新しいホームページを制作するとき、まず取りかかるのが「ドメイン」の取得です。ドメインは、ホームページインターネット上での住所を表すものです。

特に企業やお店のホームページをつくるときは、オリジナルの「独自ドメイン」を取得する方も多いでしょう。

独自ドメインの取得サービスには様々な種類があり、どこを利用すればいいのか迷ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。サーバーと一緒に取得できたり、ホームページ制作に役立つオプションプランがあったり、それぞれ特徴があります。

今回は、独自ドメイン取得サイトをご紹介します。

独自ドメインとは

独自ドメインとは、インターネット上のホームページを認識するための独自のアドレス(住所)のことです。唯一無二のものなので、同じドメインは存在しません。

例えば、「ferret」のドメインは「(ferret-plus.com)」です。

今回は新規の独自ドメインを取得するサービスを紹介していますが、中古ドメインを取得して利用することもできます。その場合は、中古ドメインの過去のホームページ運用状況を確認するようにしましょう。

トップレベルドメイン

ドメイン名の「com」や「jp」、「net」などは、トップレベルドメイン(TLD)と呼びます。トップレベルドメインには様々な種類があります。
特定の領域や分野ごとに割り当てられた分野別トップレベルドメインgTLD)と、国別のコードに割り当てられたトップレベルドメインccTLD)に大別されます。例えば、日本のccTLDは「jp」です。

以下が代表的なトップレベルドメインの一例です。

gTLD 用途 登録条件
com 商業組織用 誰でも可
net ネットワーク用 誰でも可
org 非営利組織用 誰でも可
info 制限なし 誰でも可
biz ビジネス用 ビジネス利用者

トップレベルドメインの種類によって、周囲からの印象、取得条件、取得金額も変わります。ホームページの利用目的や、ドメイン名の文字列との組み合わせも考慮し、最適なものを選びましょう。

独自ドメイン取得の際に気をつけること

更新が必要

独自ドメインは取得後の登録期間が決まっているため、継続して利用する場合は更新が必要です。更新する場合は更新費用が発生し、更新しない場合はドメインが消失してしまうので気をつけましょう。

Whois情報(ドメイン登録者の情報)は誰でも閲覧可能

ドメインを取得するときには、登録者の住所や電話番号、名前などの「Whois情報」を登録しなければなりません。この情報は、インターネットで検索すれば誰でも閲覧できるようになります。企業であれば、企業情報と、問い合わせ先となる連絡先を入力すれば問題ありません。

ただ、個人事業主であったり、流出したくない個人情報であったりする場合は、Whois情報公開代行サービスを利用しましょう。これは、ドメイン所有者の個人情報の代わりに、Whois情報公開代行サービス会社の情報を掲載してくれるというものです。

独自ドメイン取得サービス8選

独自ドメイン取得サービスをご紹介します。それぞれ特徴やキャンペーンが異なるため、比較検討することをオススメします。

【1】お名前.com

ドメイン取るならお名前.com|ドメイン取得_最安値_1円!.png

お名前.com

お名前.comは、登録実績1500万件の国内最大級のドメイン登録サービスです。540種類以上のドメインから、目的に応じて選びことができます。管理ツールもあるため、セキュリティ対策のオプションサービスなども簡単に設定できます。

【2】ムームードメイン

ドメイン取得は_【ムームードメイン】最安値69円!.png

ムームードメイン

シンプルで管理しやすい、初心者でも使いやすいサービスです。毎月ドメインの割引サービスも行われているため、タイミングが合えば安価で取得することができます。同じ運営会社のレンタルサーバーも安価であるため、セットで手軽に利用できます。

【3】Star Domain(スタードメイン)

スタードメイン___格安ドメイン取得_580円~_税抜_ 無料サーバー付き!.png

Star Domain

「国内最安値に挑戦」のキャッチコピーの通り、ドメインを安価で取得できるサービスです。
取得したドメインごとに、サーバーを1つ無料で利用できます。できるだけコストを抑えてホームページを立ち上げたい方にオススメです。

【4】VALUE-DOMAIN(バリュードメイン)

独自ドメイン取得・管理ならVALUE_DOMAIN_バリュードメイン_.png

VALUE-DOMAIN

メール代行やSSL証明書など、豊富な機能が揃っているサービスです。同じ運営会社のレンタルサーバーとドメインの組み合わせの仕方で複数のコースを選べるため、自社の用途に応じて利用できます。

【5】Gonbei Domain(ゴンベエドメイン)

海外ドメイン取得、コンサルティングならGonbei_Domain(ゴンベエドメイン).png

Gonbei Domain

世界中の特殊なドメインも含め、約1,000種類のドメインを取得できるサービスです。海外のドメインも日本語のサイトで取得できるため、珍しいドメインを利用したい方にオススメです。

【6】アルファメール

独自ドメイン取得・管理(新規取得)|レンタルサーバーならドメイン取得0円の大塚商会.png

アルファメール

アルファメールは個人事業主を含む法人専用のサービスです。レンタルサーバーの運用費に独自ドメインの取得・管理・更新費用が含まれているため、一括で利用したい場合にオススメです。

【7】Xdomain(エックスドメイン)

ドメイン取得&無料レンタルサーバー_Xdomain_エックスドメイン_.png

Xdomain

エックスドメインで独自ドメインを取得すると、WordPressが使えるレンタルサーバーが無料で利用できます。ドメイン未契約でも利用できますが、利用できる機能の容量などは減ります。

【8】さくらインターネット

ドメイン取得なら安心と信頼の「.jp」「.co.jp」|さくらインターネット.png

さくらインターネット

創業20年以上の歴史のあるレンタルサーバー運営会社です。専用のSSL証明書もあり、セキュリティ対策もしっかりしているため、ドメインとセットで安定的に利用したい方にオススメです。

まとめ

独自ドメインは、基本的には一度取得したものを使い続けるので、しっかり検討して取得しましょう。
特にWhois情報の公開に関しては、個人情報も関わってくるため注意が必要です。

最適な独自ドメインを取得して、事業を更に成長させていきましょう。

この記事を読んだ方へおすすめ

無料ホームページ作成ツールはどれを選ぶべき?おすすめサービス15選

無料ホームページ作成ツールはどれを選ぶべき?おすすめサービス15選

最近では、ホームページ作成も無料で使えるツールで作れるようになりました。しかも、HTMLやCSSといった専門的な知識を必要とせずにホームページが作成できるツールも登場しているので、無料で簡単に作りたいという方にはおすすめです!今回は、テンプレートが豊富で無料で使えるホームページ作成ツールをまとめました。

【2019年版】ブログ作成でおすすめできる人気の無料サービスを22個比較

【2019年版】ブログ作成でおすすめできる人気の無料サービスを22個比較

最近では新しいブログサービスも増えてきており、改めてブログ活用を検討する時が来ているといえます。今回は数あるブログサービスの中でも、主要なもの22に絞ってそれぞれの特徴を紹介します。