実際にオリジナルのフォントを作ってみよう

では、実際にオリジナルのフォントを作成してみましょう。
先ほど紹介したFontstructを利用します。

1.会員登録を行う

会員登録.png
http://fontstruct.com/register/

トップページより会員登録を行います。氏名・メールアドレス・パスワードを入力してサインアップを行うと入力したメールアドレスに仮登録の案内と届きます。
メールアドレス記載のURLへ移動すれば、登録完了です。

2.フォントの新規作成ページを開く

Create_Fontstruction___FontStruct.png

上部にあるタブ「MyFontstruct」から「New FontStruction」という選んで、フォントの新規作成ページを開きます。

3.文字のデザインを作成する

Kuri_Font___FontStruct.png

左側の図形から選んで、マス目を埋めるように文字を描写していきます。

4.作成したフォントのデータをダウンロードする

kurifont2___FontStruct.png

作ったフォントをダウンロードします。
ダウンロード時点ですでにTrue Typeフォントのファイル形式になっています。

5.ダウンロードしたフォントをパソコンにインストールする

スクリーンショット_2017-02-21_14.55.21.png

ダウンロードしたファイルをクリックしてインストールします。
あとは通常の文字フォントと同じように利用できます。

スクリーンショット_2017-02-21_14.58.06.png

このように「kuriki font」という文字をオリジナルのフォントで表示できました。

イメージに合うオリジナルフォントを作成しよう

フォントは基本的に以下の3つの手順で作成します。

(1)1文字ずつデザインを作成する
(2)OpenTypeフォントまたはTrueTypeフォントのファイルを作成する
(3)パソコンにインストールする

フォント作成ソフトを使えば、デザインを作成してからファイルを作成するまで1つのソフトで完了できるので手間をかけることなくフォントを作ることができます。また、オリジナルのフォントを使ってヘッダーなどの画像を作成するだけでなく、Webフォント化すればCSS3を利用してテキストとして埋め込むこともできるでしょう。

オリジナルのフォントを作れば、自分の想像しているイメージにより近づけたデザインに仕上げることができます。今回紹介したような方法を利用して、実際に自分オリジナルのフォントを作ってみましょう。