オウンドメディアやブログ運営を担当されている方は、日々のアクセスチェックはどのように行われていますか?
Googleアナリティクスで、以下の項目を確認されている方が多いのではないでしょうか。

  • ユーザーカテゴリでPVセッションユニークユーザー数を確認する
  • 集客カテゴリで流入チャネル、流入キーワードを確認する
  • 行動カテゴリでどのページヘの流入が多いのかを確認する
  • コンバージョンカテゴリでコンバージョン数、コンバージョン率を確認する etc...

日々これらの項目を確認し、ホームページ全体の状況を把握しておくことは、改善施策を考えるうえで非常に重要です。
しかし全体の状況だけでなく、ページ単位のミクロなチェックも忘れてはいけません。

Googleアナリティクスではページ単位の流入チャネルを非常に簡単に確認することができますが、少しだけ設定が必要なため、非常に便利ではあるのに気づきにくい機能です。

今回は、Googleアナリティクスでページ単位で流入チャネルを確認する方法を解説します。

関連記事

アクセス解析とは
アクセス解析における重要な用語
【2014年完全版】準備1分、毎日たったの3ステップ!簡単!Googleアナリティクス基礎指標

ページごとの流入数を確認する方法

まず、ページごとの流入数を確認します。
Googleアナリティクスの「行動」カテゴリをクリックし、「サイト コンテンツ」の中の「すべてのページ」をクリックすると、ページごとの流入数を確認できます。
0.png
流入数の多い順に表示されます。
 
(ディレクトリ別に閲覧したい場合は、「サイトコンテンツ」→「ディレクトリ」でディレクトリ一覧が表示されるので、そこから該当するディレクトリを選択します。)

ここから、各ページごとの流入チャネル、流入キーワードを確認する画面に入ります。

ページごとの流入チャネルを確認する方法

1.一覧から任意のページをクリックします。
ScreenClip.png

2.「セカンダリディメンション」をクリックし、表示される項目の中から「集客」をクリックします。
2.png

3.「集客」の中の「メディア」をクリックします。
3.png

4.流入の多いチャネルから順に表示されます。
4.png

5.「集客」の「参照元/メディア」をクリックすると、流入元のサイトURLとそれぞれのチャネルを同時に確認できます。
5.png