Youtube広告の効果を測定するツール

広告を出稿するにあたって、効果測定は効率的な運用をしていくために必須といえます。しかしYouTube単体のアナリティクスでは、動画自体に関するデータしか得られません。そこで広告運用を助ける効果測定ツールを紹介します。

Play Ads

視聴者の感情を可視化できるツールとして打ち出されているのが、Play Adsです。視聴者の反応を数値で確認できることから、具体的な分析と施策を打っていくことを助けてくれます。またYouTubeアナリティクスとの連携で、YouTube上の動画の分析もスムーズにできることもポイントです。

さらに、約2,000万人のデータから職業や趣味など、あらゆる属性でセグメントができる機能もあります。自社のサービスに適した属性のユーザーを見極めたり、動画の効果を試したりと、さまざまな使い方ができるでしょう。

Play Ads

Databeat

複数のSNSをリンクさせて管理できるDatabeat。情報収集や分析はもちろんのこと、データの管理においても利便性が高い設計となっています。自動で収集及び出力されるデータをもとに次の対策を打つことができるため、手間の削減にもつながるでしょう。

ABテストなどを通して、効果的な施策を検証していくこともできるので、データを最大限に活用した広告運用を目指すのであれば、強い味方といえます。

Databeat

Youtube広告で効果を上げるコツ

ではYouTubeでの広告運用で成果を上げるためには何をすればよいのでしょうか。ビジネスとして動画発信をしていくのであれば、効果が出なければ意味がありません。そこでどのようなマインドで進めていけばよいのか、そのコツについて紹介します。

動画広告の目的に合ったKPIを設定しよう

広告の質を高めるためにまずはKPIを設定することが重要です。自社が何を目的として広告を打ち出しているのか。ここが明確になっていない状態で広告を出すと、費用だけがかさんでいき、失敗となる確率が高くなってしまいます。

逆にKPIを立てて目標が明確になっていれば、改善もスムーズにおこなえるでしょう。

効果を確認してPDCAを回そう

広告の成果に応じてPDCAを回していくことも重要です。広告を打ち出した初期は効果が出ないこともあるでしょう。そこで結果を出すために必要なのが、分析と改善です。KPIを立てて目標が明確となっているのであれば、そこに足りていない要素を見つけていくことが求められます。

例えば、より多くの人にアプローチしたいと考えている場合、高年齢層向けの動画を発信するのはYouTubeではナンセンスです。YouTubeを含むネット上のメディアを利用しているユーザーの多くが20代前後の人たちのため、その層に刺さる動画発信が効率的な運用につながります。

このように足りない要素を見つけたら改善する。そして結果を見て分析してさらに改善する。この流れを何度も繰り返していくことで、質を限りなく高めていくことが可能となるでしょう。

Youtube広告の2つの成功事例

それでは、YouTube広告を実際に活用していくにあたり、成功事例をもとに学習していきましょう。BtoCBtoBのケースで1つずつ紹介するので、取り入れられそうな要素があれば参考にしてみてください。

鴨頭嘉人

YouTubeで100万人登録を誇る鴨頭嘉人さんは、YouTube広告においてBtoC利用で成功した事例といえます。自身のセミナー動画を広告動画として出稿。そのキャラクターと魅力的なトークが話題を呼び、認知を拡大していきます。

結果としてそこから人気に火が付き、自身が運営しているビジネススクールの集客につなげるなど、YouTube広告を始めとするYouTube運用で大きな成果を上げています。

勤怠管理システムジョブカン

続いてBtoBのケースです。勤怠管理のサポートシステムであるジョブカンは、動画に印象的な内容を積極的に取り入れることで動画運用を円滑に進めています。企業が実際に抱えている課題を具体的に挙げることで、ただ印象的というだけで終わっていない点もポイントです。

目的に最適なテーマの選定とそれをどう表現していくのか。このように印象に残る表現を取り入れていくことも、結果として認知拡大やブランディングを促進していきます。