中国を中心としたアジア地域には春節と呼ばれる旧正月の行事が存在します。
年末年始に休暇をとる企業が多い日本のように、中国などでは春節に国民全体が休暇をとる慣わしがあります。

ただビジネスという観点で考えてみると、日本企業に勤めている方で海外拠点等とやり取りする際、気をつけなければないないことがあります。それは海外拠点等が休暇となることで、物流や生産がストップしてしまうため、その影響を加味してスケジュールなどを組み必要です。

中国をはじめ、海外拠点等と取引を行っている企業やネットショップの運営者にとっては、春節を意識した事前準備が不可欠でしょう。

今回は、行事である春節の概要とビジネスへの影響を解説します。
2017年の動向予測も見ながら、自社の対策を考えるきっかけとしましょう。
  

春節とは

春節とは旧暦の正月のことで、中国を中心としたアジア地域では国民の祝日として扱われています。
2017年の場合は1月27日(金)から2月2日(木)までの7日間が春節により、連休となります。

日本国内では明治6年から太陰太陽暦から太陽暦(グレゴリオ暦)に切り替わり、現在ではあまり旧暦での行事を見かけることはありません。

ですが、太陽歴に切り替わった現在でも、旧暦の文化が根付いています。
年の切り替わりを祝う春節の他にも、国慶節や端午節のような季節ごとの行事があり、国民の祝日として制定されています。

この機会を利用して、中国では上海などの都市部で働く労働者が地方に帰省したり、各地で新年のイベントが行われたりと、人の移動も多く発生する賑やかな祝日です。
日の並びによって、年ごとに期間が異なるので注意しましょう。

この文化は、中国以外にも中華圏の影響を受ける台湾・韓国・北朝鮮・ベトナムなどのアジア諸国でも同様に祝日として定められており、諸外国のチャイナタウンでもお祝い事が行われます。

参考:
[中国春節(旧正月)2017|アラチャイナ]
(http://www.arachina.com/festivals/spring-festival/)
[春節で大移動28億人、旅客殺到への安全対策強化|産経ニュース]
(http://www.sankei.com/world/news/150204/wor1502040054-n1.html)
[江戸から明治の改暦|国立国会図書館]
(http://www.ndl.go.jp/koyomi/chapter1/s2.html)
  

ビジネスにはどんな影響があるの?

GDP世界第2位の経済大国である中国の大型連休ということで、春節はビジネス面に大きな影響をもたらします。

企業間取引(BtoB)としての視点と、企業と消費者の取引(BtoC)としての視点から見ていきましょう。
  

BtoB:中国の物流・生産ストップ

大型連休中はほとんどの企業が休暇をとり、それに伴い国内外の商品の運送が行われなくなります。国の機関も例外ではないので、輸出入において品物のチェックを行う税関業務もストップします。

そのためアパレルや電化製品のメーカーのような、中国と取引の多い企業にとっては輸出入が行えないこととなります。

また、それだけではなく工場での生産が停止したり、国際郵便も影響を受けたりと様々な面で業務が滞る可能性があることを意識しましょう。

悪影響が出るのを防ぐには、海運会社や物流会社などの関連業者と相談して事前に準備しておくことが必要です。
通常とは異なる運送体制を行っている企業も多いので、最新の情報をチェックするようにしましょう。

参考:
[JPSGLニュース/ 中国の正月“春節”のご案内|山九株式会社]
(http://webciss.sankyu.co.jp/portal/j/asp/newsitem.asp?nw_id=3700)
[中越瓦版第1号 2017年 中国連休スケジュールについて|中越運送株式会社]
(http://www.chuetsu-kokusai.com/blog/?p=3496)
[国务院办公厅关于2017年部分节假日安排的通知|中国国務院]
(http://www.gov.cn/zhengce/content/2016-12/01/content_5141603.htm)
[アジア諸国における旧正月期間中の国際郵便等のお取扱いについて(2016年)|日本郵便]
(http://www.post.japanpost.jp/int/information/2016/0204_01.html)
  

BtoC:訪日観光客の増大

春節に関して、日本国内の企業にとってプラスの要素もご紹介します。
中国ほかアジア諸国では大型連休となるため、休みを利用して旅行に行く人も少なく、日本国内にも多くの観光客が訪れます。

その中でも中国人は訪日観光客の28%を占め、観光ビジネスにとって大きな影響を与える存在と言えるでしょう。

中国交通運輸省によると、2017年1月13日~2月21日の「春運(正月を中心とした特別運輸体制)」での旅客取扱量は29億7800万人を見込んでおり、前年比2.2%の伸び率となっています。

日本国内を訪れる観光客が2012年以降順調に伸びている中、春節を利用した訪日観光客の与える経営効果は大きなものとなるでしょう。

参考:
[17年春運の旅客量、29億7800万人予測|SankeiBiz]
(http://www.sankeibiz.jp/macro/news/161213/mcb1612130500007-n1.htm)
[訪日外国人旅行客数は増加するのか~「2020年に4,000万人」達成に高い壁、新たなインバウンド拡大策が必要|ニッセイ基礎研究所]
(http://www.nli-research.co.jp/report/detail/id=53142?site=nli)
[JTB、2017年の旅行動向見通しの調査結果を発表|日本経済新聞]
(http://www.nikkei.com/article/DGXLRSP431814_Q6A221C1000000/)
  

まとめ

中国をはじめとするアジア地域では、日本国内と同様に年間行事が存在します。
その中でも、特に長期間の連休となる春節は中国を中心としたアジア地域の企業と取引を行う場合、必ず押さえておくべき行事と言えるでしょう。

・輸出入の受け入れの停止
・中国国内での物流の変動
・訪日中国人観光客の増大

春節期間中には、上記のような影響がもたらされます。
中国国務院の発表によると2017年は7日間の休暇となり、その間、港や空港での税関業務は停止状態となります。

また、春節に合わせて海運会社や物流関連企業は特別な体制を引くことがあります。

休暇の日程を意識するだけでなく、中国国内企業の営業状況や物流企業の稼働状況を確認しながら余裕を持った仕入れ・出荷を心がけましょう。