この記事は2015年2月19日の記事を再編集しています。

突然ですが、皆さんはページビュー数・セッション・UU(ユニークユーザー)の違いを正確に答えることが出来ますか?

Webページの効果を見る上で、基本的な指標となるのが「ページビュー数」「セッション」「UU」の3つです。

理解を曖昧にしておくと効果測定・改善施策に大きな影響が出てしまいます。

今回はこれらの意味の違いについて図解も交えて説明しました。違いが曖昧な方はこの機会にしっかり理解しましょう。

UUとセッションとページビューの違いとは

***
ページビュー数、セッション、UUの概念を説明するために、今回はホームページを下記の図のようなデパートに例えてみます。

このように、4階建ての各階で売られている商品が多数あることをイメージしてください。

UU(ユニークユーザー)

***
UUとは、指定した計測期間内で重複していないユーザー数を数値化したものです。

ブラウザのCookieで算出しており、2年間のデータ保持期間があります。(2年間以上アクセスがなければデータが消えるということですが、アクセスする毎に更新されます。)

例えば、5月1日〜6月30日に以下のようなアクセスがあったとします。

アクセスした人 ユーザー
5月 Aさん、Bさん 2
6月 Aさん 1

合計して、ユーザー数は3になるかと思いきや、この場合は2です。Aさんは5月に1度アクセスしているので、6月分はカウントされないためです。

セッション

***
セッションとは、ユーザーがウェブサイトに訪れた回数を示します。

デパートに置き換えると、買い物客がデパートを訪れたら1セッションカウントされ、デパートから出てきたらセッションが終わりです。再度デパートに入ったら、2セッション目とカウントしていきます。

この場合、買い物客が何階を回ったのかは関係ありません。

ページビュー

***
ページビューはPV(Page View)と略されることが多く、ウェブサイトに訪れたユーザーが見たページ数をカウントします。ブラウザの更新ボタンを押したり、戻るボタンでページを戻って再度ページが表示されてもカウントが行われます。

デパートの場合、ページ=階と置き換えて考えてみましょう。
買い物客が1階に入った時点で1PV、2階に上がったら2PV、更に4階にも行けば3PVとなります。

まとめ

ホームページというオンライン上にあるものとして捉えると、PVセッションなどの概念がよく理解できなくなってしまいますが、実店舗に置き換えてみるだけで格段に分かりやすくなったのではないでしょうか。

ホームページユーザー有りきのものです。構造的には実店舗とほぼ同じです。もしホームページでわかりにくい部分が出てきた場合は、一旦自分が想像しやすい店舗で置き換えてみると分かりやすいでしょう。