Google広告を配信する上で効果測定に欠かせないのがコンバージョン設定です。コンバージョンを測定できれば、いくらの広告費を使って成果につながったのかなどの費用対効果を明確にできます。Google広告のコンバージョン設定方法は、決して難しいわけではなく手順に従って進めれば、あまり時間をかけずに終わります。しかし、コンバージョンの重要性や設定項目の意味は、意外と把握していないものです。

そこで今回は、Google広告のコンバージョン設定をテーマにし、初心者にも理解しやすいように解説することにしました。

Google(グーグル)広告のコンバージョンとは

コンバージョンとは、Webサイトにおけるゴールのことです。つまり、Webサイトによってゴールは異なるので、様々なコンバージョンが存在します。通販サイトであれば、商品購入をコンバージョンに設定するでしょう。メルマガ配信を行っているメディアなら会員登録かもしれません。資料請求や問い合わせなど、数々のコンバージョンが存在するのです。

さて、Google広告の場合は、何をコンバージョンとするべきでしょうか。広告のコンバージョンですので、Webサイトにアクセスしたすべてのユーザーのコンバージョンとは異なり、広告を経由したユーザーのみを対象とします。たとえば、ECサイトならGoogle広告を経由した商品購入をコンバージョンとするわけです。コンバージョン設定により、Google広告の効果検証ができ、データに基づいた戦略を検討できるでしょう。

Google(グーグル)広告のコンバージョン設定のメリット

Google広告のコンバージョンを設定するメリットを把握しておきましょう。単に数値で広告効果を計測できるだけではなくGoogle広告のシステムを活用できる大きな利点もあるのです。

費用対効果を明確にできる

コンバージョンを設定することで、いくらの広告を投じて成果を獲得できたのかGoogle広告の費用対効果を明確にできます。一定の売上を獲得するには、どれくらいの広告費が必要なのか予算計画を検討しやすくなります。ゴールが明確になるようにコンバージョンを設置することは必須とも言えるでしょう。

どのようなキーワードや広告文が有効か把握できる

コンバージョンを設定することで、出稿しているキーワードの中で何が成果につながったのかを把握できます。成果を出せるキーワードを重視できるようになるでしょう。広告文も同様です。ユーザーに響いた広告文がどれなのかわかれば、効果的な広告文をさらにブラッシュアップすることも可能になります。

自動入札を活用できる

Google広告の醍醐味とも言えるのが機械学習による自動入札です。コンバージョンを獲得しやすいように入札を最適化してくれる機能であり、これはぜひ活用したいところです。ただし、機械学習には少々時間を必要とすることを覚えておきましょう。

コンバージョン測定の仕組み

Google広告がどのようにコンバージョンを測定するのかをご説明しましょう。まずは、Google広告のシステムから発行するコンバージョンタグをゴールとなるページに設置する必要があります。このコンバージョンタグを設置したページGoogle広告を経由したユーザーが到達するとコンバージョンとしてカウントされるのです。通販サイトの場合は、商品購入後の画面への到達であり、資料請求や問い合わせは、フォーム送信後に表示されるサンクスページに設定することが多いでしょう。このようにコンバージョンを計測する仕組みは実にシンプルなのです。