まとめ

データを圧縮には、解凍によってデータを元通りにできる「可逆圧縮」と、画質や音質が劣るなどデータを完全な状態には戻せない「不可逆圧縮」があります。

完全な状態のデータを渡したいのか、少しの変更があってもいいのか、状況や相手に合わせて使い分けるようにしましょう。
また、圧縮する際には複数のファイル形式から選びます。データを渡したい相手が、そのファイル形式に対応できる環境にあるのかを意識するようにしましょう。

フリーソフトを利用することで、より早く、より大きな圧縮を行うことが可能です。
今回、ご紹介したような圧縮・解凍ソフトを活用しながら、素早く齟齬のないデータ共有を行えるようにしましょう。