GitHubは、バージョン管理システム「Git」の仕組みを使って、世界中のプログラマーが自分の作品を保存、公開することを可能にしたサービスです。
オープンソースでの開発にはなくてはならないものであり、GitHubがなければ開発が進まないと考えている人もいるほどです。

数年前からは「GitHub Desktop」というデスクトップ用のアプリケーションも提供されており、様々なサービスがより簡単に扱えるようになりました。

今回は、バージョン1.0として正式にリリースされた「GitHub Desktop」の使い方を解説します。

(追記:2020年5月12日(米国現地時間)に最新版 GitHub Desktop2.5がリリースされました。)

GitHub Desktopを提供する、GitHubとは?


スクリーンショット:2017年5月

まずは、GitHubとは何かをおさらいしておきましょう。

GitHubとは、オープンソースソフトウェアのホスティングサービスです。
バージョン管理をしたり、バグの追跡をしたり、Wikiを使ったドキュメントシステムを使ったり、またSNSのような機能を備えています。

その豊富な機能ゆえに、開発者にとってはなくてはならないものになっています。
また、実際の開発現場でも、GitHubを使ってバージョン管理を行なっている企業も多くあります。

GitHub Desktopとは?

a.png
写真引用:https://github.blog/jp/2020-05-19-create-and-push-tags-in-the-latest-github-desktop-2-5-release/

GitHub Desktopは、GitHubが提供しているデスクトップ用のアプリケーションで、GitHubを利用した開発を簡単にするためのプログラムです。

以前は簡単なことしかできませんでしたが、ベータ版の開発を経て、正式リリース版ではさまざまな機能を利用することができるようになりました。最新版では、タグの作成とPush機能も追加されています。

GitHub Desktopを使う3つのメリット

GitHubを使うのはインターネットブラウザ経由でも行うことができますが、それでも初心者の方には敷居が高いと感じてしまうようです。
ここでは、GitHub Desktopを使う場合に享受できる3つのメリットを確認してみましょう。

1. 好きなエディターで編集できる


スクリーンショット:2017年9月

DropboxのWeb版とデスクトップ版を想像していただくと分かりやすいと思いますが、GitHubのデスクトップ版もパソコン環境と統合されるので、お気に入りのソフトウェアを使って編集することができます。

GitHubの場合はプログラム(コード)の編集が大半を占めるでしょうが、Sublime TextやAtomのようなオープンソースのソフトウェア、あるいはターミナルのように自由に使いたいソフトウェアを選べます。
もちろん画像の場合も、PhotoshopやAffinity Designer、Gimpのように普段使っているエディターで編集することができます。

Web版ではブラウザ越しのやりとりではありますが、デスクトップ版を使うことで、より直感的にファイル操作を行うことが可能になるのです。

2. クローンやフォークが早い


スクリーンショット:2017年9月

クローンやフォークといったGitHub特有の操作も、GitHubデスクトップではボタンを押すだけなので、あっという間に行うことができます。

3. 画像の差分を表示できる


スクリーンショット:2017年9月

新しいGitHub Desktopで実装された機能として、「画像の差分」の表示機能を利用できるようになりました。

差分とは通常、バージョン管理において、2つのコードの違いのことを指します。
GitHubでは、コードの差分を簡単に表示できる機能がありましたが、画像の差分機能は実装されていませんでした。

画像の差分と言えば画像用のバージョン管理システムとしてAbstractが有名ですが、今回のGitHub Desktopの正式リリースで画像の差分チェック機能が使えるようになったのです。