CMSコンテンツマネジメントシステム)は、HTMLCSSがわからない人でもWebコンテンツを管理・更新できるようにするシステムのことです。高度な知識がなくともホームページが作れて管理できるということで、多くの企業でも活用が広まっています。

最近ではMA(マーケティングオートメーション)に機能の1つとして組み込まれていることも珍しくなく、こうした背景からユーザーからのニーズ(導入決断時の優先度)の高さを改めて実感させられます。

一方で、数多くのサービスが乱立し、正直、どれを選べばよいのかわからない、という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、CMSを選定する際に押さえるべきポイントと、おすすめCMSを紹介します。

CMSの導入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

※各CMSの料金などの情報は2018年7月27日時点のものです。今後変更となる可能性がありますのでご了解ください
  
参考:
CMS(しーえむえす)|ferret マーケティング用語辞典

フリーCMS 11選

1.Ameba Ownd

ameba_ownd.jpg
https://www.amebaownd.com/

Ameba Owndはサイバーエージェントが提供するCMSツールで無料で利用することができます。Amebaブログと違いデザインの幅が広く、多くのニーズに応えられる特徴があります。

企業ブログだけでなく、ECサイト、ポートフォリオサイトなど、テンプレートを使うだけで作成が可能です。

2.One Page

onepage.jpg
https://one-page.cloud/

One Pageはドラッグ&ドロップで直感的にページを作成できるCMSです。21種類のページ用途からデザインを選ぶことができ、簡単にページを作成できます。
他ツールとの連携も特徴で、フォーム作成ツールのformrunと連携していたり、多言語化ツールのWovnを使った外国人向けのページ作成も可能です。

One Pageは2018年12月3日にサービスを終了しました

3.WordPress

wordpress.jpg
https://ja.wordpress.com/create/

WordPressは無料で利用でき、世界中で多くの人に使われているオープンソースのCMSでです。PHPで作られているため、HTMLとPHPが分かればカスタマイズもしやすいこと、Googleの推奨するCMSでとしても人気です。

4. SOY CMS

SOY CMS
https://www.soycms.net/

SOY CMSは、オープンソースライセンスのもと提供しているCMSです。どんな用途でも無料で使える手軽さと柔軟性・拡張性を特徴としています。

本体はコンパクトですが、SOY Shop/Appにより強力な機能拡張が容易に行えますので、物足りない部分があれば補うことが可能です。また、本体と独立してカスタマイズできること、バージョンアップが簡単なことも魅力的なポイントです。

必要な機能だけを追加し、無駄な機能を削ぎ落とすことで、細やかなニーズに対応でき、運用の手間を省くことができます。

オープンソースでありながら、コミュニティや利用企業、開発元によるサポートが受けられるので安心です。

5. Baser CMS

Baser CMS
https://basercms.net/

Baser CMSは「CakePHP」をベースに採用したオープンソースのCMSプラットフォームです。ホームページに必要なメールフォームブログ、管理画面といった最低限の機能を備えています。

クリエイター向けとして提供しているため、カスタマイズ性、メンテナンス性に優れています。また「CakePHP」を利用した経験がある方であれば、スキルを活用することが可能です。

全くの未経験者の方の場合、ある程度学習しなければ使いこなすことは難しいものの、クリエイターの力を借りれば簡単に更新が可能です。

6. Baked

Baked
http://bakedcms.org/

使いやすいオープンソースのCMSをお探しの方におすすめなのがBakedです。直感的に操作できることが特徴で、誰でも簡単にホームページが編集できます。インストールが完了すれば、あとは基本的なPC知識だけで編集ができますので、マニュアルを読んだり難しい学習は一切不要です。

コンテンツの並び替えがドラッグ&ドロップでできたり、クリックですぐ編集したりできます。デザイン構造もわかりやすいので、CMS初心者の方にも安心です。公式ホームページからデモ体験ができますので、一度試してみましょう。

デモ体験はこちら:http://bakedcms.org/demo

7. pWebManager

pWebManeger
http://www.pwebmanager.org/index.html

pWebManagerは、ハメコミ型で提供しているCMSです。一般的なCMSではサイト全体の構造を管理しますが、pWebManagerはコンテンツをはめ込む形となりますので導入障壁が低いのが特徴です。既存サイトに後付けで導入したい、一部だけが更新できればいい、というニーズにぴったりです。

また、オープンソースライセンスとなっていますので、無料で導入することができます。

8.concrete5

concrete5.jpg
https://concrete5-japan.org/

concrete5は、海外製のCMSです。Webサーバー上で簡単にWebページの管理や更新ができることを特徴としており、更新性の高いコンテンツの運用に向いているCMSです。

また、デザインやページのカスタマイズの自由度が高く、期間限定ページなどイレギュラーな動作をするページも簡単に作成できます。

9.Geeklog

geeklog.jpg
https://www.geeklog.jp/

Geeklogは、海外製のCMSです。PHP・MySQLで動作するCMSブログ制作からポータルサイト、グループウェアの開発にも利用できる汎用性の高さが特徴です。日本国内でも利用者が多く、導入方法やカスタマイズに関する情報が得やすいCMSでしょう。

簡単さを特徴としたCMSと比べ導入の難易度は高いですが、個性的なデザインや特殊な機能を実装したページ制作に活用できます。

10.Drupal

drupal.jpg
https://www.drupal.org/

Drupal(ドルーパル)は、PHPをベース言語に作られたCMSです。開発にはやや高度な知識が必要ですが、大規模なサイト開発に向いています。オープンソースのため、無料で利用することができます。

11. Open PNE

openpne.jpg
http://www.openpne.jp/about/

SNS機能に強みを持つのがOpen PNEです。NHKや教育機関などが利用していることも特徴です。オープンソースのため無料で利用することができます。

豊富な機能を持っていて、オープンSNSだけでなくクローズドSNSを作ることもできます。