負荷テストツールとは

TV番組で紹介されたり、Yahoo!ニュース紹介されたりすると、ホームページのアクセスが急激に増えることがあります。

アクセス激増

そのときに、負荷に耐えられなければチャンスロスになってしまいます。せっかく紹介されたのに非常に勿体ないことです。

そうならないために、負荷テストをしてどれくらいのアクセスに耐えられるのかを知っておくことは、Web担当者としては重要なことです。

本記事では、負荷テストツールのオススメであるLoad Impactの解説と、その他のツール、負荷に耐えるためのサーバープランなどの情報をまとめました。

負荷テストしてみる!

>>On Demand Load Testing for Developers & Testers | Load Impact
負荷テストツール

Load Impactは、URLを入力するだけで、Webから負荷テストをしてくれる便利なツールです。

有料版が基本ですが、無料版でも月に5回までなら5分間の負荷テストを試せます。

プライス

実際にテストしてみましょう。

STEP1 Load Impactにアクセス

Load Impactにアクセスし、負荷テストしたいURLを入力し、「RUN free test」をクリックします。

URLを入力

STEP2 登録なしでも大丈夫

サインインしてください、と表示されますが、とくに登録なしでも大丈夫です。「No,start test」をクリックします。

ユーザー登録なしでも大丈夫です

STEP3 5分待ちましょう

5分間、どんどんと負荷をかけてくれます。いっぽうで、負荷がかかっているときは、通常ユーザーのアクセスも遅くなりますので、アクセスがあまりない時間帯に行いましょう。

どんどん負荷をかけてくれます

結果、16,520リクエストしてくれたことがわかります。これを個人でやろうと思うと大変なことです。

失敗をチェック

負荷テストの結果ページで詳細を確認します。ページ下のほうに負荷によりアクセスが失敗したURL(Failed)が表示されます。今回のテストでは大丈夫だったようです。

失敗はゼロでした

もし、大量にリクエスト受信に失敗しているようであれば、後述のリンクで紹介しました上位サーバーや上位プランなどを、検討すると良いでしょう。

負荷テストツールまとめ

Webサービス負荷テストツール

Load Impact

Load Impact
参考リンクOn Demand Load Testing for Developers & Testers | Load Impact
★ブラウザ利用、無料

アプリ型負荷テストツール

WCat 6.3

WCat 6.3 (x86)
参考リンクWCat 6.3 (x86) : The Official Microsoft IIS Site
★マイクロソフト製

Apache JMeter

Apache JMeter
参考リンクApache JMeter - Apache JMeter?
★Webサーバーの定番Apache製

FWPTT

FWPTT
参考リンクFWPTT web load testing framework
★無料、JavaScriptのアクセスなどにも対応

The Grinder

The Grinder
参考リンクThe Grinder, a Java Load Testing Framework
★無料、Java利用

httperf

httperf
参考リンクWelcome to the httperf homepage
★ヒューレット・パッカード製。リクエスト数を指定可能

JCrawler

Jクローラー
参考リンクJCrawler :: A perfect load-testing tool
★利用無料、クロール

負荷対策のサーバープラン

負荷にあまりにも耐えられないようであれば、負荷対策できるサーバープランへの変更も検討したいですね。トラフィックに応じて課金されるものなど、いろいろありますので、問い合わせしてみて下さい。

AmazonAWS

AmazonAWS
参考リンククラウドコンピューティング なら アマゾン ウェブ サービス | 仮想サーバー、ストレージ、データベースのための Amazon のクラウドプラットフォーム(AWS 日本語)

クラウドの定番。コストパフォーマンスなど含めオススメ。

VPS(仮想専用サーバ)のさくらインターネット

サクラのVPS
参考リンクVPS(仮想専用サーバ)のさくらインターネット

低価格マネージメントサーバーの定番。国内サーバーという安心感。

kagoyaクラウドブースター

kagoyaクラウドブースター
参考リンクトラフィックブースター | オプション | KAGOYA Internet Routing

必要なときだけ増やせて便利です。

このニュースに関連する記事

負荷対策とともに脆弱性についてもしっかりとガードしなくてはいけませんね。知らないうちにあなたのサイトがアタックの温床になっていたり、ウィルスをばらまいていたりしましたら、目も当てられません。賠償額がどれくらいになってしまうのか想像もつきませんね。