日本での人気が非常に高いSNS「Twitter」。
2016年2月に開かれたTwitter社による記者会見では、日本のユーザー増加率は世界トップであると発表されています。

参考:
Twitterが国内ユーザー数を初公表 「増加率は世界一」|ハフィントンポスト

世界的には停滞しているといわれているTwitterですが、日本国内では利用ユーザー数は伸びており、まだまだビジネス活用するべきSNSです。

今回は、Twitterに搭載された新機能「QRコード」について、使用方法・活用方法をご紹介します。
QRコードを活用することでビジネスチャンスがより広がる可能性が非常に高くなります。
Twitterアカウントの運用担当者は必読です。

なお、QRコード利用の際には注意点があります。
注意点についても記事内でご紹介していますのであわせて確認しましょう。

QRコードを表示する・読み取る

step1.

1.jpg
まずTwitterアプリを開き、画面下に表示されているアイコンのうち「プロフィール」をタップして自分のプロフィール画面を表示します。
続いてアイコンの横に表示されている歯車のアイコンをタップします。

step2.

2.jpg
メニューが表示されますので、その中から「QRコード」をタップしてください。
これで自分のアカウントを示すQRコードが表示されます。

step3.

3.jpg
QRコードが表示されている状態で「QRスキャナー」をタップすると、相手のQRコードを読み取ることが可能です。

QRコードを読み取ると、そのまま読み取ったTwitterアカウントのプロフィール画面が表示されますので「フォローする」をタップしてください。

step4.

4.jpg
スマートフォン内に保存してあるQRコードを読み取る際は「QRスキャナー」を一度タップして画面右下に表示されているカメラアイコンをタップします。

カメラロールが自動的に起動し、あらかじめ保存してあるQRコードの画像を選択することができます。
画像を選択すると、そのままQRコードが読み取られ、プロフィール画面が表示されますので「フォローする」をタップしてください。

step5.

「QRスキャナー」をタップし、再度「自分のQRコード」をタップすると、QRコードの色を変更することが可能です。
この作業を繰り返すことで色を変更することができますので、好みの色で表示させてください。