コロナウィルスの蔓延により、企業の営業やマーケティング活動のオンライン化が必要となっている中、コンテンツマーケティングの重要性がより増してきています。

ただ、コンテンツマーケティングにはさまざまな手法があり、何から着手して良いか迷う方もいるのではないでしょうか。

この記事では、コンテンツマーケティングを始める前に知っておきたいポイントや、代表的な9つのコンテンツマーケティングの手法を紹介します。

コンテンツマーケティングをこれから始めたい方、強化されたい方はぜひ参考にしてください。

今回解説する内容の一部は、PDF資料「コンテンツマーケティングを始める前に知っておきたい!BtoB向け・9つのコンテンツ手法」から抜粋しています。

BtoB企業向け!CMS比較ガイド

BtoB向け・9つのコンテンツ手法

「コンテンツマーケティングは何から始めればいいの?」そんなお悩みを解決するために、本書ではコンテンツマーケティングの実践手法を9種類紹介します。

目次

  1. コンテンツマーケティングを理解しよう!
  2. コンテンツマーケティングを成功に導く5つのステップ
  3. よく用いられるコンテンツ手法9選
  4. コンテンツマーケティングのポイントをマスターしよう

コンテンツマーケティングを理解しよう!

まずはコンテンツマーケティングとは何かを説明します。

そもそもコンテンツとは

コンテンツマーケティングにおける「コンテンツ」とは、世の中に対して発信された、自社の商品やサービスに関連する情報全般を指します。ブログ記事や動画などの製作物そのものを「コンテンツ」ということもあれば、記事に書かれている中身部分の情報を指して「コンテンツ」ということもあります。

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは、適切で価値ある一貫したコンテンツを作り、それを伝達することにフォーカスした、 戦略的なマーケティングの取り組みです。見込客として明確に定義された読者を引き寄せ、関係性を維持し、最終的に利益に結びつく行動を促すことを目的としています。

例えば、SNSやオウンドメディアなどで自社商品についての情報発信を行い、利用を促すことが該当します。情報発信を行い商品やサービスの利用を促進する行為全般が、コンテンツマーケティングだと言えます。

では、コンテンツマーケティングはなぜ重要なのでしょうか。

ユーザーは日ごろから数多くの量の情報にさらされており、正しい情報を見極めるのに苦労しています。以前よりも得られる情報に対して疑い深くなっており、すぐに情報を信用しません。

企業が一方的に商品やサービスの売り込みメッセージを発しても、ユーザーが購買にいたることは少ないでしょう。こういった問題を解決できるのがコンテンツマーケティングです。

価値あるコンテンツを継続的に発信すれば、ユーザーに「このコンテンツは役に立つ」と認知され、信頼関係を構築できます。
企業がコンテンツマーケティングをうまく活用できれば、効率よくコンバージョンにつなげられるでしょう。

コンテンツマーケティングの本質

コンテンツSEOコンテンツマーケティングだと誤解されがちですが、SEOを強化することだけがコンテンツマーケティングではありません。

上記で説明した通り、コンテンツマーケティングとは、ユーザーに有益な情報を伝える取り組み全般を指します。

企業都合の広告が無視されやすくなった昨今において、ユーザーが知りたいと思う情報を発信し続ける姿勢が重要であり、その重要性は今後求められ続けるでしょう。

コンテンツマーケティングの課題

コンテンツマーケティングは中長期的な視点で企画を立案し、SNSなどを活用しながら少しずつユーザーと信頼関係を深める手法なので、成果が出るまでに時間がかかります。

また、Webサイトへの集客は依然として検索行動からの流入が多いため、SEO対策も必要です。

自社のマーケティング課題に対する認識やユーザー行動の理解が不足していると、適切な配信チャネルの選択やユーザーの価値観の変化に対応できず、コンテンツの質や量を担保できなくなります。

コンテンツマーケティングを成功に導くためには、ユーザーのニーズについて把握し、様々な施策を中長期間に渡り実施することが必要です。

コンテンツマーケティングを成功に導く5つのステップ

コンテンツマーケティングは闇雲に施策を実行しても効果は期待できません。成果につなげるには、「態度変容」と「届け方」を理解する必要があります。

顧客にどんな態度をとってもらい、どう情報を届けるかを理解することが重要です。

そのために、ここではコンテンツマーケティングの流れを5つの段階に分けて解説します。

step1.ターゲットの「検討段階」を明確に定義する

コンテンツマーケティングは読者にとって価値のある情報を届けるのが基本ですが、利益に結びつく行動を促すことが目的でもあります。「読まれて終わり」のコンテンツでは思うような成果につながりません。

まずはユーザーの検討段階を明確にしましょう。

検討段階とは、購入にいたるまでのフェーズのことです。検討段階を明確にすることで、「どういった道筋で商品やサービスが購入されるか」が分かりやすくなります。

step2.カスタマージャーニーを作成する

コンテンツマーケティングで重要なのは、「誰にどのようなコンテンツを届けるか」か考えることです。

そのためには、カスタマージャーニーを作成しましょう。カスタマージャーニーとは、ターゲットがコンバージョンいたるまでに経るプロセスを可視化したものです。

カスタマージャーニーマップ作成すると、認知から購入までユーザーがどんな情報を必要としているのかを把握しやすくなります。

step3.検討段階が移行するきっかけの仮説を立てる

カスタマージャーニーマップが作成できたら、どういった要因でユーザーの検討段階が移行するか、仮説を立てます。

検討段階ごとに「顧客にどう働きかればいいか」が自然と明確になります。

step4.コンテンツ内容を決める

続いて、コンテンツの内容を決めます。

「どのコンテンツがターゲットをコンバージョンまで誘導しやすいか」を考え、発信する内容を決めましょう。

step5.コンテンツを届ける効果的なチャネルを選定する

コンテンツが決まったら、どのチャネルで発信すると効果的かを考えます。

ブログやSNSなど様々なチャネルの中から、コンテンツの効果を最大化できるものを選びましょう。相性のいいチャンネルが複数ある場合、複数のチャネルを利用するのも1つの方法です。

よく用いられるコンテンツ手法9選

コンテンツマーケティングでよく用いられる手法は以下の9つです。

  1. ホワイトペーパー
  2. ブログ記事
  3. 動画
  4. 調査レポート/アンケートデータ
  5. 診断コンテンツ
  6. セミナー(ウェビナー)
  7. 導入事例
  8. 競合比較
  9. よくある質問

今回は、「ホワイトペーパー」と「セミナー(ウェビナー)」に絞って解説を行います。

リードの獲得に有効な手法

まずはリードの獲得に有効なコンテンツを紹介します。

1.ホワイトペーパー

ホワイトペーパーとは、商品のペルソナが抱えがちな課題を解決するためのノウハウを、資料にしてまとめたものです。「お役立ち資料」「ノウハウブック」「e-book」とも呼ばれています。

有益な情報提供と引き換えに個人情報を入力してもらうことで、見込み顧客をダイレクトにリードへ転換できる、重要なコンテンツです。

サービスサイトに掲載したり、外部の資料掲載媒体に載せてもらったりしてユーザーに届けます。

リードナーチャリングに有効な手法

リードナーチャリングの獲得に有効なコンテンツを紹介します。

6.セミナー(ウェビナー)

セミナー(ウェビナー)とは、ペルソナが抱えている課題を解決するノウハウを、講師が聞き手に直接発信する手法です。

特定のテーマに絞ったノウハウを伝えるものや、他社の人と複数人で開催する共催セミナーなど、様々な形態があります。

情報の質が良ければ、聞き手の信頼を一気に高められる強力なコンテンツです。

コンテンツマーケティングのポイントをマスターしよう

コンテンツマーケティングで重要なのは、ユーザーが求める情報を届けることです。

そのためには「顧客がコンバージョンまでにたどる道筋」を明確にし、訴求するコンテンツの種類やチャンネルを考える必要があります。

コンテンツマーケティングの手法も様々存在するため、自社に合った手法を選ぶことが重要です。

下記の資料では、記事で触れなかったコンテンツマーケティングの手法7つを紹介しています。資料を読むことで、どの手法で情報発信すればいいかが簡単にわかるようになります。ぜひ、自社のマーケティング活動にお役立てください。

BtoB企業向け!CMS比較ガイド

BtoB向け・9つのコンテンツ手法

「コンテンツマーケティングは何から始めればいいの?」そんなお悩みを解決するために、本書ではコンテンツマーケティングの実践手法を9種類紹介します。