インバウンドは英語で「入ってくる」という意味で、マーケティングの分野ではプル型(受け身)のマーケティング手法として使われます。

対極の存在であるアウトバウンドはいわゆるプッシュ型のマーケティング手法で、DMやメール、電話などのコミュニケーションツールを駆使して積極的に見込み客へのアプローチを行います。

従来、新規顧客を獲得するのはテレアポに代表されるようなアウトバウンド型の手法がメインでしたが、「顧客から問い合わせがくる」ように仕組みを作るインバウンドに注力する企業が増えつつあります。

ただし、インバウンドは受け身という特性上、コントロールしきれない部分もあります。
特性をよく理解した上で取り組みましょう。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

使い方

「これからはアウトバウンドだけではなくインバウンドマーケティングも行おう。」
インバウンドに使用するコンテンツを企画しよう。」
「IT技術の発達によりインバウンドに利用できるコンテンツのは様々なものがある。」