こんにちは、ライターのナッツこと、永田優介です。
先日、テレビでGENKINGさんのインスタグラム事情が放映されていました。
GENKINGさんはインスタグラムでの投稿をキッカケに2014年頃より大ブレーク、「や〜よ」の台詞で注目を集めたマルチクリエイター・タレントです。

なぜGENKINGさんはインスタグラムで注目を集めることができたのか。
今回もインスタグラム分析ツール『ナビスタ』を使って分析していきます!

▼全てのインスタグラムアカウントを丸裸に!▼
ferretが提供するインスタグラム解析ツール「ナビスタ」。10日無料キャンペーン中

おさらい:インスタグラムとは?

まずはじめに、インスタグラムの基本について振り返っていきましょう。

画像・動画を投稿できるSNSで、今急成長しているサービスの一つがインスタグラムです。
2016年4月時点で国内の利用者数は、1,092万人(ニールセン調べ)に達し、特に20、30代の女性に支持されています。

そのため、マーケティングの一環としてインスタグラムを活用する企業が増えており、2015年からインスタグラム公式の運用型広告がスタートしたことも相まって、より企業の利用が加速しています。Webマーケティングの一環としてぜひ活用したいSNSの一つなのです。

参考:
インスタグラム【instagram】/ferretマーケティング用語辞典
「Instagram」アプリの利用者数が2016年4月に1,000万人を突破 ~ニールセン、スマートフォンアプリの利用動向を発表~

しかし、インスタグラムはSNSのため、たとえ自社でアカウントを作成したところで、フォロワーが増えなければマーケティングとしての効果は期待できません。

そこで今回、インスタグラムをキッカケに知名度を上げたGENKINGさんのアカウントを分析し、企業のインスタグラムアカウントでも実践したいポイントを5つご紹介します。

GENKINGのインスタグラムアカウントの基本情報

「そもそもGENKINGってどんな人?」という方のために、GENKINGさんご自身とインスタグラムの内容をご紹介します。

GENKINGさんはもともとはアパレルブランドのデザイナー、スタイリスト、ヘアメイクとマルチで活躍されていたクリエイターで、 “謎の美男子” として2014年頃からネットを中心に話題を集めていました。

そして2015年頃よりTV出演が多くなり、瞬く間にブレイク。TV番組『行列のできる法律相談所』に出演の際に、LGBTであることをカミングアウトされていました。

カミングアウトされる前までは、美形男子としてのインスタグラム投稿もちらほら。

とても、美しいお顔です。

そんなGENKINGさんの2014年1月時点のフォロワーは431人。それが2015年のTV出演が増えたタイミングでフォロワー数が大きく増え、現在では100万フォロワーを越すアカウントへと成長しています。

▼GENKINGさんのインスタグラム基本情報(2016年11月22日時点)
※インスタグラム分析ツール『ナビスタ』調べ

・アカウント:@_genking_
・フォロワー数:103万フォロワー
・1日の平均投稿数:3.03
・平均いいね数:15,318
・平均エンゲージメント率(いいね数/フォロワー数):3.38%

そんなGENKINGさんがなぜインスタグラムで注目を集めることができたのか、インスタグラム分析ツール『ナビスタ』を使ってわかった5つのテクニックをご紹介します。

GENKING_フォロワー推移.png