Webマーケティングをする上で重要なのが「Google広告」です。比較的低予算で、Google検索結果Googleと提携しているWebサイトブログなどに広告が掲載できるものです。利用している企業やマーケターも多いことでしょう。

しかし、「予想より効果が出ない」「急遽運営を止めることになった」など、諸々の事情により出稿しているGoogle広告を停止する場合もあります。また、Google側から強制的に停止にされるケースも含めて、アカウントの停止および再開方法を解説します。

Google広告停止に関する注意点

まずは、Google広告アカウントを停止した場合の注意点を確認しておきましょう。

残高がある場合は払い戻しされる

前払いした費用がまだ残っている場合は、設定されている支払い方法に従って4週間以内に払い戻しが行われます。

費用が発生している場合は支払う必要あり

前払いではない場合、広告掲載期間中に費用が発生することがあります。その場合、アカウントを停止しても費用を支払う必要があるので注意しましょう。

Google広告利用停止の要件

なお、Google広告を停止するにはいくつかの要件があります。まず停止操作を行う担当者が以下の要件を満たしているか確認しましょう。

  • アカウントへの管理者権限を持っていること
  • アカウントの支払い情報が設定されていること

また、クライアントセンター(MCC)アカウントで、子アカウントのうちのひとつを利用停止する場合の要件は以下になります。

  • MCCアカウントの管理者権限を持っていること
  • そのMCCアカウントで停止対象の子アカウントが作成されていること

以上の要件を満たしていないと、Google広告の停止が行えません。注意しましょう。

Google広告の停止方法

それでは、Google広告を停止する方法を解説します。この方法では、Google広告アカウント全体を一時停止することができます。

  1. Google広告アカウントにログイン
  2. 右上にあるツールアイコン(スパナ型)をクリック
  3. 「設定」→「各種設定」をクリック
  4. アカウントのステータス」をクリックして展開
  5. 「利用停止」をクリック

利用停止後の処理

以上の操作でGoogle広告アカウントを停止すると、以下のような処理が行われます。

まず、利用停止したアカウントが所有するすべてのリマーケティングリストが「クローズ」の設定になります。また、新規ユーザーのリスト追加が行われないようになります。

さらに1カ月後には、利用を停止したアカウントが所有していたすべてのリマーケティングリストの有効期限が1日間に変更され、翌日にはリストからすべてのユーザーが削除されます。また、動的リマーケティングのパラメーターも削除されます。

くわえて、削除されたユーザーが他のアカウントと共有されていた場合、共有先のアカウントでも使用することはできなくなります。

広告を停止することで、それ以降は広告費が発生しませんが、広告期間中に獲得したリマーケティングリストが削除されてしまう点には要注意です。