昨今、Webマーケティング業界でよく聞かれるようになった言葉「インフルエンサー」。

ただ、なんとなくの言葉のニュアンスはわかるものの、マーケティングにおいてどのように活用できるのか、なぜ重要なのかを理解している方は少ないのではないでしょうか?

今回はソーシャルメディアマーケティングにおける、インフルエンサーを活用したアプローチ方法をご紹介します。

インフルエンサーとは:影響力のある人

「インフルエンサー」とは英語のInfluence、影響させるという言葉が語源となっています。「他者に影響を与える力のある人」という意味合いです。
単純に有名人、著名人という意味で言えば、タレントやアーティストだけでなく政治家などもインフルエンサーと括ることができます。
世間一般に知名度のある人物は、当然のながら影響力を持っている人と言えます。

しかし、ソーシャルメディアの発展により個人からの発信が容易になり、かなりの影響力を持つようになりました。
いまや個人で活動しているYouTuberやブロガーなどでも、タレントに負けず劣らないフォロワー数を獲得しています。
ソーシャルメディアマーケティングにおけるインフルエンサーとは、単に有名人というわけでなく、「ソーシャルメディア上での影響力ある人」と理解しましょう。

インフルエンサーによる発言は、「影響力のある口コミ」としてマーケティングの領域において非常に注目されているのです。

インフルエンサーの活用は適切な人物の選定が必要

もし自身の会社の製品を広めてもらうためにインフルエンサーを活用する場合、誰にアプローチをすればいいのでしょうか?
テレビでも活躍している女子高生に大人気のモデルなどは確かに知名度が高く影響力があります。
しかし、もしBtoB向けのソリューション開発を提供しているのであれば、そのようなモデルを活用して女子高生に認知拡大しても効果はほぼ得られないでしょう。
インフルエンサーをマーケティングで活用するには、自社の製品、プロダクトに親和性のある人物を選ばなければ意味がありません。

IT系であれば有名なエンジニア、理容系であればカリスマ美容師など、自社のビジネス領域において影響力のある人を探し出す必要があります。
また、従来のタレント起用の広告などと違い、必ずしも芸能人のような知名度が必要というわけではありません。

フォロワー数が何10万人といるわけではないものの、特定の領域で強い影響力を持つ方もいます。

もしあなたの会社がゴルフクラブのメーカーであれば、世間的に知名度がなくとも、プロ選手にオススメしてもらえば会社の売上に大きな影響を与えるでしょう。
自社の事業領域に適した人物を探し特定することが、インフルエンサーを活用したマーケティングの第一歩となります。

インフルエンサーはどう探せばいいのか?

では、自社に適したインフルエンサーを探し出すのにはどうしたらいいでしょうか?
手早くフォロワーが多いアカウントを見つけるサービスをいくつかご紹介します。

1.Followerwonk

Snip20170225_1.png
https://moz.com/followerwonk/bio

Twitterプロフィールの文言などを元に適切なアカウントを検索してくれるツールです。自社の製品やサービスに関連するキーワードで検索することで、関連性の高いアカウントを検索し、フォロワー数の多い順に表示してくれます。

参考:
Twitterフォロワーのアクティブな時間帯や属性がわかる「followerwonk」を使ってみよう

2.BirdSong Analysis

Snip20170226_2.png
http://www.birdsonganalytics.com/

こちらのサービスもキーワードを元にアカウントを検索できます。
TwitterだけでなくFacebookやInstagramなどのソーシャルメディアにも対応しています。また、BirdSong Analysisはお金を出せば他人のアカウントのアナリティクスデータを取得することができます。

もし適切なインフルエンサーと思われるアカウントがあれば、アナリティクスレポートを取得してみましょう。

こちらのレポートでは、そのアカウントとフォロワーがいつアクティブに投稿しているか、そのアカウントのフォロワーの男女比などがわかります。さらにそのインフルエンサーをフォローしているアカウントを更にフォローしている人数のボリュームがわかります。このボリュームが多ければ、リツイートされた際により拡散する可能性があります。

また、インフルエンサーを探す上で、「ソーシャルリスニング」が有効です。
もしあなたがソーシャルリスニングを日々利用している場合、あなたのブランドについて発言をしているアカウントの投稿を集めているでしょう。
その中で特に多く発言しているユーザーや、フォロワー数の多いユーザーを見つけ出すのは難しくありません。

参考:
ソーシャルリスニングとは?顧客のリアルな声を分析する方法を理解しよう|ferret

インフルエンサーの活用方法

インフルエンサーを活用したマーケティング施策は、アイデア次第でさまざまな方法があります。

単純に自社に親和性の高いインフルエンサーをフォローしてフォローバックしてもらうだけでも、情報を拡散してくる可能性があります。
インフルエンサーの個性や興味を理解することで、RTされやすい内容を検討することができます。
また、インフルエンサーを自社のイベントに招待してみてもいいでしょう。

インフルエンサーマーケティングと聞くと多くの方がイメージされるのが、自社の製品をソーシャルメディアでオススメしてもらうという施策ではないでしょうか。
実際にインフルエンサーに自社の製品やサービスを体験してもらい、その様子などをソーシャルメディア上に投稿してもらうことで人に拡散を狙います。

インフルエンサーを起用する場合は「信頼感」を損なわないように注意

インフルエンサーに投稿をお願いする際に注意しなくてはいけないのは、PR表記です。
企業がインフルエンサーにお金を払って投稿してもらった場合、それは広告の一つとみなされます。
インフルエンサーが日常のつぶやきと同じようなテイストで製品をオススメしていても、それが広告だとわかるようにしなくてはなりません。

対価をもらって投稿しているのにPRの表記がない投稿は、ステルスマーケティング(ステマ)と捉えられてしまいます。

消費者を欺いているなどの批判が集まるとすぐに炎上してしまう危険性があり、むしろ評判や信用を落とすことに繋がりかねません。
また、近年ではステルスマーケティングの事例が明るみになることが多くなり、一般の消費者でも敏感にかなり判断できるようになっています。

ソーシャルメディアは、個人が編集が入らず自らの意見や考えを発信できる場とされています。

そのため、お金が絡んで編集された発言とみなされると不信感を持つ人も少なからず存在します。
ソーシャルメディアだからこそ、意見がダイレクトに伝わる効果がありますが、同時に信頼感に関わる部分は細心の注意を払わなくてはいけません。

まとめ

インフルエンサーの起用において重要なのは、企業とインフルエンサー相互のシナジーです。
あなたの会社の製品を良いと思っていないのに、お金をもらっているからと無理やり褒めたとしても、消費者は何となく胡散臭いと思ってしまうでしょう。

大切なのは、「インフルエンサー自身が良いと思うようなプロダクトを出すこと」です。
さらに言えば、インフルエンサーのフォロワー(本当に狙いたいターゲットユーザー)が良いと思うかどうかを考える必要があります。

そのためにはまず自社製品と親和性の高いインフルエンサーを選定しなければいけません。
自社の製品にリスペクトを持ってオススメしてもらうことで、初めてその真価を発揮できるのです。