動画を活用したマーケティングが注目され始め、YouTubeの盛り上がりも年々高まり続けています。

動画を活用してビジネスで成果を上げたい企業をはじめ、多くのユーザーが動画広告を出稿する選択肢を考えていることでしょう。特にYouTube広告は狙ったターゲット層に、効率的に動画を発信できるという強みがあります。

しかし、多くの人にアプローチできる反面、動画がどれほど業績に影響を与えたのかわかりづらいという注意点もあります。

本記事では、YouTubeでの動画広告を上手に活用していくために、YouTube広告の効果を上げるためのポイントを解説します。成功事例も紹介するので、自社の運用に応用してもらえれば幸いです。

Youtube広告とは

まずはYouTube広告の基本から解説していきます。何かを始めるときには全体像を把握してから始めるのが鉄則です。広告の種類や特徴などを理解して、どのように広告を捉えていけばいいのかを学んでいきましょう。

Youtube広告の種類

YouTube広告と一口にいっても、掲載方法によっていくつか種類があります。今回はその中でも代表的なものを見ていきましょう。

インストリーム広告

もっとも馴染みが深い広告で、YouTube動画を再生する前に流れる動画広告のことです。「5秒でスキップできるタイプ」と「スキップできないタイプ」の2種類があり、自社の目的に合った選択ができます。

スキップ可能なタイプは最後までの視聴、スキップ不可能なタイプは見られた人の数で費用が決まります。

バンパー広告

最大6秒までの短い広告です。インパクトのある内容の動画に適しており、インプレッション型の課金形式となっています。非常に短い時間で流す広告ということもあり、「認知」「想起」「検索促進」といった効果が期待できます。

ディスカバリー広告

検索結果やおすすめ・関連動画欄でサムネイルが表示される形式の広告です。クリックされることで費用が加算されるため、動画の質はもちろん、サムネイルの質が重要となります。

他にもマストヘッド広告やアウトストリーム広告などもありますが、自社の運用に最適なものを選択するのが重要です。

Youtube広告の特徴

YouTube広告の特徴として一定の長さ以上、動画をみられることで、費用が計算されるという点があります。広告がターゲットに合っていない場合は、視聴者側がスキップすることも可能です。

狙った属性に近いユーザーは動画を視聴し、その費用を支払うため費用対効果が高い運用につながるでしょう。闇雲に動画を打ち出すよりも多くのメリットが得られます。

Youtube広告で期待できる効果

YouTube広告は、狙ったユーザー層にリーチしやすいといった特徴があります。人気の枠になれば費用は大きくなりますが、いづれにしても費用対効果が高い運用につながるでしょう。

また、動画特有の印象的な表現を取り入れることもできるので、テキストメインの表現とは異なるアプローチが可能です。認知拡大や成約の獲得など、目的に適した動画の発信をおこなっていきましょう。