「動画広告」は、実際に効果はあるのでしょうか。

多額の費用をかけて作られた動画に、運用費のかかる広告費。動画広告で成功した企業があるのかどうかを知ることができなければ、動画広告の運用に一歩踏み出すことができないのではないでしょうか。

そこで、動画広告の事例を5つ紹介します

動画広告の運用を成功させるポイントが隠されていますので、ぜひご一読ください。

動画広告の成功事例を5つを紹介

ここでご紹介する動画広告の事例は、全てYouTube動画広告を使用したものです。

「Facebookの動画広告を作りたい場合はどうすればいいの?」という声も上がるでしょう。

動画広告を作る基本的なプロセスや要点は変わりません。異なるポイントをあげるのであれば、動画広告を配信するターゲット層でしょう

スキーツアーの動画で集客アップ「Majestic Heli Ski」

Majestic Heli Ski」は、スキー専門のツアー会社です。

アラスカの遠隔地へとお客様をヘリコプターで送迎。広大な景色を眺めながらのスキーは圧巻です。高級感の溢れるロッジで過ごせるツアーを提供しています。

「Majestic Heli Ski」の動画は、その一連の流れを動画にしたものです

高画質の動画がアラスカの魅力を存分に伝え、スキー好きだけではなく、アラスカの大地に興味を持ったユーザーを集客することに成功しました。

その効果は、創業当時と比べて約400%以上の顧客を獲得。現在では、動画広告を運用したことで、毎年25%も売上が増大しています。

参考:Majestic Heli Ski: 動画広告を活用してビジネスを拡大 – YouTube 広告

たった5年で6,000ドルが1億ドルに「Tuft & Needle」

Tuft & Needle」は最高級品マットレスの専門店です。

この会社は、大学の友人であったPark氏とMarino氏が創設。マットレスを売り始めたきっかけは、自らが体験した高額のマットレスの質の低さにあります。

高額にも関わらず品質の低いマットレスを購入したことをきっかけに「最高級品でありながら買い求めやすいマットレスを作ろう」という思いで会社を設立。

顧客獲得にはYouTubeの動画広告を活用し、5年前にたった6000ドルで立ち上げた会社の売上は、1億ドルを超えました

動画広告では、自社の最高級品マットレスと、他社のマットレスを比較する動画を作成。

また、ターゲティングを慎重に行い、マットレスを購入してもらいたいユーザーに適切にアプローチをかけることに成功しました。

その結果、「Tuft & Needle」のマットレスを利用しているユーザーは100万人を突破しました。

参考:Tuft & Needle: 動画広告を活用してビジネスを拡大 – YouTube 広告

飼い主にもペットにも良いエリザベスカラー「Tulane’s Closet」

Tulane’s Closet」は、動物病院で働いていた、Stephanie Syberg氏によって設立されたエリザベスカラーの専門店です。

エリザベスカラーとは、犬や猫が手術をした後に首回りにつける円状のもの。

エリザベスカラーを使用したペットを飼っている方だと共感できる悩みに「障害物にぶつかってしまい、かえって危険」や「食事や水を飲むのが不便そう」などがあります。

そんな飼い主とペットの悩みを解決するために生まれた商品が、エリザベスカラーの代わりとなるペット用の服「Cover Me By Tui 」です。

商品のプロモーションには動画広告を使用。ターゲットをペット用品を探している、あるいは獣医にすることで注文が殺到しました。現在では、世界中の獣医500人以上の注文を請け負っています。

これも全ては動画広告を作成し、YouTubeというプラットフォームに運用したことがきっかけです。また、一日5ドル(日本円にして500円前後)の広告費から始めたのも驚きです

動画広告は基本的に「再生時間」によって費用がかかる仕組みです。例えば、YouTubeなら30秒以上。YDN(Yahoo!ディスプレイアドネットワーク)だと10秒以上再生されなければ、広告費は課金されません。

そのために、1日500円という低価格でも運用できます。質のいい動画広告を作ってしまえば、あとは勝手に集客してくれるシステムを作ることができます。

参考:Tulane’s Closet: 動画広告で商品が普及 – YouTube 広告

たった半年で14,000件の注文を実現「Missouri Star Quilt Company」

キルト生地の専門店「Missouri Star Quilt Company」の創業者であるJenny Doan氏。始めたきっかけは2008年の金融危機で大きな貯蓄を失ったことです。

全ての貯蓄を失ってしまったJenny Doan氏に、息子と娘が「大好きなキルトを使ってビジネスを始めたら?」と提案されたことを機に、「Missouri Star Quilt Company」を立ち上げました。

動画広告を始める前までは、地元の人しか訪れない小規模なお店でした。しかし、動画広告を始める否や、たった半年で100万人以上のインプレッション効果を実現オンラインで、14,000件以上の注文が入りました。

現在では400人以上の社員を抱える企業にまで成長。また、この企業の動画広告は難しい動画の編集は一切なく、「質のいい動画を作ることに技術はいらない」ことを体現してくれました。

参考:動画チュートリアルを掲載した MSQC の事例をご覧ください – YouTube 広告

ヘッドフォンメーカー「LSTN ヘッドフォン」

LSTN ヘッドフォン」は単なるおしゃれな木目調のヘッドフォンを作っている企業ではありません。「難聴」や「聴覚障がい者」の支援を行う、というビジョンのもと運営されているヘッドフォンメーカーです

また、支援を行うだけでなく、補聴器のカスタマイズも行っています。そのことを動画にし、YouTubeの動画広告に流すことで、YouTubeを利用するたくさんのユーザーに対してインプレッションを与えることできました。

また、共感を得られる動画を作成することで「支援をしたい」ユーザーにアプローチをかけ、売り上げの増大や聴力回復の支援金を作ることに成功。

これまでに、世界中で20,000人を超える人々に最高級の音質で「聴こえる喜び」を提供してきました。

動画広告は自社のコンテンツ(商品やサービス)を伝えるだけでなく、熱意や情熱で共感を得ることも大切です。「LSTN ヘッドフォン」の事例を参考にし、情熱的で読者の心を掴む動画を作成しましょう。

参考:動画広告を使用して新規顧客にアプローチしている LSTN – YouTube 広告

事例を元に魅力的な動画広告を作成しよう

この記事で紹介した5つの動画広告の事例を参考にし、自社を余すことなく伝えられる動画を作成しましょう。

特に、動画作成には時間がかかります。自社社員だけで作るとなると、かなりのコストがかかります。それは動画の作成を外注するとしても同じです。

この記事で一番伝えたいことは「自社コンテンツをありのまま伝える」ということです。情熱的あるいは、ただ自社を紹介するだけの動画でもかまいません。

過剰に良く見せようとはせず、自社のありのままを動画に収めましょう。そうすることで、動画広告を最大限に活用できるでしょう。

動画広告の種類を知る

動画広告は何種類あるの?メリットや注意点を紹介!

動画広告は何種類あるの?メリットや注意点を紹介!

リスティング広告やFacebook広告をはじめ、広告の種類はさまざまです。記事では代表的な、インストリーム広告、インバナー動画広告、インリード動画広告について紹介するとともに、そのメリットや作成する上での注意点についても説明していきます。