「これだけ!」系の記事はこれだけある

Googleアナリティクスくらい汎用性が高く、どのホームページ担当者にもかかわるツールですと、「これだけ見ておこう!」「知るべき~点」「必須のメニュー3選」といった定番の記事がたくさんあります。

参考リンクまずはココだけ抑える!Googleアナリティクスの見方5選
参考リンク初心者向け: Google Analytics のこれだけはおさえておきたい、使える10の指標
参考リンクGoogle Analytics(グーグル アナリティクス)でチェックするべき5つのポイント
参考リンクBtoBサイトのGoogle アナリティクス入門~アクセス解析で初心者が見るべき14指標~
参考リンク「Googleアナリティクス」の易しくて賢い使い方
参考リンクこれだけ見ておけばとりあえず大丈夫!僕が設定しているGoogleAnalyticsのカスタムレポート5つ

みなさんは、いくつ読まれましたか?

どの記事もとてもわかりやすくて参考になりますが、それでもなかなか取っ付きづらいのがGoogleアナリティクスな訳です。

先日、メンテナンスは入っていましたが、Googleアナリティクスの2014年の新機能実装もそろそろ落ち着いてきたようです。
今回は、「ここだけ見ればOK。簡単!Googleアナリティクス基礎指標」をご紹介します。

「これだけ見ればOK!」で対象としている人

まず前提なのですが、Googleアナリティクスはいろいろな立場の人が見られていると思います。

本記事では、以下のような方を想定して「これだけ」と限定的に言い切っています。

・ホームページを外注して作ってもらい、更新はほとんどしない。
・普段、ホームページを更新することはない。
・日々の作業はホームページ経由のメールのチェックと不定期の更新くらい。
・更新したいが兼務や多忙のため、上記のような状況になっている。

つまり、予算や時間をあまりかけられていない現状だが、検索エンジンなどで自社を見つけてもらうことができており、たまにポツポツと問い合わせが入ってくる、という方に最適です。

ホームページを作るときは時間や予算はかけられるが、更新やリニューアルの際には、なかなか時間や予算かけづらいものです。今回の記事はそういう忙しい方向けの、「これだけ」技です。

まずは準備、設定は1分で終了

これだけ見ればOKという指標でも、普段から効率よく見られないと意味がないです。そのためのまず準備をおこないましょう。
設定はたった4ステップ!Googleアナリティクスにログインしていれば、1分もあれば設定可能です。

参考リンクGoogle アナリティクス公式サイト - ウェブ解析とレポート機能

<STEP 1>集客メニューからキーワードを調べる

レポート画面で、集客>キーワードオーガニック検索 を選びます。期間指定はいつの期間でも大丈夫です。

Googleアナリティクスの集客メニュー

このメニューで、訪問に関与した検索キーワードがわかります。

<STEP 2>見はじめのページ=ランディングページも調べる

キーワード群が表示された表の左上にある「セカンダリディメンション」をクリックします。次に、メニュー内の検索窓に「ランディング」と入力し、「ランディングページ」を選びます。

セカンダリディメンション

「セカンダリディメンション」という言葉を初めて聞いたって方も多いかと思います。こういうところがWeb担当者として、Googleアナリティクスを遠ざける原因かもしれないです。ただ、いったん難しく考えず、先に進んでください

セカンダリディメンションとは、見たい重要データの2番目くらいにおぼえておけば大丈夫です。いろいろなデータが閲覧できるのですが、ここではアクセス状況把握にもっとも重要なランディングページ=見はじめのページを設定します。

<STEP 3>最大表示件数を増やす

表の右下にメニューがあります。そこを1000件などに増やしておきましょう。たくさん見られたほうが良いので、最初から多めに設定しましょう。

最大表示件数をマックスに

<STEP 4>ブックマークし、準備完了

普段から気軽に見られるように、お気に入り(ブックマーク)しておきましょう。インターネットエクスプローラーであれば、ウィンドウの右上の★マークをクリックして登録できます。

ブックマークしよう

これで、準備は完了です!

普段はこれだけ見ればOK!

次は日々の運用について説明します。上記の設定で準備は整っていますので、日々のチェックもたった1分ですみます。
出社して、メールチェックやFacebookの確認などと同様に、さくっとホームページのアクセス状況を把握していきましょう。

<STEP 1>お気に入りから再度アクセス

お気に入りから、Googleアナリティクスを選びます。

このとき、日付は設定した当時のままになっています。

<STEP 2>昨日だけの期間にする

キーボードの[D]を押し、つぎに[Y]を押します。

続けて押したり、同時に押したりしてはいけません。D、Y、とポチポチと押します。すると、日付が昨日に変わっているはずです。

これは日付を変更する便利ワザで、昨日のみのデータにするボタン操作になります。Yはイエスタデイのワイです。

[D][T] 今日(T=トゥデイ)
[D][Y] 昨日(Y=イエスタデイ)
[D][W] 今週を含まない先週(W=ウィーク)
[D][M] 今月を含まない前月(M=マンス)

便利ボタン操作は、このように覚えやすくなっています。

<STEP 3>レポートをチェックしましょう

たったこれだけで準備完了です。
どういうキーワードから訪問があり、どのページから見始められ、どれくらい成果があがったのかがわかるレポート画面を閲覧できるようになっています。

重要指標

赤丸で示されている部分が、訪問の状況です。ユーザーがどのようなキーワードで検索し、どんなページに来たのかをチェックできます。

また、多く表示されている(not provided)ですが、これはGoogle検索で、プライバシーに配慮したキーワード匿秘状態のことを指しています。これ以上知ることはできないので、割りきって、見始めページだけをチェックするようにしましょう。

赤丸の小さいアイコンをクリックすると、実際のページにジャンプできるので、「このページからよく見られているのか」と、体で覚えていきましょう。

ふだんのチェックはこれくらいでOKです。

なぜこれだけでいいの?

準備に4ステップ、日々のチェックに3ステップ、ほんとうに簡単です。

でも、これで本当に大丈夫なの?と不安に思うかもしれませんが、心配いりません。

なぜなら、成果については前述の前提で規定したように、メールで問い合わせがきますのでメールソフトをチェックすれば成果数は把握できるからです。

ホームページ運営で重要なことは、ユーザーがどういう経緯でホームページにアクセスし、どのページから見はじめ、ちゃんと成果をあげているのか、といった一連の流れに無理がないかどうかを、日々チェックすることです。

そして、それらの確認ポイントが、前述のレポート画面に含まれていますので、これだけ簡単でもいいのです。

普段は、「今日は問い合わせメールが多いぞ!じゃあ、Googleアナリティクスはどうなっているのかな。なんか昨日と違うキーワードでアクセスされてる!!」などと認識をできていれば問題ありません。

一番大切なのは毎日見ること
毎日Googleアナリティクスを見ることで、平常値を体で覚え、異なるアクセスがあったときに気がつけるようになります。そこではじめて改善アクションが行えます。

だいたいの安定した平常値を覚えるまでは、かならず毎日チェックしてください。チェック方法自体は簡単ですが、やることが重要なのです。

さらに押さえておくと良いこと

ホームページ内の回遊

Googleアナリティクス

時間があれば、以下のデータについてもチェックしましょう。上図の青色枠で示しています。

直帰率

そのページだけを見て去ってしまった割合。直帰率100%ですと、見始めページ以外は一切見ていない状況になります。

ページ/セッション

一回のアクセスで何ページ見られたのか、という平均ページビュー。「このページから見始められると、たくさんページを見てもらえている」などの気付きがあるはずです。

平均セッション時間

そのページを平均で何分くらい見てくれたかという時間です。ただ、1ページしか見られず離脱してしまったときは0分になりますので(Googleアナリティクスの仕様上)、参考程度に見ましょう。

成果=コンバージョン=ゴール

成果も設定されていればGoogleアナリティクスで見ることは可能です。

コンバージョン率/コンバージョン数

成果を達成した割合です。たとえば、青色枠でかこっている40%をこえる高いコンバージョン率の数字があります。視線を左に向けますと、見始めページは「7490.php」です。つまり、Twitterなどで不定期にこのページをオススメしてみると、さらに成果があがるかもしれません、というように改善の試行錯誤をすることになります。

訪問の経緯やホームページ内での回遊状況、そして成果と関連させて見ることで、改善のアプローチを行います。

コンバージョン設定(成果)は、カリキュラムに詳しく解説されています。未設定の方は、この機会に設定してください。高度な分析が可能になります。

参考リンクGoogleアナリティクスの目標(コンバージョン)設定をしよう

普段、Googleアナリティクスを見ていなかった方は、ぜひこの機会に定期チェックするようにしましょう。

この記事に関連するカリキュラム

FerretにはGoogleアナリティクスの設定方法や使い方など詳しいカリキュラムを用意しています。コンバージョン設定やSEOで重要な指標などやさしく解説されていますよ!