先人の苦労から学びを得よう

インサイドセールスの失敗を招く7つのポイントについて、解説をしてきました。
しかし、それでも導入する企業が多いのは、「仕組み化」「数値化」「明文化」をするなど、フローをうまく構築することで営業効率が格段にアップするからです。
これからインサイドセールスに取り組もうとする企業は、ぜひ今回お伝えしたような、先人の苦労からラーニングを得て、自社の営業活動の成功へと繋げていってください。

関連記事

インサイドセールスとテレアポの違いとは?目的と導入のメリットを解説

インサイドセールスとテレアポの違いとは?目的と導入のメリットを解説

ビジネスにおいて集客は重要な要素となります。実際に顧客になりうる人がリストとしてあった場合に、働きかけることは不思議な行動ではありません。そこでインサイドセールスやテレアポといった手段が使われますが、どのような違いがあるのかは以外とわからないもの。そこで今回はこの2つの言葉の違いと、BtoBビジネスでも活用されるインサイドセールスを導入する際のポイントを紹介します。