記事コンテンツに含む画像ですが、正しい使い方を知っていますか。画像を適当に選び、なんとなく「見栄えがいいから」という理由で使っている場合は、正しい使い方を理解する必要があります。

なぜなら、記事コンテンツに挿入する画像は使い方次第ではSEOに影響するからです

そこで、SEO対策に効果的な画像の選び方と使い方、注意点について紹介します。

オリジナル画像を用意できない場合はフリー素材を使おう

はじめに、SEO対策に画像を使う場合の注意点を紹介します。注意することは、画像の著作権に気をつけるということです

著作権とは?Web担当者、デザイナーが知るべき著作権

インターネット上にある画像には著作権フリーの画像もありますが、出典元を記載しなければならない画像も存在します。

特に画像は著作権が厳しく、一歩間違えれば刑罰の対象にもなりかねませんので、著作権のついていないフリー素材を選ぶのが好ましいです。特にフリー素材は無料でダウンロードできる画像も多いので、SEO対策で画像を使う場合にオススメです。

以下では、フリー素材画像が掲載されているサイトを紹介しているので、参考にしてみてください。

商用利用可!人物写真も豊富な日本の無料(フリー)&有料素材サイト8選

SEO効果のある画像を選ぶ2つのポイント

検索エンジンは、最近では画像の内容を読み込むとも言われており、画像の選び方にもSEO対策が必要です

そこで、SEO効果のある画像を選ぶ2つのポイントを紹介します

コンテンツの内容にあった画像を選ぼう

1つ目のポイントは、コンテンツの内容にあった画像を選びましょう。例えば、アップルパイのコンテンツに画像を使う場合、どんな画像を入れるのが正しいでしょうか。

ここでは、りんごかアップルパイの画像を使うのが正しいでしょう。なぜなら、アップルパイに対する関連度が高いからです

他にも、IT系のコンテンツに画像を使用する場合はパソコン、コーヒーショップの紹介記事に使う画像はコーヒー、あるいはコーヒー豆を使うなど、関連性の高い画像を使うことが大切です。

関連度の高い画像を使うことで、読者がイメージしやすく、ユーザービリティの高いページにすることができます。

また、検索エンジンクローラーも、記事コンテンツにあった画像を提供していると認識するので、SEO効果も期待できます。ユーザーだけでなく、検索エンジンにも効果的です。

ですので、記事コンテンツに使う画像は、関連度の高いものを選ぶようにしましょう。

画像のサイズと画質に気をつけて選ぼう

2つ目は画像のサイズと画質に気をつけることです。その理由は、Webサイトの表示速度に影響するからです

画像のサイズが大きすぎると、Webサイトを読み込むのが遅くなってしまいます。表示速度の速いWebサイトと比べると、離脱率が高くなってしまうのです

Webサイトにあるコンテンツを作成した意味がなくなってしまうので、画像のサイズは極力小さいものを選びましょう。

また、容量の大きい画像を使用すると、Web全体の表示速度を下げてしまう恐れがあります。表示速度が遅くなれば、検索エンジンユーザビリティが低いと認識され、検索順位を下げられる可能性が大きいです。

ですので、ユーザービリティを向上させるためにも、適度な画質のものを選びましょう。とはいえ、どうしてもサイズの大きい高画質の画像を使用したい場合もあるでしょう。その場合は、画像の縮小を行いましょう。以下のサイトを利用すれば、画質を落とさずに容量の縮小を行うことが可能です。

https://tinypng.com/

無料で画像の縮小ができるので、ぜひ活用してみて下さい。

SEOに効果的な画像の使い方

記事コンテンツにただ関連度の高い画像を使うだけでは、SEOの効果を十分に得ることはできません。SEOに効果的は画像の使い方を紹介します。

ちなみに、以下で紹介する内容はGoogleの公式サイトでSEOに関するガイドラインとして発表しているものを参考にしています

ファイル名を変更する

画像のファイル名は、内容がわかりやすいものに変更しましょう。その理由は、画像のファイル名に意味を持たせることにより、検索エンジンクローラーが画像の内容を認識しやすいからです

基本的に画像のファイル名は「IMG39485.jpg」のようにただ記号と数字を繋げ合わせたものが初期設定となっています。もし、りんごの画像ファイルを使用しているならば、ファイル名は「apple.jpg」などに変更しましょう

そうすることにより、検索エンジンクローラーに「これはりんごの写真である」と認識してもらえます。ただ、ここで注意することはファイル名にキーワードを盛り込み過ぎないことです

キーワードを多く含むと、検索エンジンがなんの画像であるか認識しづらくなってしまいます。また、不自然にキーワードを盛り込むと、スパム扱いとなりペナルティを受ける恐れがありますので、画像のファイル名は簡潔なものにすることが望ましいです。

alt属性を記述する

画像にalt属性(代替テキスト)を記述することは、SEOに効果的です。alt属性とは画像の情報を記載する項目で、ユーザーに向けてではなく、検索エンジンクローラーに画像の内容を説明する概要欄のことです。

例えば、りんごを切っている画像にalt属性を記述するとしましょう。ファイル名を変更する場合は「apple.jpg」で構いませんが、alt属性を記述する場合は「りんごを切っている様子」などと詳しく説明文を記述しましょう

そうすることで、画像が何を伝えているのか、記事コンテンツに関連しているものなのかをクローラーに認識してもらえます。alt属性を記述することにはSEO効果があるので、画像を使用する場合には記述するようにしましょう。

alt属性の記述方法も説明しておきます。

<img scr=”image.jpg” alt=”画像の説明文”>

画像ファイルのHTMLテキストの後にalt=”画像の説明文”を入れると覚えておきましょう。

alt属性を記述する上で、一つ注意してほしいのはあまり長すぎる説明文を記述しないことです。ファイル名同様、スパム扱いとなってしまう可能性があるので注意しましょう。

適切な画像の使い方で検索上位を狙おう

記事コンテンツに画像を使用することは、ユーザーが記事の内容をイメージしやすく、離脱率を下げるのにも有効でオススメです。また、ファイル名の変更やalt属性の記述など、少しの工夫でSEO対策にもなります。

一つ一つの画像のファイル名の変更や、alt属性の記述はめんどうな作業になりますが、検索結果で上位表示を狙うのであれば、必要不可欠です

できる限りのSEO対策を施して、狙ったキーワードで検索上位を狙いましょう。

この記事を読んだ方におすすめ

SEO効果あり!サイトマップの基礎知識とWebサイトにおける役割

SEO効果あり!サイトマップの基礎知識とWebサイトにおける役割

ホームページ担当者であれば必ず耳にしたことがある「サイトマップ」。しかし、実際のところ、サイトマップがどのような役割を持ち、設置することでどんな効果があるのかご存知ない方も多いのではないでしょうか。そこで今回はサイトマップの基礎知識と役割についてご紹介します。