動画広告への注目が高まっている中、自社でも動画広告に挑戦したいというマーケターもいるでしょう。ここではそんな動画広告初心者がおさえておきたい動画広告とは何か、動画広告の種類や動画広告をする目的、運用するときの注意点について紹介します。

目次

  1. 動画広告とは
  2. 動画広告が注目される理由
  3. 動画広告の特徴
  4. 動画広告の種類
  5. 動画広告を運用する目的
  6. 動画広告を配信する媒体の特徴
  7. 動画広告を運用するときの注意点
  8. 動画広告を有効活用しよう
  9. YouTubeやFacebookの動画広告について学ぶ

これからSNS動画を始めたいと考えている方は以下のPDF資料を参考にしてください。

SNS動画広告完全ガイド

SNS動画広告完全ガイド

マーケティング担当者のためのSNS動画広告完全ガイドについて解説致します。

動画広告とは

動画広告とは、静止画やテキストではなく、動画を使った広告のことです。Webサイト、またYou TubeやFacebook、InstagramなどのSNSで多く活用されています。

動画広告が注目される理由

動画広告が注目されるのにはいくつか理由があります。まずは動画広告自体の特徴による理由です。動画は静止画やテキストに比較し視聴者に印象を残しやすいということ、そしてクリック数や再生数などが把握できるため”効果検証がしやすい”ことがあげられます。

次に社会環境による理由です。多くの人がスマートフォンやタブレットなどのデバイスを所有するようになったこと、wifi環境や5Gの到来などネット環境の向上により大容量通信が可能になったため、高画質動画を配信しやすくなったことがあげられます。

動画広告の特徴

動画広告にはどのような特徴があるのでしょうか。ここでは主な3つの特徴について紹介します。

静止画やテキストより多くの情報を伝えられる

動画は静止画やテキストより多くの情報を伝えることができ、視聴者に印象を残すことができます。静止画やテキストでは表現が難しい商品の使い方や使い勝手の良さの説明、サービスでは実際にサービスを行っている状況などを伝えることができるので、動画広告は具体的な説明、イメージなどの多くの情報量を伝えるのに適した広告と言えます。

サービスや商品のストーリーを伝えやすい

どのような思いでこのサービスを行っているのか、どのような工程で商品が作られているかなどサービスや商品のストーリーを伝えると印象は強くなり、心が動かされやすくなります。動画では静止画やテキストでは難しいストーリーを伝えることができるため、視聴者の心に響く広告になります。

施策後の効果検証がしやすい

広告であれば効果検証が必要です。動画広告はインプレッション数(広告の表示回数)、クリック数、再生数、再生時間、コンバージョン数など効果が定量的に把握できるため、効果検証がしやすいという特徴があります。目標の数値に達しているかどうかの確認とともに、例えば再生時間が短ければ視聴者が離脱した要因を見つけクリエイティブの改善を検討するなど、効果的な動画広告にするためにPDCAを回すことができます。

動画広告の種類

この記事では、代表的な動画広告を3つ紹介します。

  • インストリーム動画
  • インバナー動画
  • インリード動画

インストリーム動画

image1.jpg

インストリーム動画広告とは、プラットフォーム内での動画再生前後や途中に流れる広告のことです。動画広告の中で最も利用されています。

YouTubeの動画再生中に流れる広告を思い出してください。5秒後にスキップできるものもあれば、できないものもあるはずです。最近はスキップのできない「バンパー広告」が流れる広告も多いですが、YouTubeで流れる動画広告のほとんどは、インストリーム動画広告です

インストリーム動画広告の配信タイミングは3種類あります。動画の再生前に広告が流れるプレロール、視聴している途中に広告が流れるミッドロール、動画の再生後に流れるポストロールです。プレロールは動画本番前に流れるため視聴率が高くなります。そのため認知獲得の目的で活用するのがいいでしょう。ミッドロールは動画の途中で広告が流れるため、動画の続きを見たい視聴者にとっては離脱しづらいタイミングです。だからこそ視聴者が興味を持って視聴できる広告を配信したいものです。ポストロールは動画の再生後に流れるため離脱率が高くなります。離脱率を減らすためには動画と親和性のある広告を配信し、コンバージョン獲得を狙いましょう。

インバナー動画

image3.jpg

インバナー動画広告とは、各プラットフォーム広告を掲載する枠に配信される動画広告のことです。動画広告の種類の中でも、配信後のスキップができないタイプです。

インストリーム広告のように、動画再生中に流れることはないためプロモーションできるユーザーは少なくなります。

しかし、インバナー広告は自社のサービスや商品を知ってほしい、あるいは利用してほしいターゲットユーザーに動画広告を配信できます。

また、インバナー動画広告ユーザーの興味があるもの、”必要としている広告を配信してくれるのでコンバージョン率が高いです”。

見てもらえる回数はインストリーム広告より減りますが、コンバージョン率が高いのは魅力的です。

インリード動画

image2.jpg

インリード動画広告とは、記事中にある自動で再生される動画広告です。よく、ニュースのまとめサイトやアプリで記事を閲覧していると、途中で動画広告が流れることはありませんか。それがインリード動画広告です。

インリード動画広告の特徴としては、ニュースのまとめサイトやアプリを利用している全てのユーザーに視聴してもらえるわけではないということです。インリード動画広告は、画面に正しく表示されなければ、再生されません。

しかしながら、インリード動画広告ユーザーが見たくなるような工夫がされているので、記事コンテンツをしっかりと読み込むタイプのユーザーに対して効果的なプロモーションが可能です。

オススメはインストリーム動画広告

上記で紹介した動画広告の種類の中でも、動画広告を初めて運用する方にはインストリーム動画広告がオススメです。理由は、プロモーションをかけられるユーザーが多い上に、ユーザーにとって気になる広告に対するCTAが高いからです。

動画広告を受動的に受け取るユーザーが多いですが、たくさんのユーザーにプロモーションをかけられることは魅力的。

たとえユーザーが「YouTubeの動画再生中に流れる動画が邪魔!」と思っていても、自分に関係する広告だと、広告を視聴する時間が伸び、行動を起こす可能性が高いのです

動画広告を始めたい方はまずインストリーム動画広告から始めてみましょう。

動画広告を運用する目的

動画広告の特徴を理解したとしても、動画広告をなぜするのかという目的をしっかり持った運用を行わないと、効果的な動画広告になりません。ここでは動画広告を運用する目的について紹介します。

商品・サービスの認知拡大やブランディング

まずは商品・サービスの認知拡大やブランディングを目的にした動画広告です。商品・サービスの認知度拡大の場合は、視聴者の興味を引く内容の動画を作成し、商品・サービスに気づいてもらう、知ってもらうことが重要となります。ある程度認知のある商品・サービスについてはブランディングを目的にした動画広告もあります。この場合は商品・サービスのイメージを伝えることが重要になります。企業のイメージを伝えることで、この企業が提供している商品・サービスだから安心という伝え方もあるかもしれません。商品・サービスの認知拡大やブランディング目的の動画広告の場合は、商品・サービスのメリットなど購入を促すようなメッセージを入れないほうが効果的です。

商品・サービスの売上促進

商品・サービスの売り上げ促進が目的の場合は、認知拡大やブランディングが目的の場合とは異なり、イメージを伝えるのではなく商品・サービスの特徴、購入するメリット、使用感などを伝えることが重要です。いかにその商品・サービスが視聴者にとって必要なものなのかを伝え、購入に導く動画を制作しましょう。

動画広告を配信する媒体の特徴

動画広告を配信できる媒体は複数あります。各媒体によって特徴が異なります。特徴を理解することで、自社の動画広告に合った媒体を選ぶことが必要です。ここでは4つの媒体について特徴を紹介します。

Instagram

Instagramの日本国内における月間アクティブユーザー数は、3,300万人を突破しています(2019年3月時点)。日本の利用者は男性が43%、女性が57%で女性がやや多くなってます。利用者は若年層が多いですが、比較的広い年代層で利用されています。Instagramは写真や動画を投稿するSNSであるためユーザーの写真や動画への意識が高く、配信する動画広告のクリエイティブを重視する必要があります。Instagramの動画広告ではインストリーム動画が利用できます。

YouTube

You Tubeの日本国内における月間アクティブユーザー数は6,500万人以上です。(2020年
9月時点)圧倒的なリーチ数、幅広い年代層に利用されていることがYou Tubeの特徴です。また他のSNSに比較し利用回数や長時間利用していることから広告と接する機会の多いことが期待できます。動画を視聴する前後や途中で広告が入るので、自然と目に入ることも動画広告を配信する側にとっては大きなメリットと言えるでしょう。You Tubeの動画広告ではインストリーム動画が利用できます。

Facebook

Facebookの日本国内における月間アクティブユーザー数は、2,600万人を超えています。(2019年4月時点)Facebookのユーザーの特徴は他のSNSに比較し若い世代の利用が少なく、40~50代のビジネスパーソンがユーザーの中心であることです。またターゲットの設定が細かくできるのも特徴です。Facebookの動画広告ではインストリーム動画が利用できます。

TikTok

TikTokの日本国内における月間アクティブユーザー数は、950万人です。(2019年2月時点)Tik Tokのユーザーの特徴は10~20代の女性が多いということです。またユーザー自身が積極的に動画を投稿する媒体のため、動画広告に対しての抵抗感を持ちにくいことも特徴です。まだ他のSNSに比較しユーザー数は少ないですが、10~20代にリーチしたい場合は活用できる媒体と言えるでしょう。Tik Tokの動画広告ではインリード動画が利用できます。

▼SNS動画広告についてさらに詳しく知りたい方は

【これから始めたい方必見】SNS動画広告完全ガイド

【これから始めたい方必見】SNS動画広告完全ガイド

マーケティング担当者のためのSNS動画広告完全ガイドについて解説致します。

動画広告を運用する際の注意点

動画広告を運用する際に2つの注意点があります。

1つは「とりあえず動画をあげてみる」ということです。動画広告を運用するためには高品質な動画を制作する必要があります。実は動画広告の運用にかかる費用の大半は動画制作費です。

自社で動画を制作すればそこまで費用がかかることはありませんが、「とりあえず作ってみた」ような低品質な動画は、たとえ運用を始めたとしても誰にも見られませんし、コンバージョンまで至りません

ですので、できる限り高品質な動画を制作するよう意識しましょう。

2つ目は、ターゲットを明確にするということです。動画広告のターゲットが決まっていなければ、コンバージョンされにくい広告になってしまいます。

猫を飼っている人に、ドックフードを勧めても買わないはずです。キャットフードを勧めなければなりません。このように、ターゲットを明確にし、自社のサービスや商品にあった動画を制作しなければ、コンバージョンにつながりません

自社のサービスや商品にマッチするユーザーを真剣に考え、ターゲットを慎重に設定しましょう。動画を制作するのはその後です。

動画広告を有効活用しよう

この記事では、動画広告とは、動画広告が注目される理由、動画広告の特徴、種類、動画広告を運用する目的、各媒体の特徴、動画広告を運用する際の注意点を紹介しました。今後も成長し続ける動画広告を有効活用することで、企業の認知や売上の向上につながります。

動画広告の種類ごと、媒体ごとの特徴を生かし、自社のサービスや商品にマッチする運用方法を選びましょう。その際には、運用の際の注意点に気をつけてください。

YouTubeやFacebookの動画広告について学ぶ

Yahoo!動画広告とは?掲載場所から費用システムまで徹底解説

Yahoo!動画広告とは?掲載場所から費用システムまで徹底解説

Yahoo!が提供している、Yahoo!ディスプレイアドネットワークについて説明します。表示される場所や料金システム、運用時に押さえておくべきポイントなどを紹介していきます。

▼SNS動画広告についてゼロから学ぶたい方へ

【これから始めたい方必見】SNS動画広告完全ガイド

【これから始めたい方必見】SNS動画広告完全ガイド

マーケティング担当者のためのSNS動画広告完全ガイドについて解説致します。