コロナ禍に突入してから2年が経過し、新規顧客獲得に苦戦を強いられる企業も多いです。特に店舗ビジネスでは集客が落ち込み、閉店や撤退が相次いでいます。

そのような状況だからこそ、Webサイトからの集客状況を正確に把握し、より効率的な集客を実現する必要があります。その中でもWeb経由の電話問合せは重要な集客経路の一つです。

エステサロンや学習塾などの店舗ビジネスでは、電話問合せからの集客数を増やすためには、取りこぼしを防いだり、広告施策を最適化したりする必要があります。

この記事では、応対できなかったコールの63%をフォローアップし成果に結びつけた事例や、電話問合せの最大化に役立つ計測ツールについて紹介します。

電話問合せを集客に繋げたいマーケティング担当者の方はぜひ参考にしてください。

目次

  1. 自社サイトで電話問合せを獲得する重要性とは
  2. 店舗集客における電話問合せのよくある課題
  3. 電話問合せの機会損失を防ぐなら「コールトラッカー」
  4. コールトラッカーの活用事例
  5. コールトラッカーで電話経由の集客数を最大化しよう

この記事を動画で見る(3分)

自社サイトで電話問合せを獲得する重要性とは

各業界の大手メディアや口コミサイトに登録するだけでなく、自社サイトでも情報発信をすると、電話問合せの間口を広げることが可能です。そのため、最近では自社でオウンドメディアを運営したり、コンテンツマーケティングに取り組んだりする企業が増えてきています。

このような状況で競争力を高めるためには、自社サイトから電話問合せを獲得するための施策が重要です。

店舗集客における電話問合せのよくある課題

電話問合せからの集客数を最大化したい場合、いくつかの解決すべき課題があります。特によくある課題は次の2つです。

電話を取りこぼしてしまう

電話を取りこぼしてしまう.jpg

営業時間外や店舗での接客中、別件の通話中などに電話がかかってくると、取りこぼしてしまう場合があります。コールトラッカーの統計では、実店舗での対応割合を見ると3回に一度が何らかの理由で対応できていないということがわかっています。

電話がかかってきた時にすぐに対応できず、その後も放置してしまうと集客に繋がりません。機会損失を防防ぎ、広告効果を高めるためには電話の取りこぼしをフォローする対策をセットで考える必要があります。

クリック計測と実際の電話反響数が一致しない

アクセス解析ツールなどを使って電話ボタンがクリックされた回数を計測しているものの、実際に店舗にかかってきている電話反響数と一致しないケースがあります。

クリック計測と実際の電話反響数が一致しない理由は、電話番号のリンクがクリックされた時に必ずしも架電に至るとは限らないからです。

集客施策を最適化するためには、Webサイト経由の電話反響数を正確に把握する必要があります。

電話問合せの機会損失を防ぐなら「コールトラッカー」

電話問合せの機会損失を防ぐなら「コールトラッカー」.jpg

Web経由の電話問合せでよくある課題を解決し、集客効果を高めるためには、電話反響測定ツールの「コールトラッカー」がおすすめです。コールトラッカーは1,000社以上の企業に導入され、300万番号以上もの提供を行っています。

それだけ大きなトラフィックにも耐えられる安定したシステムで運用が行われているという裏付けでもあります。

コールトラッカーの主な機能は、電話転送の仕組みによる電話反響数の測定です。ツールで発行した測定用電話番号に架電があると、任意の電話番号へ転送できます。測定用電話番号への架電数は、コールトラッカーのログや入電時の音声ガイダンスをもとに確認が可能です。

また、電話反響数の測定だけでなく、機会損失削減のためのオプション機能も利用できます。コールトラッカーによって広告効果を改善する方法は、大きく分けて次の2つです。

  • 電話の効果可視化に基づく施策の最適化

Webサイトページ広告ごとに異なる測定用電話番号を割り当てると、電話の効果を可視化できます。測定データに基づき施策を最適化すると、結果的に広告効果の改善が可能です。

  • 機会損失削減機能による取りこぼしの防止

コールトラッカーには電話発生の通知や音声ガイダンスの再生、SMS送信など、機会損失を削減するための機能が複数あります。これらの機能を併用することで、取りこぼしによるロスを減らし、電話反響効果の最大化が可能です。

ここでは、上記のようなメリットが得られるコールトラッカーの機能について、より詳しく紹介します。

24時間365日いつでも電話反響を測定できる

コールトラッカーを導入すると、営業時間外や通話中にかかってきた電話なども含め、いつでも電話反響数の測定が可能です。また、アクセス解析ツールなどによるクリック数測定と比べて、より正確な電話反響数が確認できます。

出られなかった電話に折り返してフォローが可能

通知アクション.jpg

電話反響を集客に繋げるためには、出られなかった電話に対するフォローが重要です。

コールトラッカーでは、電話発生時にメールやSMSでリアルタイムに通知を受信できます。通知情報にはユーザーの電話番号も含まれるため、折り返しなどのフォローが可能です。

SMSでWeb申し込みにも誘導できる

SMSでWeb申し込みにも誘導.jpg

コールトラッカーのオプション機能では、電話に出られない場合のユーザーに対するアクションを柔軟に設定できます。

例えば、営業時間外や電話窓口の混雑時に架電したユーザーに対して、SMSでWebサイトの利用を促すことが可能です。また、ユーザーに音声ガイダンスを流したり、未接続時に別番号へ転送したりすることもできます。

通話ログのテキスト化や分析も可能

コールトラッカーでは、通話時に録音した音声データのテキストや、テキスト内容の解析による成果の自動判定なども可能です。

通話ログのテキストには、チャットのやり取りのような形式で2者間の会話内容が記録されます。録音データを聞き直さなくても通話内容を確認できるため、電話対応業務の効率化が可能です。

コールトラッカーの活用事例

コールトラッカーの機能は、コンバージョン数のアップや広告CPAの把握などに活用できます。コールトラッカーの具体的な活用事例は次の通りです。

コンバージョン数を約63%アップ

コンバージョン数を約63%アップ.jpg

コールトラッカーを導入したある企業では、機会損失削減機能を活用することで、これまで取りこぼしていた電話経由の問合せのうちコンバージョン数を約63%アップさせました。

電話の取りこぼしが発生した時に通知を受信し、できるだけ早く折り返しのフォローを行ったことが、コンバージョン数が高まった要因です。

オプション機能による通知方法は、メールやSMS、FAXなど柔軟にカスタマイズできます。

Web広告の正確なCPAを把握

Web広告の正確なCPAを把握.jpg

電話反響が不明な状態でWeb広告を運用していた企業では、Webからの反響数のみに基づきCPAを算出していました。コールトラッカーの導入で電話からの反響数が分かり、より正確なCPAが把握できています。

また、広告施策ごとの電話反響数が分かると、費用対効果の高い施策に予算を集中させることが可能です。正確なCPAの把握により、広告効果を高められる可能性があります。

発信者のプッシュ操作で電話対応を効率化

コールトラッカーのオプション機能では、電話をかけてきたユーザーに対して音声ガイダンスでプッシュ操作を促し、転送先を変えるなどのカスタマイズも可能です。問合せ内容に応じて適切な電話番号に転送することで、電話対応業務を効率化できます。

コールトラッカーで電話経由の集客数を最大化しよう

電話からの予約や問合せを受け付けているビジネスでは、電話反響数を正確に把握することが重要です。

正しい電話反響数を知り、マーケティング施策を最適化することが、集客効果のアップに繋がります。また、取りこぼしによる機会損失を減らすことも、集客数を最大化するポイントです。

コールトラッカーなら、電話反響数の測定だけでなく、オプション機能による機会損失の削減もできます。さらにMAツールや広告管理システムとの連携柔軟なカスタマイズなど、今回紹介した以外にも豊富な機能が利用可能です。

コールトラッカーには無料で試せるプランもあるため、電話経由の集客数を最大化したい方は、ぜひ詳細をご確認ください。