まとめ

大規模なJavaScript開発を行うときには、モジュールシステムを使って開発したほうがミスも少なくなり、開発スピードも上がります。
Webpackを使うことで、JavaScriptのモジュールを簡単に一本化することができるだけでなく、他のアセットファイルまでもまとめてくれるという他にはない機能を提供してくれます。
他にも、「ローダー」と呼ばれるプラグインをインストールすることで、様々なメタ言語のコンパイルやコードの圧縮など、面倒なことを取り除いてくれたり便利な機能を扱ったりすることができます。

npmさえインストールしていれば導入はとても簡単です。
JavaScriptを扱うことがあるなら、ぜひ一度は使ってみてください。

参考:
知っておいて損はなし!新人Webデザイナーのための「npm」入門