自社のサービスや商品を宣伝する方法はたくさんあります。リスティング広告やfacebook広告WebサイトSEO対策を施すことも宣伝方法として利用できます。動画広告もその中の一つ。

YouTubeの動画再生中に流れる広告やYahoo!アプリに流れる広告のことです。最近では同じ広告の中でも注目を浴びており、名だたる企業の参入が予測されます。

動画広告が注目される中、「動画広告を利用してみたいけど、どんな種類があるのかわからない」「動画広告を運用する意味ってあるの?」と疑問を抱いている方もおられるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、動画広告の種類から特徴、メリットや注意点を紹介します。「自社サービスや商品をうまく宣伝できていない」という企業やWeb担当の方は参考にしてください。

動画広告の3つの種類とそれぞれの特徴

この記事では、代表的な動画広告を3つ紹介します。

  • インストリーム広告
  • インバナー動画広告
  • インリード動画広告

インストリーム動画広告

インストリーム動画広告とは、プラットフォーム内での動画再生時に流れる広告のことです。動画広告の中で最も利用されています。

YouTubeの動画再生中に流れる広告を思い出してください。5秒後にスキップできるものもあれば、できないものもあるはずです。最近はスキップのできない「バンパー広告」が2回流れる広告も多いですが、YouTubeで流れる動画広告のほとんどは、インストリーム動画広告です

他にも、インストリーム広告はYahoo!アドネットワークディスプレイ。通称YDNと呼ばれるYahoo!のプラットフォームのみで配信されているものもあります。

特徴としては、動画というコンテンツの再生中に広告を流せるために多くのユーザーにプロモーションできます。YouTubeとYDNは周知できるユーザーが異なりますが、うまく利用すれば、自社のサービスや商品の周知やコンバージョンにつながります。

インバナー動画広告

インバナー動画広告とは、各プラットフォーム広告を掲載する枠に配信される動画広告のことです。動画広告の種類の中でも、配信後のスキップができないタイプです。

インストリーム広告のように、動画再生中に流れることはないためにプロモーションできるユーザーは少なくなります。

しかし、インバナー広告は自社のサービスや商品を知ってほしい、あるいは利用してほしいターゲットユーザーに動画広告を配信できます。

また、インバナー動画広告ユーザーの興味があるもの、必要としている広告を配信してくれるのでコンバージョン率が高いです

見てもらえる回数はインストリーム広告より減りますが、コンバージョン率が高いのは魅力的です。

インリード動画広告

インリード動画広告とは、記事中にある自動で再生される動画広告です。よく、ニュースのまとめサイトやアプリで記事を閲覧していると、途中で動画広告が流れることはありませんか。それがインリード動画広告です。

インリード動画広告の特徴としては、ニュースのまとめサイトやアプリを利用している全てのユーザーに視聴してもらえるわけではないということです。インリード動画広告は、画面に正しく表示されなければ、再生されません。

しかしながら、インリード動画広告ユーザーが見たくなるような工夫がされているので、記事コンテンツをしっかりと読み込むタイプのユーザーに対して効果的なプロモーションが可能です

オススメはインストリーム動画広告

上記で紹介した動画広告の種類の中でも、動画広告を初めて運用する方にはインストリーム広告がオススメです。理由は、プロモーションをかけられるユーザーが多い上に、ユーザーにとって気になる広告に対するCTAが高いからです。

動画広告を受動的に受け取るユーザーが多いですが、たくさんのユーザーにプロモーションをかけられることは魅力的。

たとえユーザーが「YouTubeの動画再生中に流れる動画が邪魔!」と思っていても、自分に関係する広告だと、広告を視聴する時間が伸び、行動を起こす可能性が高いのです

作成する動画広告によっては、自社のサービスや商品を認知してもらう、または利用してもらうといった目的は異なることでしょう。

動画広告には、それらの目的を達成してくれる力を秘めていますので、運用を始めたい方はまずインストリーム動画広告から始めてみましょう。