グーグルアドワーズ(Google Adwords)というものを聞いたことはありますか?

グーグルアドワーズは、Googleが運営する広告主向けの広告出稿サービスのことです。グーグルアドワーズを使えば、予算が少なくても広告出稿を出すことができますし、効果が悪ければすぐに広告出稿を取りやめることも出来ます。今回はこのグーグルアドワーズ(現在はGoogle広告)の基本と、実際の出稿までの流れを解説していきます。

※2018年7月24日より、グーグルアドワーズ(Google Adwords)の名称はなくなり、「Google広告」に変更となりました。

目次

  1. Google Adwords(グーグルアドワーズ)(現Google広告)とは
  2. Google(グーグル)の主な掲載先
    1. Google(グーグル)の検索結果
    2. Google Adwords(グーグルアドワーズ)の提携Webサイト
  3. Google Adowords(グーグルアドワーズ)の料金
  4. Google Adowords(グーグルアドワーズ)の特長
    1. 低予算で広告出稿できる
    2. ターゲットユーザーだけに広告出稿できる
    3. 地域、時間帯を決めて広告出稿できる
    4. 広告内容を常に変更できる
    5. 有名なサイトへも安価に広告出稿できる
    6. ミドルワードやスモールワードを狙うことで効率化しやすい
  5. 掲載出来る広告の種類
    1. テキスト広告
    2. イメージ広告
    3. 動画広告
    4. リッチメディア広告
  6. Google Adowords(グーグルアドワーズ)への広告の出し方
    1. Google(グーグル)アカウント作成の流れ
    2. 最初のキャンペーン設定
    3. 料金の支払方法設定
    4. 最終的な確認

Google Adwords(グーグルアドワーズ)(現Google広告)とは

グーグル広告のキャプチャ
Google広告

グーグルアドワーズとは、Googleが提供しているクリック課金の広告サービスです。2018年7月24日より「Google(グーグル)広告」の名称に変更されました。

グーグルアドワーズを使えば、Google検索結果Googleと提携しているWebサイトブログなどにも広告を掲載することができ、テキスト広告やイメージ広告、動画広告、リッチメディア広告といった4種類の広告を掲載することができます。

また、クリックされた回数と入札単価を掛けあわせた金額をGoogleに支払うクリック課金制を用いているのが特徴です。

Google Adwords(グーグルアドワーズ)(現Google広告)の主な掲載先

Google(グーグル)の検索結果

adwords01.png
グーグルアドワーズの主な掲載先は2つあります。1つがGoogle検索結果です。

Google検索結果の場合上記赤枠で囲まれた部分に表示されます。「広告」という文字が緑のラベリングされていますが、この枠です。この枠に出稿される広告は、ユーザーの検索キーワードを出稿主側が指定して出すことが出来ます。

Google Adwords(グーグルアドワーズ)(現Google広告)の提携Webサイト

adwords02.png
もう1つが、グーグルアドワーズと提携しているWebサイト広告枠に表示されるものです。
この枠の広告は提携Webサイトの種類を指定して出すことが出来ます。

Google Adwords(グーグルアドワーズ)(現Google広告)の料金

グーグルアドワーズの料金は、広告ユーザーにクリックされた回数の料金をGoogleに対して支払います。クリック課金制になるので、クリックがされなければ料金が発生せず無駄なコストを払う必要がない特徴があります。

よって、自分たちのターゲットユーザーのみにクリックされるように、広告文章や出稿キーワード、出稿Webサイトなどを慎重に選ぶ必要があります。

Google Adwords(グーグルアドワーズ)(現Google広告)の特長

グーグルアドワーズには多くの広告主が出稿していますが、なぜそこまで人気なのでしょうか?それは以下の特長があるからといえます。

  1. 低予算で広告出稿できる
  2. ターゲットユーザーだけに広告出稿できる
  3. 地域、時間帯を決めて広告出稿できる
  4. 広告内容を常に変更できる
  5. 有名なサイトへも安価に広告出稿できる
  6. ミドルワードやスモールワードを狙うことで効率化しやすい

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.低予算で広告出稿できる

グーグルアドワーズはクリック課金制のため、クリックが発生するとその回数に応じてお金が発生します。よって、クリックが起きなければ費用は発生しないため無駄なお金を払う必要がありません。

また、上限キャップを決めて広告出稿できるため、使いすぎることがありません。
Google広告主に対して提供しているキーワードプランナーを使えば、事前に広告費をシュミレートしてくれるので安心です。

2.ターゲットユーザーだけに広告出稿できる

Googleでの検索キーワードや、提携Webサイトの内容を選んで広告出稿できるため、ターゲットユーザーを選んでアプローチが可能です。

特に検索キーワードは、検索ユーザーのニーズや温度感が検索キーワードごとに違うため、目的に合わせて出稿するのが一般的です。

例えば、レストランの予約を取ろうとあるユーザーが検索をしているとします。
「レストラン」で検索する場合と、「東京 レストラン 夜景 個室」と検索する場合では、予約までの温度感が違いますし、夜景を求めていない人は「東京 レストラン 夜景 個室」と検索しないため、無駄なクリックを避けることが出来ます。「レストラン」の場合、意味や由来を知りたい人が検索しているにも表示されてしまいます。

このように、ターゲットユーザーだけに広告出稿できるというのは非常に大きな利点です。

3.地域、時間帯を決めて広告出稿できる

検索している人のいる地域や時間帯を決めて広告出稿が出来るのも特長です。
例えば、青森県の地域密着型のレストランを経営しているのに、東京で検索している人に表示されても意味がありません。青森県で検索している人にだけ広告出稿したいという場合でも、地域を青森に設定することで希望通りの広告活動が可能になります。

他には、サラリーマンを対象に広告を出したい場合、通勤し始める朝7時から帰宅し始める18時まで広告を出す、などという細かい時間設定も可能です。

4.広告内容を常に変更できる

紙の広告などは、一回出してしまったら修正は出来ません。また、バナー広告などの場合は契約期間が決まっているので1日目で効果が悪いから取りやめる、ということは出来ません。しかし、グーグルアドワーズであれば配信開始・停止・修正などを簡単に行うことが出来ます。

5.有名なサイトへも安価に広告出稿できる

有名なサイトになると数百万円、数千万円といった広告出稿にはケタ違いの金額がバナー出稿にかかります。
しかし、Googleアドワーズであればクリック課金制で表示することができ、嫌になったらすぐやめることが出来ます。

6.ミドルワードやスモールワードを狙うことで効率化しやすい

検索キーワードは基本的に、ビッグワードミドルワード、スモールワードに分類でき、ビッグワードになるほど人気のキーワードで検索回数が多いもののコンバージョンレートが低くなり、逆にスモールワードになるほど、検索回数は少ないがコンバージョンレートは高くなりやすいと言われています。

下記はキーワードプランナーによって抽出された数値です。

分類 キーワード例 月間検索ボリューム
ビッグワード ランチ 90,500
ミドルワード ランチ 東京 5,400
スモールワード ランチ 東京 おすすめ 480

このように明らかに月間検索ボリュームに違いがあるのがわかります。

掲載出来る広告の種類

グーグルアドワーズで掲載できる広告の種類は全部で4種類あります。
テキスト広告、イメージ広告、動画広告、リッチメディア広告です。それぞれどんな状態で掲載されるのか知っておきましょう。

テキスト広告

https://ferret.akamaized.net/images/57baef5fb446b839d2000001/original.jpeg?1471868765
グーグルアドワーズが提供している広告の中で、最もシンプルな広告です。広告の見出し、表示URL広告文、ランディングページの4つの要素で構成されています。
上記画像の各部分についてもう少し詳しく見ていきましょう。

1.広告見出し

最も目立つ要素です。

ユーザーが検索をした際に入力すると予想される文字列を含むことがポイントです。
最大文字数は、ほとんどの言語の場合25文字、日本語や中国語などの全角文字言語の場合12文字となっています。

2.表示URL

緑色の文字で表記されている、Webサイトのアドレスを表示する要素です。
できるだけどのようなWebサイトに遷移するのか分かるようなURLを表示することがポイントです。

3.広告文

商品やサービスなどの詳細を表示する要素です。

ユーザー広告をクリックしてWebサイトを訪れるきっかけになるような文章にすることがポイントです。
最大文字数は、ほとんどの言語の場合35文字、日本語や中国語などの全角文字言語の場合17文字となっています。

4.ランディングページのURL

表示URLとは別に設定するURLの要素です。

表示URLをクリックして遷移したページURLを見ると、表示URLとは異なっていることが分かります。
ランディングページURLとは、遷移先のURLのことを意味します。

広告上ではこのURLを見ることができませんが、設定画面上で広告をクリックして遷移した先のWebページURLを設定しなければなりません。
このドメインと、表示URLドメインは同じでなければ審査が通りませんので、注意してください。

その他.設定可能なもの

https://ferret.akamaized.net/images/57bba8359312972f4a000015/original.jpeg?1471916085
必ず設定しなくてはならない要素ではありませんが、前述した4つの要素以外にもサイトリンクや電話番号などが設定可能です。
特に、実店舗やコールセンターなどを持っている場合には、電話番号や住所などを掲載するとよりユーザーにとって分かりやすい広告となります。

イメージ広告

adwords03.jpeg
画像を使用したイメージ広告で、検索結果ではなくディスプレイネットワークで表示されます。

テキスト広告で適用されるルールに加えて、様々な技術要件が設定されています。
詳しくは、広告掲載に関する以下のGoogleによる、ヘルプページを参照ください。
※参考:広告掲載のポリシー

動画広告

動画広告も、検索結果ではなくディスプレイネットワークで表示されます。Adwords向けの動画広告は全部で2種類あります。

1.インストリーム動画広告

Youtubeで動画を再生する前に自動的に差し込まれる動画広告がありますが、あれをインストリーム動画広告と言います。
ユーザーが動画を30秒間(30秒未満の場合は動画の最後まで)試聴、または30秒未満であっても主体的に動画を試聴した場合のみ料金が発生します。

2.ディスカバリー広告

以前は、インディスプレイ広告とも呼ばれていました。
Youtubeの動画の横などにサムネイルとして、主に動画を宣伝する目的で使われることの多い広告です。

ユーザーサムネイルをクリックして広告を視聴した場合に料金が発生します。

リッチメディア広告

テキストや画像、動画、アニメーションなどの素材を組み合わせて、インタラクティブにユーザーに訴求できる広告です。
ユーザーがクリックやマウス移動などのアクションを起こすと反応するので、インパクトが強く、ユーザーの目を惹き付ける効果が高いです。

広告としてユーザーに訴求するだけではなく、アニメーションなどを駆使してユーザーの印象に残りやすいキャッチーなクリエイティブが実現できるので、ユーザーが親近感を持ちやすく、ユーザーとのつながりを作りやすいと言えます。

AdWordsのディスプレイ広告ビルダーを使用して作成することが出来ます。

Google Adwords(グーグルアドワーズ)(現Google広告)への広告の出し方

Google(グーグル)アカウント作成の流れ

adwords04.png
グーグルアドワーズページにアクセスして画面左下の赤枠の箇所「今すぐ開始」をクリックします。

adwords05.png
メールアドレスとパスワードを入力します。このメールアドレス(ユーザー名)は後から変更ができないので注意しましょう。

adwords06.png
Googleアカウントを持っていない場合は、Googleアカウント作成画面になります。携帯電話番号は入れなくても作成が可能です。
作成が完了すると、最初の広告設定画面になります。

最初のキャンペーン設定

adwords07.png
最初の広告設定画面になったら、どのように広告を出したいかを設定します。

  1. 予算:1日あたりの予算
  2. 地域:広告を出したい地域
  3. ネットワーク:検索キーワードだけかディスプレイネットワークにも広告を出すのか
  4. キーワード:どんな検索キーワードに対して広告を出すのか
  5. 単価:入札単価
  6. 広告文章:実際に表示される広告の文章

上記の項目で設定します。今回はテストで上記画像のようにしてみました。

料金の支払方法設定

adwords08.png
次に料金の支払方法について設定する画面にかわります。
基本情報を入力して、下へスクロールしていきます。

adwords09.png
支払いタイプは自動支払と手動支払から選択します。自動の場合は支払い方法はクレジットカードもしくはデビットカードから選択します。手動の場合はクレジットカードまたはデビットカード、銀行振込、コンビニ払いまたはペイジー払いから選ぶことが出来ますが、すべて前払いとなります。

また、何かGoogleから特典コードを受け取っている場合は、「新規広告主様向けの特典」に入力します。
タイムゾーンを東京にしたら、最下部の「保存して次へ」を選択してます。

最終的な確認

adwords10.png
上記で設定した広告内容に間違いないかを確認します。内容に間違いがなければ、その下にあるお支払情報の確認をします。

adwords11.png
お支払情報に間違いないかを確認します。問題なければ、利用規約を確認して保存を選択します。
手動払いを選択している場合は次の画面で支払い手続きを行って完了となります。

adwords12.png
なお、メールアドレスの確認が済んでいない場合は次の画面で確認用メールが送信されます。
メールアドレスの確認を行ってください。

Google Adwords(グーグルアドワーズ)(現Google広告)を活用しよう

グーグルアドワーズは広告予算が少ないところでも、工夫次第でコンバージョンを取ることが出来る非常に良い広告といえます。お金がないからと今まで広告出稿を諦めていた人も、今回の記事を参考に広告出稿にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

Google広告の知識を増やす

Google広告 平均掲載順位を廃止 その理由と新しい掲載位置の指標は?

Google広告 平均掲載順位を廃止 その理由と新しい掲載位置の指標は?

検索広告のパフォーマンスを図る指標として、平均掲載順位を参考にしている方が多いのではないでしょうか。また、平均掲載順位は、クライアントにも提示しやすい指標の1つでした。しかし、その平均掲載順位は2019年9月に廃止されることが決定されています。 なぜ平均掲載順位が廃止になってしまうのでしょうか。そして、廃止後はどのような指標をもとに広告運用を行えばいいのでしょうか。

Google広告にかかる消費税を解説。TwitterやFacebookのケースも

Google広告にかかる消費税を解説。TwitterやFacebookのケースも

2019年4月1日から、Google広告(旧Google Adwords)に支払う広告料に、消費税が課税されるようになったのはご存知でしょうか。 従来はGoogleの子会社である「Gogle Asia Pacific Pte. Ltd.」に広告料を支払っていましたが、4月1日からはGoogleの日本支社である「Google合同会社」にGoogle広告の契約が変更になっています。 Google Asia Pacific Pte. Ltd.は海外の会社であるため、リバースチャージ方式という広告主(Google側)が支払うという形式になり、ほとんどの広告利用者(出稿主)は消費税の支払いが不要でした。

Googleショッピングにタダで掲載できる?無料の商品リスティングとは

Googleショッピングにタダで掲載できる?無料の商品リスティングとは

2020年4月、Googleは「ショッピングタブ」に無料の商品リスティングを掲載すると発表しました。さらにGoogleは、6月29日に「Googleメイン検索」の画面にも無料の商品リスティングを表示すると発表しています。今回は、Googleが発表している無料の商品リスティングについて詳しく解説していきます。