スタートアップ等が、コストをかけずにすぐにWebサイトを準備したい場合、WIxは手軽に使えるホームページ作成サービスとして便利です。しかし、無料もしくは安価で手軽に使える反面、ホームページとして重要な集客力がどれほどあるのかは気になるところでしょう。せっかくホームページを制作しても、ターゲットとなるユーザーにご覧いただける機会が生まれなければ意味がありません。SEOにどこまで対応できるのかは重要なポイントなのです。

10時間の作業を2分に!Keywordmap(キーワードマップ)でSEO流入増の対策をしよう

10時間の作業を2分に!Keywordmap(キーワードマップ)でSEO流入増の対策をしよう

Keywordmapは、自社だけではなく競合サイトの検索順位データや対策KWの抽出などにより、オーガニックの面並びにペイドの面での機会損失を防ぐことが可能です。効果的かつ効率的にコンテンツ制作を行いましょう。

そこで今回は、ホームページ作成サービスの中でも、世界で1億人以上に利用されているWixに注目します。この記事をご覧いただければ、WixならどのようにSEO対策に取り組めるのか等を紹介しますので、ぜひご参考ください。

Wix(ウィックス)とは

image2.png

Wix

Wix(ウィックス)とは、HTMLCSSなどの専門知識がなくても、誰でも簡単にホームページを制作できるサービスです。すぐにホームページを立ち上げたい方や、コストをかけずにWebサイト運営をスタートしたいといったニーズを満たすため、多くの人に支持されています。

基礎知識

Wixは、数あるデザインテンプレートを使い、ドラッグ&ドロップによる操作やテキスト入力などの簡単なステップで制作を進められます。モバイルへの完全対応やツールの高い機能性を誇りながら、無償でも使用できるため、日本でも様々なシーンで利用されているのを見かける機会が多いでしょう。世界で約1億人以上が利用しているほどの人気であることも納得できます。

便利な部分ばかりか?

Wixに限らず、テンプレートを埋めていくだけでWebサイトを作成できるサービスは、WordPressWebサイトを構築するよりも自由度が少ない面もあります。専門知識がない人にとっては選択するだけで、どんどん制作を進められますが、「もっとここを変更できないか」といったオリジナリティの求めるほど、使いにくいと感じる部分もあるでしょう。これは、デザインなどユーザーから見える外側の部分に限ったことではなく、サイト構築する上での内側の部分にも言えます。Wixを使った場合、SEOにどこまで取り組めるのかを気にする人も多いのではないでしょうか。