SNS時代と呼ばれるようになって久しい今、SNSをマーケティングに活用することはもはや当たり前になってきました。一方で、今でも多くの企業がメルマガを活用していている事実もあり、どちらも成果を出しています。

今回はマーケティングツールとしてSNSとメルマガを比較して、それぞれのメリット・デメリットや、マーケティングのコツを解説します。どんな層にどんなアプローチができるのか把握して、賢い戦略を立てましょう。

SNSとメルマガの違いは?

SNSのメリット

*SNSのメリットは情報がリアルタイムに発信でき、即時性と拡散力が高く、双方向のコミュニケーションができること。*インターネット上でのコミュニケーションを目的としたツールなので、自身のネットワーク上で「今」の情報をすぐに伝えられます。

フォロワーなどユーザーとの距離が近く、コミュニケーションが生まれることも親近感を高めるポイント。ユーザーとの親密度を上げることでブランドへの好感度も上がっていき、エンゲージメントが高まります。

また、シェアができるのもSNSならでは。ユーザー自身が「おもしろい」「人に教えてあげたい」と思える情報を発信できれば、まわりが情報を拡散してくれます。限られた宣伝広告費でも認知度を高められるのです。集客にはうってつけのマーケティングツールだと言えるでしょう。

SNSのデメリット

多くのメリットがあるSNSですが、もちろんデメリットもあります。SNSにはたくさんの情報が流れ続けているので、簡単に埋もれてしまいます。バズれば大きな効果が期待できますが、創意工夫をしなければどれだけがんばっても埋もれてしまい、見つけてもらうことすらできません。

いかにユーザーの心を掴むコンテンツを発信するかがSNSマーケティングの成否を決めます。ユーザーはどんな情報であれば有益だと感じるのか、顧客目線で考えて戦略を立てる必要があるのです。

また、なんとかSNSでコンテンツをバズらせることができても、一瞬のヒットで終わってしまいコンバージョンや定着、フォローにすらつながらないこともあります。SNSは無料で使えるツールなのでお金を払うまでのハードルが高く、ストレートな営業トークがしにくいこともあり、一回のアプローチだけで購入につなげるのは困難です。単に目立つだけでなく、サービスや商品の良さをどう伝えればお金を支払うレベルのファンになってもらえるか考えることが重要です。

メルマガ(メールマガジン)のメリット

それでは、メルマガにはどんな特徴があるのでしょうか? メルマガはSNSのように不特定多数に情報を届けるのではなく、メールマガジンに登録したユーザーに個別でクローズドな情報を届けます。そのため、ユーザーにとって情報の信頼性が高いです。

また、*わざわざメルマガに自分のメールアドレスを登録しているくらい興味関心を持っているユーザーに情報発信でき、成約率が高いのも大きなメリットです。*見込み顧客にアプローチして購買につなげたり、既存顧客に対してリピート購入を促したりすることができます。

メルマガ(メールマガジン)のデメリット

*メルマガのデメリットはメールアドレスを登録するハードルが高いことです。*SNSのように不特定多数には発信できないので、まずメルマガ登録のための集客を行う必要があります。SNSでメルマガの集客をするのもいいでしょう。

また、メルマガはSNSよりも情報のボリュームが比較的大きいため、運用にパワーがかかります。メルマガ担当者にリソースを割く必要があり、社内体制を整えなければなりません。メルマガで配信したコンテンツはSNSのように蓄積されないのも難点です。長期的に活用できそうな情報は、別途SNSやブログに残しておくのが良いでしょう。