Webサイト上の画像データに紐づくデータとして「alt属性」と呼ばれるものがあります。

10時間の作業を2分に!Keywordmap(キーワードマップ)でSEO流入増の対策をしよう

10時間の作業を2分に!Keywordmap(キーワードマップ)でSEO流入増の対策をしよう

Keywordmapは、自社だけではなく競合サイトの検索順位データや対策KWの抽出などにより、オーガニックの面並びにペイドの面での機会損失を防ぐことが可能です。効果的かつ効率的にコンテンツ制作を行いましょう。

alt属性とはHTMLのimg要素、つまり画像に設定することにより、画像を表示することや見ることができない環境であってもこの画像はこういうものですよと画像の情報を表すためのテキストです。

今回はこのalt属性の適切な使用方法やSEOにおける役割、確認方法、文字数などについて紹介します。

alt属性とは

Webブラウザでは様々な事情で画像を表示させることができない状況になってしまうことがあります。

例えばスマートフォンの通信制限等による表示の遅延によってページの生成がタイムアウトしてしまった場合にはalt属性として設定している代替えテキストが画像の部分に表示されます。

その他にもページの読み上げ機能を使用する場合において、alt属性が設定されていると画像の代わりにその代替えテキストを読み上げられます。

つまりalt属性は、なんらかの要因でユーザーが画像を画像として認識できない場合に、その画像が何を意味しているのかを伝えるためのテキストです。

alt属性のSEO効果について

alt属性は画像を見ることのできないユーザーにどのような画像なのかを伝えるためのテキストと紹介しましたが、SEOにおいて切っても切れない関係にあります。

ユーザーのほかにも画像を認識することができない要素、つまりクローラーです。

クローラーとはGoogle Botに代表される、検索エンジンGoogle)がページやサイトを評価するためにWeb上で巡回させているプログラムのことです。

クローラーはWebページをコードを読み取ることによってその情報を収集しているため、どのような画像なのかを認識・判断することができず、alt属性によってどのような画像なのかを判断しています。

そのため、alt属性で代替えテキストを設定することは、画像を見ることのできないユーザーのためだけではなく、テキストに加えて画像を情報としてクローラーに伝える、つまりSEOの観点からも設定しておくべきだと言えます。