室内で撮った写真の色が、実際の見た目よりも赤っぽかったり、オレンジに感じてしまった経験はないでしょうか?

実物と写真の色が違って見えるこの現象は、写真の「ホワイトバランス」の設定の影響によるものです。商品のブツ撮りや、店舗の内観・外観を撮ったりと、自分で商材の撮影をすることも多くなりましたが、「ホワイトバランス」の知識を覚えておけば、より印象のよい写真が撮れるでしょう。

今回は、初心者でも分かりやすいホワイトバランスの知識を説明します。

そもそもホワイトバランスとは?

ホワイトバランスとはその名の通り、いろいろな光源の環境において、「白」を正しく表示するための設定です。実は人間の目は、自動で明暗や色を補正できる優秀な機能を備えているんですね。機械であるカメラは人間の目ほど上手く補正できないので、場合によってはホワイトバランスの設定を変えて上げる必要があります。

例をみてみましょう。

以下の写真は、同じ光源の下で、白色で半透明の自転車の模型を、ホワイトバランスを変えて撮影したものです。K(ケルビン)の数字が大きくなるほど青っぽく(クール=寒色系)、小さくなるほど赤っぽく(ウォーム=暖色系)なっているのがおわかりでしょうか?

3000K.jpg
3000Kの場合

5300K.jpg
5300Kの場合

7000K.jpg
7000Kの場合

このように、同じ光源の下でも、ホワイトバランスを変えることで、写真の印象が大きく変わります。K(ケルビン)とは「色温度」を示す指標で、普通、「日中の太陽」や「オフィスの蛍光灯」の色温度はだいたい5000〜5500Kです。

例の写真の場合は、照明の色温度が5300Kだったので、カメラの設定も5300Kに合わせることで、一番正しく色が出た写真になっています。

暖色系の光源の下では注意が必要

最近のデジカメは昔と比べ、ホワイトバランスの調整が非常に優秀です。なので、上述の「日中の太陽」や、「オフィスの蛍光灯」の下で写真を撮る場合、オートでも大丈夫な場合がほとんど。ですので、普通のデジカメや一眼レフカメラでは、ホワイトバランスはオートに設定されています。

今回注意すべきなのは、カフェや飲食店、ショップなどで使われているような、「暖色系の蛍光灯」の下で写真を撮影する場合です。ケルビンでいうと3000〜4500Kくらいになるこうした環境で撮影すると、デジカメのホワイトバランスは暖色系に偏ります。

以下の写真は、暖色系の家庭用蛍光灯の下で、白いティーポットをオートホワイトバランスで撮影したものです。見て分かる通り、白いティーポットの色が赤みがかり、正しい色が表示されていません。

オート.JPG

もちろん、暖かい雰囲気の写真にしたい場合は、そのままでも良いでしょう。例えば、飲食店やカフェの内観写真を撮影したい場合、ウォームトーンの方が好印象印象になるものです。

ただ、例えばこうした環境で商品の撮影をすると、実物と写真の色が違って見えることになり、問題が起きてしまいます。