Jimdo(ジンドゥー)のSEO設定方法

Jimdo(ジンドゥー)で行うべきSEOの設定方法を具体的にご紹介します。今回は無料プランで最低限行っておくべき部分です。有償を利用するか迷っていて、まずは無料からスタートという場合は、以下だけは確実に行っておきましょう。

タイトルとメタディスクリプションの設定

image1.png

Jimdo(ジンドゥー)の無料プランはサイト全体のタイトルページ概要(メタディスクリプション)を設定できます。タイトルSEOにとって非常に重要な役割を果たしますので、対策をしたいキーワードを含めて端的に構成します。メタディスクリプションはサイトの概要です。ユーザーからクリックされるように明確な記述が必要です。メニュー「パフォーマンス」の「SEO」を選択すると設定欄を表示できます。

見出しの設定

image3.png

ページ本文の中に見出しを設定することでコンテンツ内で重要なキーワードを強調できます。大見出しの下に中見出し、その下に小見出しが構成されるように配置しましょう。コンテンツを追加する際、「見出し」を選ぶと「大中小」が選択できます。

alt属性

image2.png

alt属性は画像が何を示しているのかを検索エンジンに伝えるための代替テキストのことであり、必ず設置しましょう。検索エンジンは画像の内容を理解できないため、代替テキストで設置して情報伝達をしなければいけないのです。画像を設定する際、「キャプションと代替テキスト」から設定できます。

Webサイトにとって必要なSEOを想定してプランを選択しよう

Jimdo(ジンドゥー)は手軽にホームページを立ち上げられる点ではとても優れたサービスですが、SEOを重視する上では利用プランを検討するべきでしょう。競合性が高くSEOに力を入れているサイトと競う場合は、有償プランであることはもちろん、そもそもJimdo(ジンドゥー)を使わないという選択肢も浮上するかもしれません。Jimdo(ジンドゥー)を使う場合は、今回ピックアップしたSEO設定を最低限行っておき、品質の高いコンテンツを作成することに力を注ぐべきです。Jimdo(ジンドゥー)をはじめとしたホームページ作成サービスは、その優れたパフォーマンスを活かすシーンを見極めるのが大切でしょう。