてくるフィード広告や、ストーリーズを利用した広告など様々な形式が利用されています。今回はその中からストーリーズ広告に注目し、メリットや活用事例について見ていきましょう。

Instagramストーリーズの3つの特徴

まずはストーリーズ広告を使う前に、今一度ストーリーズ機能の特徴を振り返っていきます。特性を知っていくことで、利用する際にどのような切り口で打ち出していけばいいのかが見えてくるはずです。

全画面で動画や画像を発信

ストーリーズは全画面表示が可能であることが特徴として挙げられます。画像や動画を大きく表示できることから、通常の投稿よりも、情報量を増やした発信が可能なのです。画面全体を大きく使ったクリエイティブな投稿も楽しまれています。

投稿がノンストップで流れていく

ストーリーズはフォローしているユーザーの投稿がシームレスに流れていきます。そのため1人の投稿を見終わったら自然な流れで違うユーザーの投稿を閲覧可能です。1タップで次の投稿に進めるので、フィード投稿よりも閲覧のハードルも低くなっています。

気軽な投稿が可能

ストーリーズは24時間限定で表示される機能です。フィード投稿とは違って、今感じたことをすぐに発信する場所として利用されています。

「映え」を意識した投稿がInstagramの特徴としても挙げられますが、写真投稿にハードルを感じる人も少なくありません。投稿を残すことを前提としていないストーリーズは参加もしやすいため、閲覧する人の数も多くなることが考えられます。

ストーリーズ広告の種類とフィード広告との違い

ストーリーズ広告には大きく分けて2つの種類があります。ストーリーズならではの広告の形が可能となっているので、状況に応じて使い分けていきましょう。フィード広告との違いについても解説していきます。

画像・動画広告

まずは画像・動画広告についてです。全画面に画像や動画を表示して流れる広告を意味し、サービスや商品についての訴求力があるものを投下していきます。画面全体を上手に活用してクリエイティブかつ商品の購買にも結びつけられる広告形式です。

カルーセル広告

カルーセル投稿は、先ほど紹介した画像・動画投稿を活用した広告を応用したものとなっています。10件までの動画や画像を一連の広告として打つことが可能なため、伝えたいメッセージを伝えるための世界観を構築できる方法です。

フィード広告との違い

Instagramで利用されている広告としては、フィード広告もあります。ストーリーズ広告とフィード広告の大きな違いは、全画面表示と投稿の閲覧方法です。フィード広告は基本的にアスペクト比4:5のサイズとテキストがメインになります。ストーリーズの方が画面を大きく活用可能です。

また閲覧方法に関しても、ストーリーズ広告が自動的に流れていくのに対し、フィード広告はスクロールをして投稿を閲覧することになります。ビジュアルで攻めるのがストーリーズ広告、投稿に注目したユーザーテキストを交えて訴求していくのがフィード広告といえるでしょう。