YouTubeは世界最大の動画プラットフォームで、全世界で10億人以上が利用していると言われています。

そこに広告を出稿することは、自社のサービスや商品を多くの人に知ってもらえる効果的な手段です。

この記事では、動画広告をYouTubeに出稿する流れや方法を紹介します。

YouTubeとは?

まずは動画広告をYouTubeで出稿する前に、YouTubeについて簡単に説明しておきます。

世界中に利用者を抱えているYouTubeは、YouTube社が制作、運営を行っているサービスです。2006年にGoogleに買収され、Googleの様々なサービスと連携を行うことが可能になりました。

YouTubeの動画広告とは?種類・特徴・課金のタイミングを解説

YouTubeの動画広告といっても、その種類は様々です。動画を再生する前に表示される広告や、関連動画に出てくる広告など表示方法も異なります。

また、課金のタイミングや種類によって特徴も異なるので、それも合わせて解説します。

YouTubeの動画広告1:インストリーム広告

インストリーム広告とは、動画の本編を再生中に流れる広告です。5秒後にスキップできることが特徴です。

インストリーム広告の課金のタイミングは、広告が5秒後にスキップされず、30秒間流された場合です。視聴しているユーザーが30秒以内にYouTubeの動画広告をスキップした場合は、広告費が課金されません。

メリットとしては、ユーザーが視聴した動画に差し込まれるので、確実に目に留まることです。しかし、広告をスキップするユーザーが多いので、動画広告を最後まで見てもらうことは難しく、デメリットとも言えます

Youtubeのインストリーム広告について理解しよう

YouTubeの動画広告2:ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは、検索結果のトップや関連動画のサムネイルの左下に「PR」として表示される広告です

インプレッション数で課金されるタイプの広告になりますが、上記で説明した「インストリーム広告」を出稿すればどちらも表示されるようになっています。また別途課金が必要でないことが特徴です。

検索結果のトップや関連動画に出てくる広告であるために、インストリーム広告と比べてユーザーの目に留まることが少ないです。

しかし、動画を視聴してもらうことさえできればコンバージョンに繋がる確率は高いので、質の高い動画広告を作成しておく必要があります。

YouTubeの動画広告3:バンパー広告

バンパー広告とは、インストリーム広告と同じく、動画本編の再生中に流れる広告のことです。表示回数が1,000回を超えた時点で課金される仕組みです。

また、特徴としては、広告の6秒以内のスキップができないという点が挙げられます。というのも、バンパー広告は6秒以下の短めの動画広告です。例として、スマホゲームアプリのスキップができない動画広告をイメージしてください。

そのために、ユーザーがバンパー広告をスキップすることができませんので、6秒以内で内容を凝縮した動画広告を作成する必要があります

YouTubeの動画広告4:アウトストリーム広告

アウトストリーム広告とは、スマホサイズに特化した広告のことです

アウトスクリーム広告は上記で紹介した他の広告とは違い、動画の50%以上の面積を2秒以上再生された時に課金が発生します

特徴としては、YouTube以外の様々なメディアに掲載できることです。モバイルユーザーに向けたメディアで認知されることも多く、プロモーション効果を最大限に活かせる広告になります。

YouTubeの動画広告を始める前に準備しておくもの

YouTubeの動画広告を始める前に準備しておくものが2つあります。

・YouTube広告用の動画作成
・Google広告(旧Googleアドワーズ)の登録

自社サービスや商品のプロモーション効果を最大限に発揮するYouTube広告用の動画と、広告を配信するためのプラットフォームGoogle広告」への登録が必要です

YouTube広告用動画の作成

YouTubeに動画広告を配信する場合は魅力的でいかに視聴者の興味を惹きつけるか、ということが大切です。

また、YouTubeの動画広告を配信する場合は、作成した動画は先にYouTubeにアップロードしておく必要があります。

動画を配信する方法は、YouTubeのトップの右上にあるビデオカメラのボタンをクリックし、「動画をアップロード」でYouTube上に動画をアップすることができます

Google広告への登録

Google広告に登録しておかなければ、どれだけ魅力的な動画広告を作成しても配信することができません。

以下の記事では、Google広告の具体的な登録方法を紹介しています。

Google広告(旧Googleアドワーズ)とは〜いまさら聞けない基礎知識と広告出稿までの流れを解説

動画広告をYouTubeに出稿する流れ

実際に動画広告をYouTubeに出稿する流れを紹介します。

Google広告(旧Googleアドワーズ)で新しいキャンペーンを作成する

まずはGoogle広告青い枠組みのプラスボタンをクリックし、新しいキャンペーンを作成しましょう。

image3.png

キャンペーンタイプを選択

次にキャンペーンタイプを選択します。YouTubeに動画広告を配信する場合は「ブランドと認知度のリーチ」から「動画」をクリックしましょう

image1.png

広告配信の具体的な情報を入力する

次に、広告配信に関する具体的な情報を入力しましょう。入力する内容は以下の通りです。

・入札単価
・リーチする国と地域
・広告のスケジュール
・配信期間
・配信場所

これらの具体的な情報を入力しましょう。

image4.png

YouTubeにアップロードされた動画で【動画広告の作成】を開始

YouTubeにアップロード済みの動画のURLを指定の場所に貼り付けましょう。その後、広告経由でどのページに誘導したいのかを設定します。

image2.png

最後に「保存して次へ」をクリックすれば、YouTubeを活用した動画広告の配信設定は完了です。あとは、広告が適切なものか審査が入り、クリアすれば動画広告が配信されます。

動画広告を配信して自社のサービスや製品の認知度をアップさせよう

サービスのローンチや新商品の発表には、動画広告がオススメです。バナー広告などに比べると作成の難易度が上がりますが、ユーザーの目にとまりやすい効果的な動画広告をつくることによって、商品やサービスの購買、契約につながります。

どの種類の動画広告が自社に適しているかを検討し、YouTubeに動画広告を出稿してみましょう。

この記事を読んだ方におすすめ

YouTubeの動画広告はまだまだ参入が少ないものの、すでにプロモーション効果のある動画を配信している企業は大きな利益を得ています。また、YouTube動画を活用した広告を配信を検討する企業も増えていますが、まだまだわからないことだらけでしょう。そこで、YouTubeの動画広告を配信する仕組みや料金、広告にかかる費用目安をご紹介します。記事の最後には、成果を上げるために押さえておく3つのポイントをご紹介します。「YouTubeを活用して自社商品やサービスをたくさんの人に認知してもらいたい」と考えている企業やウェブ担当者は、参考にしてください。