最新のトレンドは?

YouTubeのSEO対策について最新トレンドを整理しました。以前から変わらずに重要視されているものもありますが、近年多い取り組みにも注目してみましょう。

やはりコンテンツの品質が大切

コンテンツの品質が低ければSEOを頑張っても成果が出にくいでしょう。あくまでも、ユーザーにとって価値のあるコンテンツを提供することが重要なのです。これは動画もWebページも同じです。ユーザーが必要とする情報が掲載されている動画であれば、高評価の獲得や視聴回数の向上、視聴時間は長時間化など、動画としての評価も高くなる可能性があります。YouTube内においても人気のあるコンテンツとして、情報を求めるユーザーの目に触れるように露出の機会が増えるのがベストでしょう。

また、動画をページに埋め込んだだけではGoogleにわかりにくいので動画の内容をページ内にテキストで説明するなどの工夫もしておくべきでしょう。また、Googleに早期に認識してもらうために該当するページサイトマップ送信も必要です。Googleに動画コンテンツの価値を認識してもらうことを考慮したアクションが大切でしょう。

メタタグ等の最適化

YouTube内での表示順位をアップするために、SEO対策の要素となるタイトルや説明文、タグなどの要素を最適化することが大切です。動画のSEO対策、いわゆるVSEO(Video Search Engin Optimization)を徹底し、視聴が増える流れをつくりましょう。

そのためには、競合を分析することが大切です。YouTube検索で競合となる動画がどのようなタイトルや説明文、タグを使っているのか確認します。タイトルには最適なタグが入っているかだけではなく、ユーザーに響きやすい表現か等、アルゴリズムばかり意識せず、ユーザー視点で考えましょう。

最近は動画の活用が盛んであるがゆえに、サムネイル画像一枚でも、明らかに競合より目立つように工夫していると感じるものも多くあります。ユーザーに視聴してもらってこそ動画の意味が生まれるため、YouTubeの検索において、上位にくる動画や人気の動画をいつもチェックする視点を持つことが大切でしょう。

自社の保有するWebサイトに動画を埋め込む

YouTubeのSEOというわけではありませんが、YouTubeにアップした動画の活用について最近のトレンドをご紹介します。YouTubeにアップした動画をWebページに埋め込む方法です。しかし、動画をページに埋め込むだけでSEO効果を生むわけではなく、Webページの品質を向上させるために、ユーザーニーズにマッチしている動画を搭載するという考え方です。直接的なSEO効果はなく、間接的な効果を生むための手法だと理解しましょう。常にユーザーファーストであるべきという考え方を根底に持っていなければいけません。

米国のリサーチ会社であるForrester Researchが、動画が組み込まれたページは組み込まれていないページの約53倍の確率で検索結果の1ページ目に表示されてると発表しています。2010年の話なので、もうかなり前ではありますが、このような発表からも、動画埋め込みはSEOへの間接効果があるのではないかと感じるところです。また、Webサイトに埋め込むための動画を投稿するプラットフォームは、YouTube以外にもいくつかありますが、Googleの傘下にあるYouTubeが最適でしょう。

参考:動画のSEO効果について|SEOラボ