Google検索」を利用したときに、検索結果画面の上部および下部に、自分が入力した検索ワードに関連した「広告」が表示されます。また、YouTubeを見ているときや、スマホアプリの画面の隅などにも広告が出ることがあります。

これらはみな、「Google広告」の一種です。ユーザーとして普段からよく目にする「Google広告」ですが、企業・お店として出稿したい際にはどんな手順を踏めば良いのでしょうか?今回の記事では、ビジネスパーソンやマーケターに向けてGoogle広告」の使い方に関する基礎知識、そして出稿の手順についてわかりやすく解説していきます。Google広告が初めての方も、この記事をみながら広告設定にチャレンジしてみてください。

Google(グーグル)広告とは?

Google広告」とは、以前は「Google AdWords(グーグルアドワーズ)」「Google AdWords Express」という名称だったものです。これは、Google検索やYouTubeなどのサイト上にて、商品・サービスを宣伝できるオンライン広告の仕組みです。

広告掲載の目標(コンバージョン)として、「電話での問い合わせ」や「サイトへの訪問」といった特定の目標も指定できます。

ポイントを理解!Google(グーグル)広告のコンバージョンを設定しよう

ポイントを理解!Google(グーグル)広告のコンバージョンを設定しよう

Google(グーグル)広告を利用するなら、欠かせないのがコンバージョン設定です。設定作業は決して難しくはありませんが、設定内容を細かく理解している人は意外と少ないでしょう。この記事では、コンバージョンの設定についてわかりやすく解説します。

Googleアカウントを使って「Google広告
のダッシュボードにログインすれば、「広告予算」や「ターゲット」を自分で柔軟に設定できるほか、いつでも自由に広告掲載を開始、停止できます。

出稿時に細かくターゲティングをすることにより「見てもらいたい人たちだけに広告を届けられる」という点が特長で、消費者の検索ワードなどに基づいて、適切なタイミングでターゲット対象者にメッセージを届けることでき、消費者のアクションを喚起しやすいことやクリックされた分のみが課金されるため、費用対効果が高いことがメリットです。

参考
Google広告
Google広告スタートガイドブック