YouTubeの動画広告はまだまだ参入が少ないものの、すでにプロモーション効果のある動画を配信している企業は大きな利益を得ています。また、YouTube動画を活用した広告を配信を検討する企業も増えていますが、まだまだわからないことだらけでしょう。

そこで、YouTubeの動画広告を配信する仕組みや料金、広告にかかる費用目安をご紹介します。記事の最後には、成果を上げるために押さえておく3つのポイントをご紹介します。「YouTubeを活用して自社商品やサービスをたくさんの人に認知してもらいたい」と考えている企業やウェブ担当者は、参考にしてください。

YouTube(ユーチューブ)動画広告の仕組み

YouTubeの動画広告は、視聴された時間や回数で料金が発生します。リスティング広告の場合は1クリックにつき何円という課金方法ですが、YouTubeの動画広告は、配信された動画広告の再生時間で料金が発生します。

逆に、YouTubeで配信している動画広告の再生時間が短ければ、課金料金が発生しないこともあります。では、YouTubeの動画広告にかかる料金についてを詳しくご説明します。

YouTube(ユーチューブ)動画広告の料金

YouTubeの動画広告は再生時間によって、料金が発生するかどうかが決まります。

・動画広告が30秒以上再生された場合
・6秒以内の動画が1,000回表示された場合

料金は平均で3円から20円ほど。後ほどご説明しますが、配信する動画広告によっては、1回の料金が300円を超えるものもあります。

ただ、ジャンルによっても異なりますので、一概に平均料金を提示することができません。例えば、旅行系の場合は単価が安くても、不動産系は単価が高いといったような事例もあるのです。

また、旅行系は1件あたりの単価が低いですが、不動産になるとマンションや一軒家の契約になりますので、単価が高くなります。その分、動画広告を配信する競合も多くなるので、1回の課金料金が異なる場合があるのです。

YouTube(ユーチューブ)動画広告の種類と料金目安

YouTubeで動画広告を配信した場合の料金目安をご紹介します。

YouTube(ユーチューブ)インストリーム広告の料金目安

インストリーム広告は、YouTubeの動画再生の開始時や途中に流れる「5秒後にスキップできる」動画広告です。料金の発生タイミングは動画広告が30秒以上再生された場合のみ。それ以前にスキップされた場合は料金が発生しません。

ただ、目的は広告を出稿してコンバージョンにつなげることです。動画がスキップされて広告費がかからないからといって、プラスになるわけではありません。その場合は、動画の内容を変更する必要があります。

インストリーム広告の入札単価は3〜20円ほど。そこから徐々に露出を増やし、単価をあげて調整していきましょう。

YouTube(ユーチューブ)ディスプレイ広告の料金目安

ディスプレイ広告とは、検索結果の最上部や関連動画の表示される広告のことです。

インプレッション数で課金料金が発生しますが、インストリーム広告を出稿すれば、自動的にディスプレイ広告も表示される仕組みになっています。

こちらも上記のインストリーム広告と同じく、広告の入札単価は3円〜20円ほどです。

YouTube(ユーチューブ)バンパー広告の料金目安

バンパー広告は、インストリーム広告と同じく、動画本編の再生中に流れる動画広告です。インプレッションが1,000回を超えた場合に課金料金が発生します。

ただ、バンパー広告は取り扱う広告のジャンルによって、入札単価が異なります。ですので、まずは最低限のユーザーにリーチをかけ、徐々に入札単価を引き上げていきましょう。

YouTube(ユーチューブ)アウトストリーム広告の費用目安

アウトストリーム広告とは、スマホサイズに特化した動画広告のことです。スマホユーザーに向けた動画広告を配信したい人にオススメです。

課金料金の発生条件は、画面をしめる広告の割合が半分以上(50%以上)で、動画再生時間が2秒を超えた時点で課金料金が発生します。アウトストリーム広告は、他の広告と比べて課金料金が発生するハードルが低いです。そのために、入札単価はできるだけ低く設定にしておきましょう。

YouTube(ユーチューブ)の動画広告で成果をあげる具体的な3つのポイント

YouTubeの動画広告を利用したとしても、成果をあげなければ意味がありません。また、できる限り広告に使う予算は抑えたいところ。「動画見てもらえたからそれでいい」だけでは満足しないはずです。

そこで、YouTube動画広告で成果をあげる具体的な3つのポイントをご紹介します。

誰に届けたいかを明確にする

YouTubeの動画広告で成果をあげるためには、誰に届けたいかを明確にする必要があります。俗にいう、ペルソナを設定するということです。ペルソナとはラテン語で人格という意味になりますが、ここでいうペルソナは明確なターゲット像を指します。

例えば、不動産投資を考えている人に向けて動画広告を作成する場合は、どのようなペルソナを設定すればいいでしょうか。例えば会社の役員クラスの方は当てはまるでしょう。このように、ペルソナを設定することで「誰に届けたいか」が明確になります。あとは、届けたい人のために動画広告を作成するだけです。設定したペルソナの興味を惹くコンテンツを作成することができます。

どうなってほしいかを明確にする

誰に届けたいかを明確にしたあとは、ターゲットにどうなってほしいかを考えることが大切です。例えば、先ほどの不動産投資を例に出すと、「不動産投資をするお金はあるけれど、やったことがないから不安」という方に、最終的にはどうなってほしいと考えますか。

「不動産投資をはじめて引退生活を送ってほしい」「権利収入を手に入れてほしい」と訴求することができれば、ユーザーは腑に落ちて、サービスの登録や商品の購入に繋がります。動画広告をクリックするユーザーは、「できるけどやらない」「不安だから登録しない」という方が多いです。そういった方が求めているものは、最後のひと押しです。YouTubeの動画広告で成果をあげるためには、ユーザーにどうなって欲しいかを明確にし、背中を押してあげる内容を織り込むようにしましょう。

YouTube(ユーチューブ)初めの5秒に動画の内容を詰める

YouTubeの動画広告は、初めの5秒が最も大切です。なぜなら、広告は出てきたところで「早くスキップして動画の本編を見たい」としか考えていないからです。

そこでスキップされないために、最初の5秒に動画の内容を詰め込むようにしましょう。わかりやすい例として、最初にインパクトのあるシーンを流すことが効果的です。例えば、最近よくでてくるVtuberを活用した動画広告を参考にするとわかりやすいです。

今流行っているVtuberを動画内に活用することで、ユーザーは興味を持つようになります。自分に関係のない内容でも、広告を視聴してしまうのです。それは、潜在的に「このサービスを利用したい」と考えているユーザーをコンバージョンさせることにも繋がるので、動画広告の初めの5秒は動画の内容を詰め込むとともに、インパクトのあるシーンを挿入しましょう。