Google広告の成果には、広告文の内容が大きく影響します。成果を上げる広告文を作成するためには、ユーザー広告をクリックしたくなる魅力的なテキストを考えなければいけません。それだけではなく、広告の品質を高め掲載位置をできるだけ上位にする努力も必要です。Google広告を配信する人にとって、これらについての学習は欠かせないことだと言っても過言ではありません。

そこで今回は、Google広告広告文の作り方について、詳しく解説することにしました。この記事をご覧いただければ、広告成果の向上のために押さえるべきポイントがどこなのか理解できるでしょう。初心者にわかりやすい内容ですので、Google広告に取り組んだばかりの方も、ぜひご参考ください。

Google広告の広告文とは

Google広告は、ネット広告の中で最もスタンダードと言ってもよい存在であり、様々なプロモーションに利用されています。中でも検索広告は、「検索」というユーザーの強い動機に基づいたアクションに対して広告を表示するため、高いコンバージョン率が期待できるのが魅力です。

さらに、Googleの検索広告は、自然検索(広告以外の検索結果)よりも上位に表示できるため、クリックされる可能性が高くなります。しかし、自社の広告だけが出稿されているとは限らず、多くの場合は競合する広告と並んで表示されます。そのため、自社の広告より下に表示されている広告の方がたくさんクリックされる場合もあるでしょう。ユーザーがどの広告をクリックするかは広告文の内容による部分が大きいのです。ユーザーに選ばれるためには、競合以上に「知りたい」「買いたい」などの検索動機に応えられる魅力的な広告文を用意する必要があります。

効果的な広告文をつくるポイント

成果につながる効果的な広告文を作成するには、押さえておくべきポイントがあります。ユーザーに響くだけではなく、Google広告の掲載順位にも影響するため、しっかり覚えておきましょう。

キーワードを含めて作成する

掲載される広告と順位はオークションにより決定します。その際、すべての広告広告ランクが算出され、通常は広告ランクの高い順に広告が掲載されるのです。広告ランクは、入札単価広告ランディングページの品質などの要素により決定します。つまり、広告の品質(品質スコア)が影響するということであり、ここには注意を払わなければいけません。

広告の品質を高めるには、いくつかの方法があります。ここでお伝えしたいのは、「キーワードを広告文に含める」ということです。キーワードを広告文に含め、広告文が入札キーワードと関連性があることを明示しましょう。品質スコアの上昇にも貢献し、ユーザーへのアプローチにも有効です。

参考:広告の掲載順位とランクの仕組み|Google広告ヘルプ

ランディングページと内容がマッチすること

ユーザーは、広告をクリックすると広告文の内容と一致するランディングページが表示されると思っています。これはあたり前のことであるため、もしもユーザーのイメージと異なるページが表示されてしまった場合、ページから離脱してしまう可能性が高いのです。

そのため、広告文を作成する際には、ランディングページの内容とギャップが生じないようにしなければいけません。どんなに高いクリック率を誇る広告でも、コンバージョンに結びつかなければ費用対効果は高まりません。

このこととあわせて覚えておきたいのが、前述したキーワードだけではなく、ランディングページ広告文の関連性も品質スコアに関わるということです。重要なことなので、ここに整理して記述しますが、広告文」「キーワード」「ランディングページ」には必ず関連性を持たせるようにしましょう。広告ランクを少しでも高めて、広告がクリックされるチャンスを増やすのです。

抽象的な表現はしない

ユーザーが明確な目的を持って検索をしても、検索結果をじっくり読み込むとは限りません。出稿した広告文を目にしているのは一瞬だと考えましょう。広告文が目に触れた瞬間に興味を持てるストレートな表現が必要とされます。抽象的な表現は伝わりにくくなってしまう恐れがありますので、伝えたいことは、できるだけストレートに広告文に反映するのが得策です。

数字を使って訴求力を強める

リスティング広告に限ったことではありませんが、数字を使った広告文はユーザーに伝わりやすいものです。「プロ講師が絶賛した英語勉強法」とするより、「1万人のプロ講師が絶賛した英語勉強法」の方が、インパクトを感じるユーザーが多いでしょう。「創業100年の老舗の味」という老舗らしさを強調した表現も有効です。そうは言っても、広告文の文字数制限があり、意外と自由に作りにくいのですが、数字の力を上手く活用してユーザーの心に届きやすいように工夫してみましょう。